2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

きみキャラ濃くない?と毎日思ってる。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5



私のところによく来る質問として「療育先を選ぶ上で何を見たら良い?」というもの。

お子さんの状態などを詳しく聞かせてもらえれば、「あなたのお子さんだったら、こういう活動に力を入れているところが良いよ」等お伝えできますが、 基本的には複数ある中でどれにしようとなった時には記事にあるように質問をしてみると良いです。

で、答えられないor的を得た答えが出てこない場合は
お子さんのタイプが得意でない事業所だと思います。
(例:グレーゾーンの子ばかりの事業所だと重度知的や肢体不自由の子の悩みに疎い・・・みたいな感じ) 



また、答えられたとしても
事業所によって回答が違うと思うので
複数ある回答の中で一番しっくりきた所、一番丁寧にわかりやすく話してくれた所が良いと思います。

 

正直、新人スタッフは親の悩みに答えられないことも多いのですが
見学の案内をするような人は
児童発達支援管理責任者か施設長、もしくはそれなりの年数いる職員だと思うので
そのひとの答えがそこの看板だと思って良いです。

たまにその人だけ変で、他はまともで良いスタッフみたいなこともありますが
そんな変な答えをする人を案内人にしている時点で
NOが言えない事業所、不適切な支援にNOが言えないひとの集まりなので
そこもやめた方がいい。 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


まあ「これを許すなら私はやめる」としたいのですが
児童発達支援管理責任者に辞められるのは困るだろうけど
そのスタッフのことは守ると思うんですよね。

でもそしたら最終的に
まともなスタッフはみんな辞めていき
クソみたいなスタッフばかりの集まりになって
子供が気の毒・・・みたいになるのも危惧している。

何の話かよくわからないと思いますがすみません。

まあ私もそんなにできたスタッフではないのですが
親子が安心して通える場所、成長の支え、気持ちの支えになる場所にしたいという想いで
毎日毎日やってる訳ですよ。

だから一部の変なスタッフのために
私含め他のスタッフの気持ちに泥を塗られたら、たまったものじゃない。



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

8

7

77

イラスト9

誤解を生む表現をしましたことを深くお詫び申し上げます。
また、一連の流れややり取りを見ていて、嫌だなと感じた方も申し訳ありません。
あと旦那ちゃんがこんなんですみません。(この人は多分ずっとこんな感じです)


まあ全部閉鎖してしまおうかとも思ったのですが
今この機を逃したら「障害児ペンション」への波が途切れる為
続けさせてもらうことにしました。

他の誰かが作るかもしれないけど(ていうか既に数カ所はあるけど)
私にしかこだわれないポイントはあると信じていますし

この万単位の人が見にくる場所が
皆様からの意見が一番届き
親子の為のペンションが近いと感じております。

なので続けます。




でも私は基本的に賛否両論の記事しか書けないと思います。
そこはすみません。

1

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


イラスト9



第一話「思ってたのと全然違う!?〜ダウン症〜」
第二話「教科書はただの紙!?〜自閉症〜」
第三話「この子障害児なの?〜IQ120の自閉症〜」
第四話「君は忍者か!?〜ADHD〜」
第五話「あなたが唾を吐く理由〜問題行動〜」
第六話「親も支援するの!?〜保護者〜」
第七話「天使の笑顔は眠らない〜アンジェルマン症候群〜」
第八話「冷蔵庫に鍵?〜プラダーウィリー症候群〜」
第九話「お互いの壁〜療育現場と幼稚園〜」
第十話「他の子は平気だったのに〜指導が心を傷つける〜」
第十一話「それでも僕は〜本当の支援とは〜」


みたいな感じで放送して欲しいのですが
いかがでしょうか?
絶対視聴率取れるだろと確信しております。



今まで知的障害ありの自閉症の育児話は
結構あったと思うのです。
代表的なものでいうと「光とともに」など。

もちろんそれも自閉症の認知度を大きく引き上げた作品なのですが
支援者目線で描くことで
色々な障害の子が登場できるし
現場の気持ちや支援の難しさも
知ってもらえるんじゃないかなーと思います。 



なんというか教科書通りの対応してもうまくいかないことのが多い世界で
その中でも信頼関係を作りながら日々奮闘するしかないし
保護者も色々な方がいて、色々な気持ちを抱えているので
そういった背景をとらえずに一方的なアドバイスをして傷つけることなど

そういったことを世間に知って欲しいですね。
 

そして1期がヒットしたら
舞台は放課後等デイサービスにいき
学齢期の問題を扱う。。。みたいな。


そういうの!!!!誰か作って欲しい!!!!!
原作やるから!!!!! 

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


毛穴王・テカリ王の私です。
なので実は前から気になっておりまして、買うか買わないか迷っていました。
そこへ案件を頂いたので「よっしゃー憧れのDUO様だぜぇぇ!」となりました。


使用した感想は

「毛穴が今までの半分くらいの大きさになった感じ」
「脂や汚れが綺麗に落ちるので、鼻を不意につままれても大丈夫なくらい」
 「引き締まる感じはするが、つっぱり感はない。」
 
という感じでした。



旦那ちゃんは何故か肌のトーンがワントーン上がり
めっちゃ笑いました。

なので男性が買うのもありなんじゃないかな。


1655126291335
今なら初月半額1980円!(税込)
気になった方は
↑DUOのサイトに飛びます↑

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト5

イラスト6

   

これを機に追い出したいのかな?と思うくらいに
「他に息子ちゃんは何か言ってないですか?」と聞いて来られました。

なので息子ちゃんの発言は全て伝えました。(虚言もあると思うけど)

と言うか元々は担任の先生が「息子ちゃん、〇〇先生とはトイレ嫌がるんです。」と言ってきて
それを元に名前を把握していました。
絶対その先生の事嫌いだろ。


まあここで「良い先生なんですよ!誤解です!」と言うスタンスで来られても
じゃあなんでそんなに嫌がってんだよとなるので
正直に色々教えてくださってよかったです。



ちなみに息子ちゃんは担任の先生は大好きで(去年の持ち上がり)
好きすぎて家でずっと真似をしています。

若いのにしっかりしていて、保育園内で息子ちゃんを唯一動かせる先生です。

イラスト

イラスト2

イラスト5

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10


福祉や保育、教育の場で
「それやりすぎじゃない?」「そこまでする?」
と周りの職員に思った事って
誰もが経験あると思うんです。
 
明確な殴る・蹴る・暴言を吐くの虐待だったら即アウトですが
支援といえば支援、教育といえば教育だけど
「ちょっと強すぎない?」はすごく難しいライン。


でも子供ってその支援が命取りになって
簡単に不登校、引きこもりになってしまうんです。

怖いですよね、自分の支援・教育一つが
簡単に子供の未来や生活を奪ってしまうことが。





いくら「子供の為だった」と言っても
それが良かったか悪かったかをジャッジをするのは
職員ではなくて子供自身なんです。どんなに障害が重くても。

 


子育てにも言えますよね。
「子供の為」 と過剰なしつけ、教育をしてしまい
大人になってから「全然幸せじゃなかった!」と言われてしまうケース。
それに近いのかもしれません。

私も子育て全然自信ないので
大人になってから「マジで嫌だった」と言われる覚悟で生きています(汗)
 
でもまあ息子の人生は息子のものなので
自分で好きな道を決めながら生きて欲しいですね。



最近の息子ちゃんは私が昔使ってたキーボードで作曲みたいなことをしていますが
曲のタイトルは「引っ越してくださいの自転車の歌」と申しており
マジで独特だな・・・と感心しました。

多分駐輪場の違法駐車の自転車のことだと思いますが
それを曲にする3歳ってめっちゃ面白くないですか?
 

今まで名前があるような無いような感じでしたが、今後のHNは「ゆり子」に統一しようかと思います。

よろしくお願い致します!

イラスト

イラスト2

イラスト3


イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

近頃「勉強したい!でも何を勉強すれば良いのかわからない」という声をよく聞きます。
世の中には腐るほど発達支援の本は出ていますし、どの本が良いのか分かりませんよね。

まずは正常な発達のプロセスを知ってください。
すると、自分が向かい合っている子がどの段階で躓いているのか見えてきます。
対象の子供の分析をよ〜くよ〜くしてみてください。
発達支援の基本は子供の評価を正しく行うことからです。

そして対象の子供の発達状態と正常な発達プロセスを見比べて
何故そこで止まっているのかを考えてみてください。

どこが弱いのか、どこのフォローが足りないのか・・・
環境や特性に邪魔されているなら、その原因を取り除いてみてください。

その上で、本人の障害特性にも考慮しながら
どのようなことをすれば、その力が育つのか考えてみてください。




自閉症には「絵カード」「スケジュール」と色々ありますが
絵と実物が結びつく認識力がない子に絵カードをやっても無意味ですし
スケジュールの工程が理解できない子にスケジュールをやったところで見通しは立ちません。

この障害にはこれ!と言う訳ではなく
本人の発達と照らし合わせた上で
障害特性に有効な手段を考えてあげることが良いですね。
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



旦那ちゃんから「あなたは一回NPOや社会福祉法人でなく、株式会社にも行った方がいい」と言われている私です。

あの全国展開している最大大手の児童発達支援の企業とか気になっていますけどね。
グーグルでトップに出てくる・・・。



それはさておき
福祉や保育、教育の世界って
なんかやばい人がずっと残っている現象ありますよね。

そしてずっといるから何となく地位も上になってて
でも現代に合わせてアップデートされないまま仕事しているから
周りがやりにくくて仕方ないとか、苦言は来ているけど
なんか皆言いにくくてスルーしているとか

そういうしょうもない現象が多々起きている訳です。



私も仕事ができる訳ではないし
支援も知識もまだまだなので
「やばい、まだよく分かっていないジャンルの障害とかある」と
焦って勉強している最中です。



だってもう年齢的(三十代)に
「教えてもらってないから分かりません」
とか言えないし。
 
そう考えると二十代のうちに色々聞いときゃ良かったですね。

でも自分の知識・技術のなさって
やればやるほど分かってくるものだから
自分で勉強して行ったり
その道のすごい人に聞くしかないんですよね。
 
本当にペーペーだなと反省する日々です。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

いや絶対にお互いがお互いの現場に入って
2〜3日体験してみたら
凄い良い支援ができると思うよ。
(訪問でチラ見してあれこれ言うだけでなく、その現場に職員として入ってみると全然違う)



そういうのもやった事あって
加配として入ったりもしたけど

「あ〜集団生活しんど〜い!!!!なんで皆(他の先生)こんな地雷を踏み抜くんだ〜!!!」
「療育だったら活動の流れで動かせるのに〜!!全然動かね〜!!!!」
「 ていうか療育だったら他の先生がめっちゃ良いタイミングで協力してくれるのに〜!!!!」

と頭を抱えまくり
集団生活の加配保育士さんってマジで大変だなという感想に行き着きました。
(加配でなくてもフリーの先生も似たような悩みは抱えているかも知れない。)



そして療育ってめっちゃ環境整ってるんだな、ありがてえなと思いました。



でもさ、環境整えるのって別に定型の子にとっても悪い事ではないし
わかりやすい活動、指示も良いと思うんですよ。
定型の子でも「あ、全然話聞いてない」「絶対よく分かってないままやってるだろ」という子はたくさんいたので、 全ての子において療育的環境はプラスじゃないかな?
 
だから、そういう意味で療育の勉強をすると
多分クラス運営が楽になると思うんですよね。

時間がないんです!!!とお叱りを受けそうですが
まあ理想論として適当に聞き流してください。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


子供が動く・動かないは信頼関係が前提となりますが
スキルの1つとして
子供に指示が入りやすい「声」
子供が動く「促し方」「タイミング」が感覚的に分かっていると
はじめましての子供でもある程度は動かす事ができます。
 
あとは見えない圧力ですね。
迷いのない明るい声の中に「絶対にやらせる」と言う覚悟?
そんな感じのものを混ぜ込みます。 

まあでも漫画にもあるように
一斉指示のような子供に通る声は「集合住宅ではうるさい」。
要注意ですね! 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

生活リズムの改善で
根本的な情緒状態を底上げし
良い覚醒状態で園に送り出すこと。

これをやることで日中の過ごしが改善され(変化はまだ微々たるものだと思いますが)
夜の眠りの質が良くなります。
 
グレーゾーンや軽度の子、定型発達の子の方が変化は早いかもしれませんね。 

私が普段相談を受けたとき「生活リズム!」と口うるさく言うのは
これくらいの変化が生じるからです。

まあ続けるのは大人の覚悟がいるのですが(去年も結構変化は生じましたが、天気の悪さや体調の問題で中断してからズルズルやってませんでした)
やっぱりやると違いますね。

環境適応や切り替え自体が変わります。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

やっと決まったー!

療育先決定の決め手は
「息子がその場に馴染んで先生と楽しく遊べること」でした。



療育のことをしっかり分かっていて
発達支援に関する知識や技術がきちんとあるのか、という点では
「うーん・・・ちょっと微妙かなー」というところもあったのですが

多分どこの事業所に行っても私たち夫婦は気になるポイントが出て来るし
事業所によって思想も違うので(宗教が違う様なもの)
息子ちゃんの反応で決めようとは思っていました。



あと息子ちゃんの支援自体が
正直そこまでの専門性を要するものでないので(多分)
なんか似たような友達と楽しく活動して、所々で座って集中する場面があったらいいかな位に
思っています。
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


「いやいや!そうは言っても空きが1日しかないから、仕方なく違う事業所になっているんだよ・・・」という方も勿論いると思います。
そこはやはり仕方ないですし、2箇所くらいなら良いんじゃないかなと思いますが、3〜5箇所になってくる様なら、療育にいく日数を減らすか、同じ事業所の日数を増やす方をお勧めします。

子供の疲れって、意外と親はわかり難いのですよ。(私もそうです)
子供の疲れは、癇癪が増えたり、こだわりが強まったり、情緒の波がふわふわしてたりと、そう行った所に出てくるのですが、それを見て「もっと療育が必要だ!」とあちこち増やすと余計に疲れますよね。



情報が入りすぎてパンクする子
場所の切り替えが苦手で「通う」事自体にエネルギーがいる子 
様々なタイプのお子さんがいると思いますが

常にスケジュールの見直しは必要かなと思います。
 


まあご家庭の事情や方針、お子さんのキャパや性格にもよるので
一概にこれが良いとは言えませんし
否定する訳ではないのですが
大人が思うより子供って大変。(私も気をつけたい) 

このページのトップヘ