2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

きみキャラ濃くない?と毎日思ってる。

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


1つの事象に対して
実は色々な面から見ると何が正しくて誰が悪いのか分からないことってありますよね。

療育目線と親目線だけで読むと「療育って皆理解があって最高!保育園はくそ!」となってしまうし
保育園だけの目線で語ると「親が分かってなさすぎ。子供や先生が可哀想。」となってしまう。
なので全部描きました。

軽度の子やグレーの子の生きにくさって
色々な立場・環境にいる皆で分かち合って協力しあっていかないと無くならんと思うし
やはり各々の立場で見えているものや感じているものは違うので
「これを読んだら親御さん達はしんどいだろうな」 
「こんな表現したら保育士からマジで怒られそうだな」
と色々懸念はありましたが描きました。
 
次回は療育現場に話が戻ります。

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3 19.29.42

イラスト4 19.29.42


イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

続く


これは何が起こっているかと言いますと
グレーの子が何人もいるクラスをまとめるには
この担任の先生でないと
まとまらないのに

彼を動かせるのもやはりこの先生しかおらず

フリーで入ってくれる先生はいるけど
結局全部一人で何とかしないとならない状況な訳です。
 
で、本来は彼と関係性を築いて彼を動かせる先生がいれば良いんですが
皆疲れてしまってその前にくじけてしまう訳です。

彼の対応に疲れるのも大きな原因ですが
自分なりに頑張りたい気持ちもあるのに「甘やかすからだ」と言われてしまうし
現に自分は動かせないから言い返すこともできないしで
担任からのプレッシャーも嫌になってしまうんですね。

なので結果的に人事の入れ替わりが多くなり
ますますクラスも園も落ち着かない状況が続き
何なら「彼に長時間つけると辞めてしまうから短時間で交代しながらのが良いのでは」と言われ始める始末。

これが彼の前園で起こっていた裏側です。
もう少しだけ続きます。

イラスト11

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト5

イラスト

イラスト6


これがすべての保育園に共通する事ではないですし、親子との信頼関係を作った上で、きちんと現状を話して療育や受診を勧める園(先生)は多くいます。

ただこのような「基本的には親が聞いてこない限りはこちらからは言わない」というスタイルの所もあります。

平たく言えば揉めるのが嫌とざっくりしてしまうのですが、これを告げる事で信頼関係が崩壊してしまい、事態が悪化してしまう可能性や、告げることで親のメンタルがもたない場合など、あえて受診や検査をすすめない事もあります。

このあたりは保育園には保育園の事情も色々ありますし、告げ方やタイミングなども間違えると大変な事になるので、一概に保育園=悪ととらないで頂けると幸いです。 

しかし漫画のように
親に気づいてほしくて悪い報告やキツイ言い方が増える現象も起こっております。
よく聞くのは「親は気づかないんですけど」という言葉。

そら気づかないよ。
なんなら親にも発達特性の傾向があったら余計に遠回しじゃ分からんと思います。
このお母さんもそういう傾向はあるのかもしれません。

具体的な解決策も対応策も言わず「障害児って気付いてくれないかな」という気持ちで遠回しな表現を繰り返し、「全然親は気付いてなくて…」みたいなの影で言って現象ってどうなんだろうと思っております。

が!
保育園だけが悪者と言いたい話ではないので
次回は保育園サイドの視点から描きます。

10

イラスト13

イラスト8

イラスト9

イラスト

イラスト15

イラスト16

イラスト17

イラスト18

早期療育が必ずしも良い
早く行かないと意味がないということは
ありません。

早めに通う事のメリットは確かに大きいですが、気がついて行動を起こした所から、また新たなスタートなので、「なんでもっと早く気づかなかったんだろう」と自分を責める必要はないと思います。

気がついたタイミングや
受容にかかる時間、プロセス
すべて意味があることだと思います。

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト10

イラスト12

続く

仮に「この子は愛情不足だ」と思ったとしても
親御さんの本当の気持ちや葛藤、家での状態、これまでの経過を全て知らない保育士や教員、支援員が
簡単に「愛情不足ですよ」と言ってはいけないと思います。
 
あと特性や行動というのは
親の接し方や育て方は大きく影響しますが
それだけで決められるものではないです。

元々の持って生まれたもの、関わる全ての人、環境などが全て絡み合って「その子」なので
安易に母親の愛情不足で片付けてはならないですよね。

その言葉に逃げてしまったら
私達支援側は終わりだと思ってます。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

6

7

9

LINE相談はこちら
↑クリックするとリンクに飛びます


これまじで良いです。
LINEの薬剤師さん優しくて「あ、私大事にされてる」とときめきます(キモ!)

あと病院に行くには抵抗あるけど
なんか改善したいな〜みたいな時にちょうど良いよね。
LINEだけで薬が届くのはすごく気軽。

何なら病院でもらうより、薬をもらった後も継続的に相談ができるから
安心感があるかもしれません。

私はこれでQOLが爆上がりしたので
薬を切らしたらまた自分で契約して頼むかもしれませぬ。

毎日疲れるよねー!!!
使えるものは使って快適に過ごしてこ! 

まずは、体質チェック!
↑クリックするとリンクに飛びます

イラスト

2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

ファスティングはこちら!
↑クリックするとリンクに飛びます。

体重が停滞していて「あと少し落としたいけど痩せない」みたいな人に
良いんじゃないかなと思いました。

私は正直なところ、仕事が体力勝負な上に3歳育児中なので
この表をきっちり守れなかったです。
というか守るとぶっ倒れる気がしたのでちょいちょいズルをしてます。

ズルをしなければもっと痩せたんだろうな・・・と思いますが
健康も大事なのでね!

痩せた!というのも成果ですが
どちらかというと「あ、普段食べ過ぎてたんだな」と身にしみました。
飢餓の最中は「もう茶碗1杯のご飯でも良いから食いたい」となり
普段いかに贅沢な食事を食べてたか思い知らされます。

ちなみに私は3日目の夜が一番辛くて
4日目以降は空腹を感じなかったです。
 
今は普通にご飯を食べてますが
以前は一食につき1000キロカロリーくらい食べていたのが
400〜500キロカロリーで大満足になりました。

何にせよ「痩せる」&「食生活が改善される」のでおすすめ! 

簡単に始められて、1週間で結果が出るなんて嬉しすぎる!
しかも、初回2138円(税込み)からチャレンジできるので、
気になる方は、ぜひ見てみて下さい!!

ファスティングの詳細はこちら!
↑クリックするとリンクに飛びます。

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


続く 

まず他害についてですが
障害があるから仕方ないとは思いません。

ただ周りの大人はそのぶん
防がなければならないと思ってます。

身体的な静止、環境的な予防など
やり方は様々ですが
手が出る子に対しては大人がついてないとならない。

特に漫画のような他害は
やられた方も
やってしまった方も
どちらも悲惨です。



でもその他害をさせないための配慮ができるのは
保育園、幼稚園、学校、療育の場であり
幼児教室や習い事の場では無理だと思ってます。

じゃあこの母親が悪いのかと言えば
一概に責立てられない背景もありますので
次回ご覧ください。

イラスト11

11

イラスト12

イラスト13

イラスト14

イラスト15

イラスト16

イラスト17

イラスト18


イラスト19


続く!!!!


「え?療育って外に出てええの?子ども1人だけ連れ出して?流石にそれはフィクションだわ」と思った方もいるでしょう。

私も「勝手にそんな事してええんかな?」と書いてて思いましたが
よく考えたら私も同じようなことをしていたのでセーフだと思います。
(私はちゃんと許可とりましたけどね!)
 

4

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト8


続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

4

イラスト2

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

2

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7

イラスト13

続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話です。
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

1


イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト10

イラスト6

イラスト8


第3話の始まりです。
今回はADHDの子をクローズアップしていきますが、すべてのADHDの子が彼に当てはまる訳ではありません。

ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
そこはご了承ください。

このページのトップヘ