2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

きみキャラ濃くない?と毎日思ってる。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7




〜今日のおまけ〜

イラスト8

子供は親の前ではグダグダになるし
甘えて何もやらなくなるものだと思います。

でもやはり定型の子はそれなりに限度がありますが
障害児の場合は度を超えてめちゃくちゃな行動をしたり
王様のようになってしまう事は珍しくありません。

そして癇癪を起こされると大変です。
体が大きいと余計に大変です。




必然的に癇癪は避けたいのは当たり前だし
全部自分でやらせるのは時間もかかるし気力も持ってかれるし
やはり大変です。

よく支援者には「全部親がやってあげちゃって・・・自分でやらせないと」と簡単に言う人もいますが、それは親御さんもよく分かっていると思います。
でも気力や時間が追いつかないですよね。



まあそれでもお互いに仲が良くて幸せで
今のままでも大丈夫なら全然いいんです。
第三者がなんと言おうと。

 

でも、もし親御さんが「このままの状態は良くない」「自分がペコペコしていて変な関係性になっている」「親子の関係性が悪いだけになっている」と感じているようでしたら 
なんとかしたいですよね。
 


急に厳しく叱ったりしなくても良いのです。
ただ「これだけは」と決めたら譲らないこと。
時間がかかっても絶対に譲らないこと。

(例:ふざけて物を投げたら絶対に自分で片付けさせる。)



もちろん普段楽しくたくさん遊ぶ関係性がないと
言うことを聞かないと思うので
そこも大切にされると良いと思います。 

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト3

イラスト5

イラスト6

イラスト7

知的障害児も肢体不自由児も幅が広すぎて
ひとくくりにするには雑すぎる記事ですみません。

えっと何が言いたいかと言いますとね。
障害児だからオムツで良いよね、でずっとトイトレしない保育士とかいると思うんですよ。

ネットに出てくるトイトレ開始の条件なんかは
自力で歩ける、簡単な言葉のやり取りができる、排泄間隔が2時間あくとか
出てきますが、それらを悠長に待っていたらいつまでも始まりません。



オムツを変えるタイミングでとりあえず座らせてみる、から始めてみて
成功するようになってきたら
布パンにしてみて本人の漏らしそうな時間の前に連れていく・・・を
やっていくと割とみんな覚えていくかな。


1〜2ヶ月でほぼパンツで過ごせるようになる子もいれば
1〜2年かかる子もいたりと個人差はやはり大きいし
定型の子よりは大変ですけど思い切って始める事が大切です。


私も仕事で
「え!この子トイトレ開始!?」と思いながら
トイトレ始める事もありますが

みんな最初はジャバジャバ漏らすけど
やっぱ覚えて行きましたね。



何なら小学高学年でたまたまトイレ成功して
そこからトイレ確立するような子もいますし
個人差も大きいことですけどね。




ただし、親御さんは普段のことが大変すぎると思うので
そこは保育園や幼稚園、療育先にガンガン頼って行きましょう。

何ならそこで土台を作ってもらってから
家で始めても良いと思います。

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8




〜今日のおまけ〜
イラスト9


子供によっては動かしてはならない部位などもあるので
そういったところは病院の指示を聞きつつ行います。

赤ちゃん時代からできることなので
「何したら良いかわからんし、遊ぶといっても反応も薄いし。」みたいな時に
やると良いですよ。
スキンシップの良い刺激にもなるし血行も良くなるので・・。
 
マッサージを毎日、もしくは週に何回か行うことで
体が動かしやすくなるので運動発達に有効ですね。 

発達障害のある子供にもマッサージは良いですよ。
触ってみると、「え、こんなに力入りやすいんだ」「子供なのに硬い!」となる子も多いと思います。
 

1

2




そして・・・




3

4

5

6




〜今日のおまけ〜

イラスト8


手押し車はぐぐると出てくるのですが
グーグル画像で出てくるやつは、持ち手が立っている状態で、相手の足首を持っているものなので
それは体幹が育った5〜6歳向けです。 

重度知的の運動発達が遅れている子や
乳幼児みたいな小さい子は漫画で出てくるような持ち方を推奨します。

ちなみに手押し車はハイハイができない赤ちゃんや
ずりはいしかしない子にも効果的です。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4





〜今日のおまけ〜

イラスト5


初診時は旦那ちゃんに電話で予約を取ってもらったのですが
その時も電話がなかなかお互いに繋がらず
数日かかったそうです。(かかってきても仕事で取れない、掛け直すと相手が仕事でいない)

アプリじゃだめ?

育児情報アプリは沢山あるけど
療育に関する情報アプリがあるといいよね。

アプリでそのまま予約まで取れるみたいな。(調べてないけどあるのかな?)
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5





〜おまけ〜

イラスト6



パートさんや育休中の方であれば送迎や付き添いができるかもしれませんが
正社員で送迎や付き添いってどうやんの・・・・?

グレーゾーンで療育がいるかいらないか微妙な子なら
土曜もやっている所を探して週1回〜とかでいいかもしれない。

でも肢体不自由があったり、障害が重かったり、問題行動が多かったりで
療育の必要性が高いお子さんだと
週に3〜4回は通いたい所だと思います。

通院やリハビリなんかも平日だし・・・・と考えると
仕事を断念せざるを得なかった方も多いんじゃないかな。 




保育園や幼稚園に送ってくれる児童発達支援もありますが
全てがそうではないし、まだまだ親の送迎がメジャーな所。

でも共働きが当たり前の時代で
それはもうきついよね・・・。

1馬力で家計を回せる家もあるけど
そうではない家だって沢山ある。



それに経済面だけでなく
社会的に必要な人、活躍する人、社会と繋がっていたい人も沢山いるので
専業主婦前提じゃないの?みたいな仕組みは見直していきたいですよね。 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7


今まで軽度の子やグレーゾーンの子の他害行為についてはよく書いてましたが
重度知的の子の行動についてはあまり書いてなかったので書きました。

まずこのような行動をとる子で、手先がよく使える子はいないと思います。
蛇口の開け閉め(昭和っぽい蛇口)や
水筒の蓋の開け閉めが一人ではできない子も多いのではないでしょうか。 




手の動きが発達していないため、手の動きが
物のなぎ払い・髪の毛引っ張りになりやすいのです。
衝動的にバッとやる子も多いですよね。
 
そして、それをすれば周りは反応します。
 
楽しいかは別として、それが遊びの一種になってしまいますね。


 
でも手を使えるようになって
遊びの幅が広がってくると
これらの行動は減って行くので

叱ってなんとかしようとするよりは
手を育てましょう。

そして手を育てるためには体を育てましょう。



・・・という話でした。

 

イラスト

イラスト2

イラスト3
イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

自由に遊ばせている時間が長いタイプの療育
机に座ってる時間が中心の療育
運動が多めの療育・・・

事業所によって結構違いますし
指導者や指導方針によって効果も全然変わります。

まあ大体のところが短くて45分くらい。
長くて半日(主活動の他にお弁当や昼寝等もこみで)
ちなみにうちは基本的に90分制です。



毎回指導案なるものを書いて実践するのですが
これも指導者によって「計画は予定通りに遂行したい」というタイプと
計画は目安程度で、その場の状況や思いつきで内容を変えていっちゃうタイプがいます。

私は後者でーす。
紙に向かって頭をひねるより、子供たちの様子を見ながらの方が
やりたいことが出てくるので・・・。
でも個々の発達課題には沿っていますよ(小声) 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7



〜おまけ〜
イラスト6

園によってルールは違うと思いますが
「何で汚れてないのに着替えるの?」みたいな時間で着替える園ありますよね。

帰りに綺麗な状態で帰れるように・・・という配慮だったら
うちはむしろ泥がついた状態での帰宅でも構いませんくらいだし(周りにつかなければ)
保育園の帰りなんて暗いから何でも良いよ・・・!

乳幼児は着替えの練習的な意味もあるかもしれませんが
トイレで散々脱いだり着たりをやると思うからそれは別に・・・ねぇ?



お昼寝のお布団に入るから新しい服に着ようというなら
まあ分からんでもないかな〜・・・。

 

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト3

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9



今ね。療育めっちゃ空いてる。(事業所にもよると思いますが)
やはり休園ラッシュや陽性ラッシュで人が来ません。

でもその中で運良く休園や感染から免れている人は来てくれるのですが
子供も少人数の方が楽しそうなんですよね。(グループ療育だと人数が少ない方が自分に沿った内容になるし、先生もマンツーでいるから) 

大人も普段見きれていないところまで見てあげられるから
お互いにとっては割と良い感じ・・・というのが実情。




あとすっからかんで逆に公園より安全じゃない?みたいな時もある。
消毒しまくってるし。
 



でも療育先の地域がコロナやばい感じになっていたり
療育先の関係事業所が閉鎖しまくっている時。

また、陽性者はいないけど濃厚接触者が複数名いたり
その逆に陽性者が出たけど濃厚はいないから開けてますみたいな時は

それが落ち着くまで行くのを控えるのも手です。



基本的には通う、でも危なそうな時はやめておく・・くらいがちょうど良いのかなと思います。



コロナが落ち着くまで数ヶ月行きません!家から一歩も出ません!は
ちょっと心配になりますね。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


正直「甘ったれんな!!!!!」と思うようなお父さんは
まだまだ世の中に多いのだと思います。

でも今ってようやく男性の育児が当たり前になりつつある時代で
まだまだ過度期なんですよね。

男性が生理休暇を「甘ったれんな!!!!」と思う人も多いように
まだまだお互いの理解が足りていないのだと思います。

 

でも男性が育休を取るようになったり
女性が社会で自立するようになったり
性別の垣根をこえた世の中になって来ました。(まだまだ少しずつですが)

 

この元々の話題も(ヨッピーさんというライターさんがツイートしたもの)
「男性はゆっくり親になるのだからお膳立てをしてあげて」という話ではなくて
「あなたも親としてお母さんと対等に接しますよ」にしていった方が
当事者意識は育ちますよ・・・という話だと思うのですが 

賛否両論を呼びましたね。


でもその議論がいいきっかけになり
もっと皆で考えていけると良いですよね。
 


うちの旦那ちゃんは色々な人から「育児して偉いね〜!」と言われるくらいに育児をしてますが
褒められないと嫌だそうです。
でもお母さんも褒められたいし、みんな頑張ってることは褒められたいよね。 
 

このページのトップヘ