イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


実際グレーゾーンと呼ばれる子や、知的な遅れがない発達障害の子の話は
よく耳にしますし、増えているのかなと思います。
(増えたのか、発見率が上がったのかは分かりませんが)




「親御さんは気付いてないので指摘していません」
「でもそういう子が多くて対応は大変です」
 
みたいな声をよく聞きます。 



でも私の性格が悪いのか、偏見なのかという所ですが
「何であんなやばいのに親は気づかないんだろうね〜(笑)」みたいに
心の声が聞こえる時もあります。実際の声にしろ、SNSなどにしろ。

 

そら気づかないよ!!!!

知的な遅れがない発達障害の子は
集団や人間関係でつまづくのはあっても
家庭ではさほど問題を感じないことが多いもの。 
特に大人しくて一人っ子だと余計に分からないよ。
 


むやみに発達障害の可能性を告げる必要はないかもしれないけど

「対応に個別的な配慮が必要になっている」
「今後困ることが予想される」
「明らかに何らかの障害があると思われる」

となったら
そこは慎重に少しずつ親とも話をしていかないとダメでは?と思います。 



あと親も実は全然気付いてないってこともなくて
「どうなんだろう?でも先生に相談してその可能性を言われるのも怖い・・・でも・・・」って
迷っている方も多いと思うんですよね。

 

保育士や教員は現場で子供をうまくさばけるからって
育児もそれと一緒と考えたらいかんよ。
育児と保育教育は違うんだよ。