イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

いや絶対にお互いがお互いの現場に入って
2〜3日体験してみたら
凄い良い支援ができると思うよ。
(訪問でチラ見してあれこれ言うだけでなく、その現場に職員として入ってみると全然違う)



そういうのもやった事あって
加配として入ったりもしたけど

「あ〜集団生活しんど〜い!!!!なんで皆(他の先生)こんな地雷を踏み抜くんだ〜!!!」
「療育だったら活動の流れで動かせるのに〜!!全然動かね〜!!!!」
「 ていうか療育だったら他の先生がめっちゃ良いタイミングで協力してくれるのに〜!!!!」

と頭を抱えまくり
集団生活の加配保育士さんってマジで大変だなという感想に行き着きました。
(加配でなくてもフリーの先生も似たような悩みは抱えているかも知れない。)



そして療育ってめっちゃ環境整ってるんだな、ありがてえなと思いました。



でもさ、環境整えるのって別に定型の子にとっても悪い事ではないし
わかりやすい活動、指示も良いと思うんですよ。
定型の子でも「あ、全然話聞いてない」「絶対よく分かってないままやってるだろ」という子はたくさんいたので、 全ての子において療育的環境はプラスじゃないかな?
 
だから、そういう意味で療育の勉強をすると
多分クラス運営が楽になると思うんですよね。

時間がないんです!!!とお叱りを受けそうですが
まあ理想論として適当に聞き流してください。