圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

2021年08月

イラスト


準備はいいですか??
ズバズバいきますよ!
↓↓

イラスト2


イラスト3

イラスト4

イラスト5





〜おまけ〜

イラスト6


ブログでは色々「あれやったらいいよ」「」これがいいよ」とか書くけど
正直育てているだけで満点レベルに大変だと思う。

なんなら療育に連れて来るだけで疲れるよね。
お迎え行って連れて帰るのも一苦労だよね。

私も子ども生む前は
なんでこんな時間遅刻してくんだろうと
思ってました。

するよね!!!!
わかる!!!
なかなか帰れないのもわかる!!

ご飯、寝かしつけ、着替え、お風呂、歯磨き・・・
本当一日のルーティンをこなすのも大変だと思うので
とにかく休んでほしい。



ただ休んでねと気軽に言うのは簡単だけど
休めないよね・・・。

配偶者のお世話やフォローが必要なこともあるしね・・・。 



せめてクオカード1万円分とか毎月発行してあげてくれー!!と思います。
 






イラスト2

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



イラスト7

め〜っちゃ個人差がある。

障害が出るかどうかも本当にわからないし
どの程度後遺症が残るかもその子次第。

でも毎日触ってあげて
たくさん笑顔を見せてあげてほしい。

「反応うっす!」となることも多いかもしれないけど
やり続けると少しずつ変わっていく。



表情も動きもゆっくりだけど出てきて
名前を呼んでも「無」だった子が
笑って手をあげる様になることもある。


ゆっくりだけど
凄く時間が長く感じるかもしれないけど
小さく小さく積み重なるよ。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7


「療育の先生は優しいもんね〜」と
保育園や幼稚園の先生から嫌味を言われる事は珍しくありません。
(あれでしょ?甘やかしやがってみたいな意味でしょ?)
 
そら優しいけど、無闇に甘やかしてると思われたらたまった物じゃない。
子供へのアプローチに「怒る」を使わないだけです。



なので時には
「この散らかした物は最後まで自分で拾うんだよ」みたいなことで10分以上粘ることもあるし
「△△をやる前に、きちんと●●を完成させなさい」 
 みたいなこともあります。


でも声を荒げたりはしません。
あと場合によっては全然手伝う。

 


保育園や幼稚園だと、基本的には「定型発達児」の集団なので
余計に比べられたり差が出てきて
しんどいだろうなあ。





 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



〜おまけ〜


イラスト7

いや本当、家でもきっちりやりなさいという話でないのですが
外ではそこそこちゃんとやれるのに
家ではお母さんを叩く、物を壊す(投げる)、凄まじい暴言を吐く・・という障害児は珍しくありません。

そこの原因が「構ってほしさ」「大人の反応ほしさ」であれば
不適切な行動を起こす前に、向かい合ってしっかり遊んであげれば、行動が改善されるかもしれません。

しかし。
ダイナミックな行動を起こすことで家族に言うことを聞かせる・・・
というパターンだったら、それはダメです。



親を叩くのであれば無言(orやめなさいとだけ言う)で制止して、叩こうとするのを止めるまで手を離さずに、真顔で見つめる。
もしくは親が別部屋に行き、落ち着くまで放置。

暴言であれば相手にしない。無視。



不適切な行動に対して
「あなたも辛いのね」とか共感はしなくて良いです。



状態が落ち着いた時に「これが辛い」とか「ああして欲しかった」とか話がきちんとできるのであれば、辛い気持ちに対して寄り添っても良いけど、「じゃあ叩いても仕方ないよね」とはしなくて良い。
それはそれ。



変に共感はせず
「〜して欲しくてイライラしてたのね」「あなたが〜して欲しいのは分かるけど、そのお願いは聞けないよ。」「〜して欲しい時は〜するようにしなさい」「イライラして暴れたくなったら〜すると良いよ」と正しい行動を伝えていくと良いです。

もし暴れて物が壊れたり散乱していたら、本人に片付けさせましょう。
もしくは一緒に片付けましょう。


また、変に「ごめんなさい」を強要しなくて良いです。
それを言えばおっけーと思って、「ごめんなさい」と連呼しながら悪さをする障害児も多いので
言うことを強要することにあまり意味はないです。




ただ、冷静になった後で
本人が反省の意を込めて
謝罪をするのは良いと思います。





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7




〜おまけ〜
イラスト8

息子ちゃんと買い物に行くと「アイスは?」「お肉開けて良い?」とか色々言ってきたり、ふざけて走ったりしていたのですが、今日はとても落ち着いていました。
 というか、とうもろこしを持たせていたので、他に気が散らなかったのもあるかも。

でもこの数日は
騒がしい場所でも落ち着いて行動できるようになってきた気がします。 
少しずつ成功体験を積みたいですね。

着替えも「楽しく着替える」を積み重ねたら、最近ナチュラルに着替えるようになってきたので、積み重ね大事。


************

さてさて今日のテーマは買い物!
多動&知的重めな子と買い物に行くと、マジで大変です。
レジが長蛇の列だと地獄をみる・・・。

選んだ商品を開けたくて仕方ないし、待てと言われても待てない。
大人がもう一人いれば良いのですが、一人だと詰みますよね。 

そしてそんな時に限って、前の人が「ポイントカードが〜」「小銭まだあるから〜」とゆっくりやっていると、「1000円やるからはよ!!!!!!!!」と心の中で叫びたくなります。 
 


でも発達障害でなくても

買い物かごを持って立っているのが大変な妊婦さん
体の悪い人、持病がある人、パニック持ちの人
小さい子連れの人など

レジを早く済ませたい人ってたくさんいるのではないでしょうか? 


 

優先レジがあると
障害児の親御さん助かるんじゃないのかなあ。



あと無駄にうるさいスーパー特有のBGMを流さないとか
通路を広くとった設計にするとか
そういった建物が増えると良いなと思います。



まあ個人的にはレジの前にお菓子やらオモチャ置くのやめて欲しいんですけどね!!!!!!!!
西○屋!!!!!!! 



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6


保育園では全然だよ★
「今日もお着替え最後でした」で締めくくられてモヤっとしてるよ★

ちなみにトイトレは「誘っても嫌と言われるので行ってません。オムツ替えも嫌と言われるのでパンパンになります。」らしいよ★


そこは!!!!!!!
保育士の腕の見せ所だろうが!!!!!!!
何のための国家資格じゃい!!!!!!!!

と言いたいのを我慢している私です。
クレーマーと思われたくないからね・・・。



「いつもお手数おかけして申し訳ない」という親目線の気持ちと
「その辺のお母さんじゃねえんだから」という保育士目線の気持ちが混ざり
モヤモヤしています。

いや、マイペースな子を預かってもらってありがたいんだけどね・・・。
家と違って大人数の中で注意散漫にもなるから、切り替え時間かかるのも分かっているけど、私が預けたのはボランティアではないんだが・・・?という気持ちが拭えない。

言えないけど・・・
言えないからここで言わせてくれ!! 




皆様も「え〜なんかこの連絡帳どういうこと・・・?」「随分冷たい言い方してこない?考えすぎ?」「こんなもの?普通??」「でも預かってもらってるから文句言えないしなあ・・・」みたいな事ありませんか? 

連絡帳でなくてもそういう事ってありますよね・・・。


私は自分の法人の保育園たちと比べてしまうので
余計にモヤモヤします・・・。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7




〜おまけ〜

イラスト8



細かい勤務体系や処遇は
入所施設の中でも各施設によると思いますが
「スタッフの人権が存在しない」と思った事がある人は
多いと思います。 

殴られても殴り返してはいけない
唾を吐きかけられても、殴ってはいけない
どんな過去がある人にも、人権を尊重した支援をしないといけない
利用者はスタッフを骨折させようが、救急車送りにしようが罰せられない・・・

という中で
アホみたくやすい給料で
残業しなきゃ終わらない勤務体系でこき使われていたら
入れ替わりが多くて当たり前。 



「スタッフも利用者と同じ様に、人として尊重しなければならない」 と思うのですが
それができるほど入所施設もゆとりがなかったり。 




私はもう入所は離れているので
近年の事情は詳しくありませんが
もうちょっと何とかなってると良いなあ・・・なってないだろうなあ・・。

 
施設から大事にされないスタッフが
その施設で利用者を大事にし続けることは難しいので

スタッフを守ることが利用者を守ることに繋がる・・・と
強く主張したいです。

(障害者への虐待、傷害事件に値する行動は
決して許されるものではない事は前提としています) 





イラスト

イラスト2

イラスト3


やったことはこの2つのみ!
さてさて・・・


イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


家庭内療育というより
家庭でできることですね!

切り替えの悪さは
どこかに通った所ですぐどうこうならんので
根本的な脳機能へのアプローチ。



朝日を浴びて脳の覚醒を高めることと
歩くことで血流を良くして脳に血液を送ること・・・
楽しい気持ちで「やる気・意欲」に関わるホルモンを刺激すること・・・
という理論でやっています。



効果としては
「あれ、息子ちゃん。めっちゃ普通の人になってる。どうしたん・・!?」 くらいの効果。

なんかを要求してごねていても「〜だからやめて、〜にしよう」で納得するし
出先で普通にご飯食っとるー!!!!!!!!
そして出先でトイレしてるー!!!!!!!
サンバ踊らんでも風呂に来てるー!!!!!! 


あと普段の3倍は自分で歩いた。



まあムラは出るでしょうし
進んだり下がったりでしょうけど
とりあえず続けてみようと思います。 

「笑わせる!朝日を浴びせて歩かせる!」





ちなみに息子は1歳半から子供椅子を断固拒否していて
家ではローテーブルに丸太椅子(大人も同じ)
外出先では膝に抱っこ、もしくは大人と同じ椅子で頑張って食べるスタイルでしたが

子供椅子拒否の理由が今日判明しました。

「あれは赤ちゃんが座るやつ」とのことです。

 
 そこだったんかい。




 

1

2

3

5

6




〜おまけ〜
7


(過去記事参照)
まだ喋っていない子についての記事はこちら!
↓↓
言葉の発達〜絵本絵本うるせえ〜




内的言語とは思考。
頭の中で考えて、行動や言葉に移す。

この内的言語が育っていないと、 考える前に手が出たり、思ったことをそのまま言ってしまったり、自分の要求だけを押し通そうとしてしまったりします。
(まあこういう行動は、原因がそれだけじゃないんですが・・・。 )

約束を守る、等もそうですね。 



でも大人も育ってない人がいっぱいいます。
モラハラ、DVをする人、話し合いが難しい人なども、やはり言葉の発達が未熟なのでしょう。
 


 
アスペルガーやADHDなど
言語や知的に遅れがない人で
一方的にバーっと喋って相手の話は聞いていない・・・
なども該当するかと思います。

聞いたことに答える、相手に質問をする・・は出来ても
会話を広げられないとか。

 

このページのトップヘ