圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

2022年03月


イラスト

イラスト2


イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6


私は「息子ちゃんって熱性痙攣やりそう」と思ったので
対応を調べて(調べたらてんかん発作の対応と同じような感じだった)
その対応方法と相談医療先の電話番号をスマホのデスクトップに貼り付けるという
防災訓練のようなことをしていました。

そしたら本当に起きたのですが
やはり頭に知識として入っていたこと
発作の対応に慣れていたことで
さほど慌てずに済みました。

でもこれ知識もなくて
発作の対応もした事がなかったら
大パニックで泣いていたと思います。



てんかんは
症状が人によって違いますが
発作の人を見た事があって
かつ対応も知っていたら
そこまで採用などに尻込みせずに済むんじゃ無いかな〜と思いますが
いかがでしょうかね。

まあ危険な作業とかはできないにしても
事務仕事とかならねぇ。
 

ちなみにこの話は
統計などに基づくものでなく
障害者の就労支援や採用の仕事をしている旦那ちゃんの経験談に基づくものです。

「てんかんの人については2〜3年前の話だから今はまた違うかも?」とのこと。

1

2

3

4

5

6

7

イラスト8

イラスト9

私も新卒の頃は「発作!?え、私しかいない時に起きたらどうしよう・・・」とビビりましたが
年数を追うごとに発作遭遇率が上がっていき
今は「油断せず気をつけなければならないけど、周りと連携してきちんと対応すれば大丈夫」という認識になっています。


街中で頭に分厚いヘルメットのような帽子をつけている子を見かけた事がある人もいるんじゃないかなと思いますが
あの帽子をつけていれば急に意識を失って倒れた時も
床に強く頭を打ちつけ無くて済むので
クッションがわりになります。

まあ頭は打たなくても顔を打つことはあるし
お風呂で発作が起きて誰も気づかなければ溺れてしまうので 
二次災害が本当にリスキーですね。



また、発作自体は一瞬意識が飛ぶくらいの発作の人もいれば、数分続く人もいます。
発作が繰り返し起こって治らない、長い時間続いてしまうと
脳に障害が出てしまう事があるので 
そのような時は救急車対応や痙攣止めの薬を使う対応になりますが(このタイミングで救急車を呼んでくれと事前に指示がある筈) 

基本的には、安全確保・見守り・時間を測る・休ませる・・・の対応ですかね。


 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


「ハイハイが1歳になってからでした〜」
「寝返りが7ヶ月でした〜」
「歩いたのが1歳4ヶ月頃で〜」とかで

他には特に気になるポイント(目が全然合わない等)がなければ
まあ個人差の範囲だよね、と言っても良いと思います。
(それでも私は怖くて「絶対大丈夫」なんて言えませんが。 )



ただ発達年齢から大きくずれて
なおかつ「この行動は・・・?」「これは・・・?」みたいなのが
あるにも関わらず

個人差だから大丈夫!と言い切ってしまうのはリスキーですよね。



育児書通りには行かなくて良いのですが
育児書はある程度の目安にはなります。

そこから大きく外れているものは
やはり原因はあるので(障害にしろ、別の要因にしろ)
「育児書通りになんて行かないんだから〜」と開き直りすぎると
それもまたリスキー。
 

イラスト

イラスト2

イラスト5

イラスト6

イラスト3

イラスト4

年度末の3月に2回自宅待機をしているので
仕事がかなり詰んでいます。

うちの事業所は療育や面談をリモートワークでできないので・・・
そもそも自宅でできたとしても
息子ちゃんが家にいたらリモートワークとか無理。
 
今日は電話1本、メール1本送るだけで喧嘩になりました。
電話やパソコン開いたら「息子ちゃんも!」の嵐です。




これ4月になっても少し通っては休園・・・を繰り返していたら
かなり詰むのですが
きっとワーママ(事情があって保育園に預けている方も) は
みんな同じ悩みを持っているんだろうなあ・・・。 

イラスト

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


言葉の発達を促すための方法は
色々あるのですが

私は極端に言えば
「運動(肩周り・手腕を使う物)」
「楽しい遊び(人への興味・言葉への意欲)」
「手先を使う(言語中枢に有効)」
が大切だと思っています。

その中でも特に有効だと思うのが
私は「笑い声を出すほど遊ぶこと」だと思っています。



言葉が出ない子は発声自体が少なかったり
人に興味が向いていなかったり
情緒が乏しい事が多いです。


とにかく遊びこもう。

でもそれは親が家庭だけでできる事というより
保育士や支援員の力で底上げしてもらいながら
家でも・・・という感じです。
(人に興味が向きにくい子をケラケラ笑わせたり、遊び混んでいくのは
親御さんだけではなかなか難しいです。)

 
言葉の発達って
親御さんが一番きになる所だと思います。

周りからも絵本読めだの、話しかけろだの、一人っ子だからだの、あれこれ言われやすい所ですよね。
でもね、絵本読まなくても親が無口でも一人っ子でも喋る子は喋る。
逆に言えば、それらを全てクリアしても喋らない子は喋らない。


なんでこの子は発語がないんだろう?というのは
情緒・発達・知的理解・構音機能のどこかで
つまづいているだと思います。(もちろん個性でゆっくりな子もいます)

そこの分析をしてもらって、そこを伸ばしていく事が大切ですね。

 

イラスト

2

イラスト3

イラスト4


まず親御さんの大変さと
長期入所施設のスタッフの大変さを同列にするつもりは
一切ないと言っておきます。(親の責任と仕事での責任はまるで違う)

でも長期入所施設のスタッフは
障害者福祉の仕事の中でトップクラスに大変だし
「障害の闇」を一番感じる場所です。



犯罪経験者もくるし
家庭内暴力で家にいられなくなった人も来るし
家族からの虐待経験者もきます。 

なので親がきちんといて
家庭で暮らせている障害者とは
根本的にかけ離れています。(治安も情緒も行動も) 




まあ障害者福祉はどこも大変ではあるのですが
ボランティアや治安の良い事業所での日勤勤務などで
ちょろっとかじった程度で

「障害者は素晴らしい!」「個性だ!」とキラキラしはじめる人は
いつの世も一定数居まして
それもまあ別に良いのですが私は「目があ!!!」となります。





私自身は夜勤(24時間ぶっ続け)ありの入所施設(子供)
入所施設内の日勤(成人)
放課後デイ、療育ときているのですが

やはりどこもぜんっぜん違うよ。
放課後デイや療育の治安のよさに感動したもの。



なのでキラキラした言葉を言いたい人は
一度治安が悪い場所・・と言ったらあれですが
入所施設でしばらく夜勤ありの勤務をして見たら良いと思う。
(それも強度行動障害やメンタルがすごいエリアで) 



その上でまだ綺麗な言葉を言えるのなら
もうそれは本物であり、私の負けです。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


実際グレーゾーンと呼ばれる子や、知的な遅れがない発達障害の子の話は
よく耳にしますし、増えているのかなと思います。
(増えたのか、発見率が上がったのかは分かりませんが)




「親御さんは気付いてないので指摘していません」
「でもそういう子が多くて対応は大変です」
 
みたいな声をよく聞きます。 



でも私の性格が悪いのか、偏見なのかという所ですが
「何であんなやばいのに親は気づかないんだろうね〜(笑)」みたいに
心の声が聞こえる時もあります。実際の声にしろ、SNSなどにしろ。

 

そら気づかないよ!!!!

知的な遅れがない発達障害の子は
集団や人間関係でつまづくのはあっても
家庭ではさほど問題を感じないことが多いもの。 
特に大人しくて一人っ子だと余計に分からないよ。
 


むやみに発達障害の可能性を告げる必要はないかもしれないけど

「対応に個別的な配慮が必要になっている」
「今後困ることが予想される」
「明らかに何らかの障害があると思われる」

となったら
そこは慎重に少しずつ親とも話をしていかないとダメでは?と思います。 



あと親も実は全然気付いてないってこともなくて
「どうなんだろう?でも先生に相談してその可能性を言われるのも怖い・・・でも・・・」って
迷っている方も多いと思うんですよね。

 

保育士や教員は現場で子供をうまくさばけるからって
育児もそれと一緒と考えたらいかんよ。
育児と保育教育は違うんだよ。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4


「どれが良い?」と聞くと大抵サンリオ!プリンセス!
なのでピンク・ピンク・ピンクになります。



洋服は割と祖母が買ってくるもので賄っているので
男児ものなのですが

日用品(エプロンやリュック、靴など)は
気に入らないと身につけなそうなので
本人に選ばせて買った結果が女児ものオンパレード。

でも好きなのがそれなら良いか〜と思っていたのですが
リュックもマイメロちゃんになってしまったので
さすがに目立つな・・・と若干迷いが生じています。



私的には服も日用品も好きなもの身につければ良いという気持ちですが
それが原因でからかわれる可能性を考えると
止めた方がいいのかなあという気持ちもあり・・・



あとこれは私の勝手な都合なのですが
「女の子が欲しかった男児ママが女児ものを身につけさせてる」と思われてそうで
保育園のチェックリストに載っていないかヒヤヒヤします(笑) 


みんなそういうさじ加減どうしてるんだろう?


でも好きなものは好きって言える世の中になっていく途中だと思うので
私も腹をくくってマイメロリュックを背負わせる所存でございます。
 
まあサンリオに一人で来てる男性とかもいるし
色々な好きがあって良いよね・・・? 

このページのトップヘ