無題2_20210722165731


無題3_20210722175252

無題5_20210722175415

無題4_20210722174335

無題6_20210722181859

無題7_20210722180208




〜おまけ〜
無題9_20210722181642


すみません。出先でスマホオンリーで描いたら元々雑な絵が更にこんなことに。

さてさて今日の本題ですが

発達障害の特性がうまく作用したり、元からの本人のスキルで偉業を成し遂げたりする人がいますよね。

ただ障害者福祉に10年いるけどそんな人お目にかかった事はないです。
つまり特別な才能を持つ人は滅多にいないということ。
 
なので、発達障害者=特別な才能がある変わった人というのはちょっと違う。


なんなら特技があったとしても、それでも健常者には届かないものだったりで「障害者にしては」の域をこえない事も多いです。

そういった所から安易に「特別なギフトを持ってる」と当事者に言うのは、時として控えた方が良いのでは?と思います。