し1

し2

し3

し4

し5



〜おまけ〜
し6


この業界にいると、たまに「自分は障害者なのか」と聞かれるのですが、正直ドッキリします。
自分が答える一言でかなり影響が出る様な気がして。
(でも多分、色々な人に聞いているのかなとも思いますが)

どう答えるのが正解なんですかね?

隠すのも違うと思う。
でも第三者から「お前は支援学級にいるから障害者だろ」みたいな言われ方をして知って欲しくないなあ。 

軽度の子が重度の子をバカにするのって、自分が定型発達の子にバカにされた言葉をそのまま言っていたりするんですよね。 
その子自身も愛の手帳を持っているのに、重度の子に向かって「がいじ(障害児の略)」と言っている所も何度か見たかな。 

あと「私は親の都合でここにきてるけど、障害者じゃない。あいつらとは違う」と言っている子もいました。

障害の認知ってアイデンティティに関わる問題ですよね。 
今回の漫画もバッドエンドです。
でも障害者福祉の世界って、後味悪い結末や未解決な事ってたくさんあります。

せめて今幸せに暮らしていてくれたら・・・と思うのですが。 

ちなみに今同じことを聞かれたら
「そうだね。苦手な事に少しフォローは必要な人かもね。何か心配な事や困ってる事はある?」って言うかな。