圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: 問題行動

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


分かっているけどできないんだってば!と思った方も多いかもしれません。
できる所からやっても良いし、やらなくても良い。

私は一時的こういう生活をやっていましたが
やはりやっている時は息子ちゃんのコンディションは良かった!

で、良くなっていったから油断してやめて今に至ります。
私がね・・・朝めっちゃ起きれないんですよね・・・。
あと疲れてユーチューブ見せちゃう・・・。

発達にいいことって「やった方がいいんだろうなー」と思いつつ、できないよね。
なんなら前の記事の子供の動かし方も、仕事ではできるけど、家ではできないよ。

でも「なんとかして子供を変えたいんじゃい!!!」と気力に溢れる人は
上記のような生活を頑張って習慣化したら
子供は変わると思いますし
「やってみたいけど、ここでつまずく」と言うのをみんなで話すのも良いかもですね。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
イラスト4

余談ですが
息子に限らず、問題行動の予告をしてくるタイプの子や
制止すると大騒ぎするタイプの子に

「それやったらどうなると思う?」と聞くと
大抵フリーズして数秒考えます。

その思考が止まった時や
本人なりの答えを出してくれた時に
「正解は〜〜です。だからマジでやめたほうがいいよ」と言うと
なんか納得してくれる不思議。

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7


今まで軽度の子やグレーゾーンの子の他害行為についてはよく書いてましたが
重度知的の子の行動についてはあまり書いてなかったので書きました。

まずこのような行動をとる子で、手先がよく使える子はいないと思います。
蛇口の開け閉め(昭和っぽい蛇口)や
水筒の蓋の開け閉めが一人ではできない子も多いのではないでしょうか。 




手の動きが発達していないため、手の動きが
物のなぎ払い・髪の毛引っ張りになりやすいのです。
衝動的にバッとやる子も多いですよね。
 
そして、それをすれば周りは反応します。
 
楽しいかは別として、それが遊びの一種になってしまいますね。


 
でも手を使えるようになって
遊びの幅が広がってくると
これらの行動は減って行くので

叱ってなんとかしようとするよりは
手を育てましょう。

そして手を育てるためには体を育てましょう。



・・・という話でした。

 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト6

イラスト5

イラスト7

親に特性があると
スケジュールに余白を作れず
習い事と療育で埋め尽くしてしまったり
子供の「言語以外」のメッセージに気がつきにくかったりはします。
 

 
また親の育児ストレスが強すぎて
過剰に叱責するのを止められなかったり
子供と楽しく遊ぶエネルギーがなかったりもします。

 

あと意外にあるんじゃないかと思うのが
保育園や幼稚園の先生に発達障害の特性があって
お互いにしんどい感じになっているとか
柔軟性が皆無で全然話を聞いてもらえないとか。(先生自身のパターンを崩せない)

 

もっとこうすれば良いのになと思うことはありますが
言って簡単にできるものでもないし
生活そのものを直接助けてあげられる訳ではないので 
できる範囲のことしかできませんね・・・。
 
「虐待」に該当するケースであれば別ですが
教育方針の問題であったりすると難しいですよね。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10

イラスト12



〜おまけ〜
イラスト13



息子ちゃんも非がない訳ではなく
頑固さを発揮して「あ〜!とっちゃだめ〜!それ危ないの〜!!」みたいに強く言ったから相手を逆なでしてしまったんですよね。

そして力づくで全力で奪おうとしてくるから、お互いヒートアップしてしまいました。
(全力で取られまいとする息子ちゃんの馬鹿力がすごくて、結局向こうは取れなかったのですが)


同年代の喧嘩なら別に良いのですが
明らかな年齢差で2人vs1人はちょっと見過ごせなくて、職員さんに注意してもらいました。
 

 
なお、実際のところ、本当に児童養護施設の関係者かは分かりません。
私がその手の仕事をしていたのと、長年福祉の世界にいることから
雰囲気を感じ取っただけ。
(児童養護施設のスタッフ経験のある旦那ちゃんも「児童養護施設だろうね」とは言ってましたが)

ちなみに児童養護の子=こういう子ばかりではないです。
ただバックグラウンドが複雑なので、情緒が不安定だったり、人間関係が適切に築けない子が珍しくない。



正直親としては「なんだこのクソガキが!!!!」という気持ちでしたが、大人が一方的に切れ散らかしたら、それこそフェアでないし、恐怖でしかないので、保護者(職員)に間に入ってもらい、話を聞き取った上で謝ってもらいました。



私もこども可愛さに都合のよい解釈をしている所もあるかと思うので、「うちの息子も頑固だったからね」という所で、息子も謝ったし、相手も頭下げたしで、ひとまず終了。



息子ちゃんもこれから対人コミュニケーションを学んでいかなきゃね。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
7



今日息子ちゃんが突然
大人の対応へのダメ出しをしていました。
君は突然どうしたんだい・・・?
 


さて今日のブログですが
なんかあまりに障害児たちが保育園・幼稚園で困りまくってて
何なら「え、先生ちょっと・・・え?もうちょっと何とかなるでしょこの子は。」みたいな案件も多いので憤ってます。


本来そこまで重くない子や問題が少ない子が
不適応を起こして「大変な子」になってしまったり
真っ白な定型発達児と比較されて面倒臭がられる。


子供だって自分の存在が歓迎されていない場所には
そりゃ行きたくないわけですよ。
行きたくない場所に連れて行かれるんだから、そこで色々やらかすよね。

 
息子ちゃんも「怒るしかできないんだよね」と急にダメ出しをしていましたが
怒るだけの指導になりがちだしね・・・。 

 

このページのトップヘ