圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: 先生

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト9


忙しさと人手不足で心が荒むと
どうしても目の前の親子よりも

「なんでこんなに大変なんだ」 
「見切れないよ!!!いい加減にしてよ!!!」
「綺麗事言わないでよ!!この現状をわかってよ!!!!」 

という黒い気持ちでいっぱいになりますよね。



私も保育・福祉の現場に長年いるのだから
そんな経験は腐るほどしています。
(保育園や幼稚園で担任を持った事はないので、真の意味で担任の大変さを理解してあげるのは難しいのですが、潜入して一緒に仕事をする事はあります) 




さてさて
現場の先生方は

「加配保育士をつけたいのに障害を親が認めない」
「とても障害とか加配とか言えるような空気ではない」
「集団で不適応を起こしているけど、もうどうしようもしてあげられない」
「毎日安全に帰す事で精一杯」
「学ぶといってもどこで?どうやって?誰に聞けばいいの?」

など色々な事情もお気持ちもあると思います。

 

 
そこはね、療育に来ている子を見れば
「きっと集団で先生は困っているだろうな」と分かります。
(その逆に集団では困らないから、課題に気づかれないだろうなという子もいますが) 



だって療育でマンツーで先生が配置される子が
ポーンと一人でクラス集団に放り出されたら
担任にできるのは怪我しない程度の放置じゃないですかね。



でもね、だからこそ
保育現場はもう「私たちは定型発達しかわからない」と言っている場合でなくて
障害がある子の対応を学ばないといけないし

運営や人事を行う管理職の人は
障害児やグレーゾーンの子には
担任の他に先生がちゃんとつかないとダメだと理解しないといけない。



 
親に「もう手に負えません」と自主退園を迫ったり
「一体どうしたらいいんですか!?」と八つ当たりじみたことを言ったりするのは
この時代もうダメです。

どこかにぶつけたい気持ちは分かりますが
それを親にぶつけると「親子に寄り添う」という保育士の仕事が崩れます。

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト10

突然どうしたと思われそうですが
インスタの方でよくこの様な声が届き・・・

というか届きまくったので
じゃあ一回まとめて記事にしようと思い書きました。



まあ色々なパターンがあると思うんですよ。

親が障害を認めなくて加配がつけられないとか
障害があるのは知っているけど人手がなくて加配がつけられないとか
もしくは加配はいるけど周りがグレーゾーンだらけでクラスが回らないとか。



でも思ったんですよね。
その「この現状何とかしてよ!」は親にぶつけるものなの?って。

正直ぶつけたい気持ちはわかります。
親はその子の最大の責任者みたいなものですからね


でも・・・保育士が困るレベルの子って親も困ってんじゃないの???
時々「うちは何も困っていません」みたいな場合もあるけど
大抵は「手をかけて申し訳ないな」「大人数いるからあんまり思った事も言えないな」って遠慮している様な親じゃない?


ブログもインスタも「気の毒だな・・・」と悲しくなる様な対応をされている親子が多いし
知識技術人手をすっ飛ばして「どうなってんだその先生」というものも多い。 


「頑張っているけど人手不足でどうしようもない。
本当はもっと学びたいし手厚く対応してあげたい。
どうしたら良いんだろう?」
という先生なら心から応援したいですが

自分の知識技術が足りないことは気づかず
全部親子のせい、人のせいにして「仕方ない」と言う先生も
中にはいますよね。 

まあそれが昔の私だった訳で
次回に続きます!
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4




〜今日のおまけ〜

イラスト5


いや本当「あの先生がめっちゃお気にで担当やりたがってた子、今年私がやんの!?」みたいなのが多いのですが、マジでやめて欲しい
なに?あれわざとなん・・・?

特定の子に思い入れが強すぎて不平等になるからあえて外すのは分かるけど
毎度それを私に回してくるのは・・・・
人事からのいじめなのか・・・?

大人だから表立って言われないけど、絶対何か思われてんだろうな〜と素知らぬ顔でやっています。
  

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8



〜おまけ〜
イラスト9


障害者福祉や療育の場にいると色々な実習生を受け入れますが
みなさんやはり緊張しながら実習に来ます。

そこからすぐ慣れて、意欲的に職員に質問して、積極的に子供と関わっていける学生もいれば
緊張がなかなか抜けず、職員に話しかけられなかったり、自分から子供とも関わりに行けなかったりする学生もいます。

そこは正直性格や気質の問題なので
「実習って緊張するよね〜」「意欲的で偉いね〜」くらいにしか思っていません。 



どちらかと言うと

どれだけアドバイスを聞けるか(実行できるかは別として、ちゃんと自分を振り返れるか)
子供に真摯でいられるか、大人として良い見本で居られるか
最後までしっかり学ぼうとする姿勢があるか
思い込みで勝手な動きを取らないか・・・

と言うところを見ています(私はね)


 
子供と上手に遊ぶとか
子供を惹きつける事が上手と言うのも
すごく大事な所ではあるし
それができたら素晴らしいのですが

最終的に滲みでてくるのは人間性だと思うんですよね。




クラスをまとめるのが上手でも
個人的に好きでない子には冷たかったり

子供によって好き嫌いが出て
対応に差が生じてしまったり

人からの助言を「私は悪くない!」「怒られた!最悪!」としか捉えなかったり

仕事はできても「こういう先生には子供預けたくないな」と思う先生は
よく遭遇するし
そういう先生は自覚がないです。



学生さんは気をつけてね。 

イラスト
イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6


最近仕事で「子供が可哀想だろうが!!!!!」と憤ることが多い。
もう先生不信になるわ!というくらいの案件が続いていて嫌になる〜!!!!



この記事は昨日更新し忘れたぶんなので
今日はまた夜に別記事を更新します。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト9

イラスト10




〜おまけ〜
イラスト3


基本的に切り替えが悪い子は
もう腐る程同じような注意をされているので
同じような事を言っても耳からスルーして聞きません。

なのでちょっと突拍子もない面白そうな事を言って
興味を引きつけて遊んで
表情も動きも良くなってきてから
ポーンと集団に投げ入れます。

すると勢いで入れちゃったりするんですよね。



まあ別に大人が誘わなくても
見ているうちに入りたくなったり
入りたくなるような仕掛けをしていけば混ざれる子もいますが



動線とタイミングと流れの持っていき方なのかな〜と思います。
難しいんですけどね・・・。

 

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7



〜おまけ〜
イラスト9



子供がいた方が親の気持ちはわかるし
乳児・幼児の発達はより具体的に実感できるのは確か。
妊娠・出産は保育士の仕事に大きくプラスではあります。

しかし「じゃあ子供がいない保育士はダメなのか」と言ったら
そんなことはありません。

子供がいても良い保育ができない先生もいるし
子供がいなくても良い保育ができる先生はいるので
結局は人間性・向上心・愛情深さだと思います。




ただ独身の保育士さんで気をつけた方がいいのは
「子供のためならできるでしょう」
「この子が家でできないのは親が甘いから」
という思い込みです。

子供のためにベストな方法なんて親は分かっています。
ご飯は好き嫌いなく食べた方がいいし
早く寝て早く起きた方がいいのは重々分かっています。

障害児であれば
障害の受容とか適切な接し方とか
そういうのも頭では分かっているのだと思います。


 

「親の努力が足りないから」
「親が弱いから」

の一言で片付けてしまうのは簡単だし
正論の槍でズブズブ刺すのも簡単ですが

保育・療育の仕事をするのなら
どれだけ親子に寄り添って
親子にとってのベストを一緒に探せるか、支えられるかを
第一にしたいですよね。

 

 

このページのトップヘ