圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: 虐待

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト3

イラスト5



〜おまけ〜

イラスト6


地震大きかったですね・・・。
これを書いている数時間前に起きたのですが
息子も私も寝てたので「????」となりました。
(息子は寝ていたところを動かされたので、むにゃむにゃ怒っていました) 

絵本の本棚の横に私の布団があって
息子がそこで寝ちゃったので「まあ良いか」と横で寝てたら
グラグラ揺れたのでびっくりしました。



ずっと外から救急車の音が鳴り止まないのと
謎の放送みたいなのが聞こえていたので
私が思っているより被害が大きいのだろうか・・・。

この記事がアップされる頃には
色々ニュースでやっているかなあ。 





前回の記事はこちら!

息子の保育園に虐待疑惑が出た日①


息子の保育園に虐待疑惑が出た日②



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト9




〜おまけ〜
イラスト7



また進展があれば書くかもしれませんが、ひとまず終了です。



なお漫画では割愛してるのですが
お迎えで先生が息子を連れてくる時、変な引っ張り方して息子が転んだんですよね。

まあ大して痛くないと思うけど、夕方の疲れ具合も相まって軽く泣いてしまったのですが
先生は「なんで泣いてるの?言わないと分からないよ!」と言いだし

この先生大丈夫なんかな・・・と萎えたところで
面談はいつにしますかとまくし立てられたので
「やらなくていいです」と帰って来てしまいました。





普通ね、引っ張ってないにしても
保護者がいる場で子供を転ばせたら(体が当たったとかで)
「大丈夫?ごめんね。お母さんもすみません」と謝るんだよ。

「絶対痛くないだろう」と思うような転び方でも
そうするんだよ・・・。




前回の話はこちら!
息子の保育園に虐待疑惑が出た日



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト9

イラスト6

イラスト7

イラスト8

続く!!!!!!!!(多分)


***********


日頃からの信頼が積み重なっていれば
「そうなんだ」「息子が勝手に変な形で真似しただけなのかな」と信じたかもしれません。

でも去年から噛みつき傷が10回近くあり、その内の半分は気づかない。
連絡帳は書き方が一方的にダメ出し。
トイレは家ではできるのに、保育園では完全オムツ。
保育参観は残念な保育・・・(子供が話しかけてるのに気づいてない、見ていない)



これらの積み重ねで
信用がかなり薄くなっていた所にこれなので
「そう言えって言われたんだろうな」くらいにしか思えませんでした。 

この話題のそらし方が逆に怪しいとすら思えてしまう。

 

ちなみに息子が自粛警察のように他人に注意するのは
もう昔からなので
絶対普段からもやっていると思います。

こんな風に豹変する子だから、頭抑えて「ごっくん!」と言い出しても
おかしくないんですよ〜彼が勝手にやってるんですよ〜みたいな意味かと思いますが
2歳が頭抑えてごっくんなんて、やってるのを見てないとやらんだろ。 



まあこうやって家で真似する子がいて
尚且つ親が目を光らせているということで
しばらくはやらんでしょう。

誰がやったか知らんけど。
やってなかったとしても、信じることができない時点でもう転園を具体的に考えた方がいいなと思ってます。




  

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8



トイトレはできないわ
噛みつきは気がつかないわ
今回みたいなことが起こるわで

やっぱこの保育園ダメなのでは?と思いつつ

先生の真似をしてやったという確証がないので
はっきりと文句が言えない。



と言うか実際やっていたとしても
2歳のやる事なので「心当たりはないんですけどね〜」「お友達の真似ですかね〜」で
誤魔化せちゃうし

まあ実際その通りかもしれない。




でも頭を押さえつけて「ごっくん!」って
子供がやる動きでないし(かなり強くテーブルに押し付けようとしていた)
大人がやっていないと出てこない気がして

迷った挙句にこのようなノート記載をしておきました。



これを見て「まさかやってねえだろうな?やってたらアウトだぞ。」と解釈できず

「そういう時は注意した方がいいですよ!」とか
「そんな動きするなんて発達怪しいですよ!」とか言われたら

マジで気が遠くなるな・・・と今から頭が重いです。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト9

イラスト6

イラスト7





〜おまけ〜
イラスト8


今日はもう本当にダメだ・・みたいな日って
誰にでもあると思うのです。



特に障害児を育てていると

「全然最近寝てくれない・・・」
「癇癪で部屋がめちゃくちゃになった・・・」
「もう叫び声がしんどい・・・」
「預けたいけど見れる人がいない・・・」

と色々ありますよね。




でもそういう時に
児童相談所に気軽に電話できるかと言えば

「要チェックリストみたいなのに載ったらどうしよう」
「もし虐待を疑われて子供と引き離されたら?」
「児童相談所に電話するほど・・・ではないかもしれない・・・」

と色々考えてしまって
電話ができないと思うのです。



あとSOSダイヤルみたいなものも
話は聞いてくれるかもしれないけど
すぐどうこうしてくれるかと言えば・・・うん。

 

それならまあ少し高いけど、お小遣いの範囲で払えなくはないような金額・・
マッサージ1回分くらいのお金を払って
それこそマッサージ屋にふらっと立ち寄るくらいの感覚で

保育のプロに子供を少しの時間預ける方が
 
逆にハードルが低いのでは?とも思う。




もちろん、事前にしっかり面接をした上で
どんな人か分かった上で預けたい方もいると思うのですが

本当にメンタルやばくて子供に手が出る寸前みたいな時って
「もう誰か助けて!今すぐ誰かきて!」状態だと思うので 

 緊急で玄関先の登録で預けても良いし
 事前に登録しに店舗まで来ても良いし

みたいな感じが良い・・・気がします。



「知らん人に預けるのだけは!」という人は

家の中に入ってもらって
自分と一緒に子供を見てもらうとか
話を聞いてもらいつつ家事をやってもらうとか 
 
そういうサービスでも良いのかも。




 

1

2

3




〜おまけ〜
4




保護者からの「これがこうなってて困る」「ここを気をつけて欲しい」と行ったご要望については、無茶苦茶な内容でない限りは、「そっか、気がつかず悪いことをしたな」位に思ってそのまま受け止めたり、スタッフで共有します。
 
ただ長年福祉にいると「それはうちの人員配置的に無茶じゃな〜い!?」といったご要望も頂きますし、「え、そこまでの対応できるか・・・?」というものもきます。
ただどの要望も、大事なお子さん・ご家族が大切にされて欲しいという願いが根元にあり、支援が目に見えないぶん心配も多いと思うので、真摯に受け止めます。
あとシフトの都合など知らなくて当たり前かと思うので・・・(人増やしてくれ福祉) 


でも時々漫画に出てくるようなことが起こります。

内容はぼかしているので、事実はこの通りではないのですが
自分はこどもを家に残して男と遊んでいても、擦り傷一つで病院に連れて行けとか、持ち物の管理をきちんとしろとクレームを言う。

ここまでの事はなくても「家ではやらない、でもあなた達はやってください」は福祉あるある。
家庭では取り組みが難しい、どうしても上手くできないから専門の人に任せたいと言うのであれば良いのですが(むしろ頼って欲しい)、漫画みたいなことが起こると正直「はあ?」となります。
 
しかし、それが福祉なんですよ。
育児ができない、遊びたい欲求を抑えられない、生活が成り立っていない、対人トラブルを起こす・・・という弱さを持った親への育児支援でもあり、そういう人の子どもの「安心・安全・健やかな生活」を保障するのが福祉。 


まあ私は心が狭いので「お前人のこと全然言えないだろうがー!!!!」と思いますけど、そこはお仕事なのでね。下げたくない頭も下げます。 


そして息子の謎の言動「チョンチンダンゴン」って何・・・?
水鉄砲のことを言っているのですが、マジでどこから出てきたのか謎。
聞き返したら、発音を直されたので、彼の中では「チョンチンダンゴン」らしいです。
可愛いですね! 




このページのトップヘ