圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: 保育園

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


コメント欄にて多くの体験談・ご意見ををありがとうございました。
見ていると「え、まじでこの園やばい」と思うようなところも多い反面
先生たちが丁寧にプロセスを踏んで話をしてくれたところもあり・・・
障害の理解って結局「どれだけ寄り添う気持ちがあるか」なのかなと思いました。

もちろん寄り添う気持ちが生まれるためには、園のサポート体制がしっかりしていることや
知識技術があって対応可能なスキルがある事も大切です。
自分の手に負えない、どう対応して良いか困り果てている子に心から寄り添うのって難しいですもの。

もちろん「何とかしてあげたい」「自分はどうしたら良いのか」と前向きになれる人もいますが
「もうどうして良いかわかんない!!」と嫌になってしまう人もいる。

でも一方的にダメ出しだけを伝え続けて「何とか気づいてもらおう」みたいな態度は
やはり問題だよねと思います。


本来なら先生が困り果てる前に
学ぶ仕組みが整っていたり
受け入れ体制がしっかりしていて
管理職もそれをきちんと理解しているのがベストなんだけどね。



ちなみに私立幼稚園などは加配申請関係の締め切りが早い事もあり
入園早々にこういう話をして診断をとってもらわないと加配がつけられないらしいので
信頼関係ができる前に「あれができない」「これができない」みたいな話をせざるを得ないから
炎上しやすいだろうな・・・と思います。
大変だろうな・・・全然親しくない入園したての親に「ちょっと加配を・・・」とかいうの・・・

  

あと今回の記事も「私はそういうつもりではやってません」と思う方もいるでしょうが
そこは人それぞれなので「全ての先生がそうだとは表現しておりませんのでご了承ください」ということでよろしくお願いいたします。 
それでも表現の仕方が気に触るのであればブロックして見ないことをオススメします。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7

イラスト9

完結!!!!!!! からの質問ですみません。
もしお答えできる方がいましたら、コメント欄でお答え頂けると
今後の保育が良くなるんじゃないかなあと思います。
 
でもこの手の話って悪気はなくても、タイミングや言い方をミスって大きく傷つけたり、トラブルになることもある訳ですが、事前に「あ、こういうやり方したら傷つく人多いんだ・・」「こういう感じなら割と受け止めやすいんだ」みたいに知っておくと、予習になると思うのです。

なお、この私の過去話についてですが
「なぜ息子の障害に気づかなかったのか」など色々質問が来そうなので
先に言っておきます。 

息子は運動・言語などの発達は通常。(手先は少し不器用ではあったけど、最近は普通。)
ただ集団の場では気が散って&切り替えが苦手で行動遅延をするタイプなので
園からの指摘で療育につながった経緯があります。
(まあ何か怪しいからマークしとこうかな、くらいは思ってましたが) 

まあ今回は「親」としての私の話なのでお説教はやめておいてください。 
そして「あなたはこう振る舞うべきです!」みたいなアドバイスはやめてもらえると嬉しいです。  
(自分のアカウントで、自分の理想の人間を振る舞って賞賛された方が楽しいと思うので、是非ご自分のところでどうぞ!) 

イラスト

イラスト10

イラスト11

イラスト12

イラスト3

イラスト2

イラスト4

イラスト5

さて皆様。この話ですが・・・
質問をくださった保育士さん、そして療育サイドの私、親の気持ち。
それは、個人・事業所・園によって考えや捉え方の違いがあるものです。
そして正解のないものです。
(※加配基準については正直詳しくないのでなんか違ってたらすみません。診断なくても加配がついている事もあるので、園のやり方や自治体に左右されるのかも。)

これが全ての保育士・療育・親の総意とは決して表現しておりません。
くれぐれもご了承ください。 

「療育スタッフですが診断は必要です!診断いらなく思っているみたいに書かないでください」
「保育園勤務ですが診断は特にいりません。みんながみんな診断を取らせようとすると思われたくないです」など怒りのコメントを炸裂しないで頂けるとありがたいです!

私は「診断の有無に限らず、その子を見極めて支援するから、あってもなくてもどっちでも良いよ。」というスタンスだし、この保育士さんは「支援や理解の為に診断が欲しいな」と思っているだけです。
そこは考え方の違いなので、自分と違っても「ふーんそうなんだ」と思っておいてください。

もちろん「私の園は診断あった方が支援しやすくてありがたないな〜」「自分は診断なくても支援受けられたからどっちでも良かったよ」など感想や体験談として頂くぶんには全然構いません♪

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト5

イラスト6

   

これを機に追い出したいのかな?と思うくらいに
「他に息子ちゃんは何か言ってないですか?」と聞いて来られました。

なので息子ちゃんの発言は全て伝えました。(虚言もあると思うけど)

と言うか元々は担任の先生が「息子ちゃん、〇〇先生とはトイレ嫌がるんです。」と言ってきて
それを元に名前を把握していました。
絶対その先生の事嫌いだろ。


まあここで「良い先生なんですよ!誤解です!」と言うスタンスで来られても
じゃあなんでそんなに嫌がってんだよとなるので
正直に色々教えてくださってよかったです。



ちなみに息子ちゃんは担任の先生は大好きで(去年の持ち上がり)
好きすぎて家でずっと真似をしています。

若いのにしっかりしていて、保育園内で息子ちゃんを唯一動かせる先生です。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

いや絶対にお互いがお互いの現場に入って
2〜3日体験してみたら
凄い良い支援ができると思うよ。
(訪問でチラ見してあれこれ言うだけでなく、その現場に職員として入ってみると全然違う)



そういうのもやった事あって
加配として入ったりもしたけど

「あ〜集団生活しんど〜い!!!!なんで皆(他の先生)こんな地雷を踏み抜くんだ〜!!!」
「療育だったら活動の流れで動かせるのに〜!!全然動かね〜!!!!」
「 ていうか療育だったら他の先生がめっちゃ良いタイミングで協力してくれるのに〜!!!!」

と頭を抱えまくり
集団生活の加配保育士さんってマジで大変だなという感想に行き着きました。
(加配でなくてもフリーの先生も似たような悩みは抱えているかも知れない。)



そして療育ってめっちゃ環境整ってるんだな、ありがてえなと思いました。



でもさ、環境整えるのって別に定型の子にとっても悪い事ではないし
わかりやすい活動、指示も良いと思うんですよ。
定型の子でも「あ、全然話聞いてない」「絶対よく分かってないままやってるだろ」という子はたくさんいたので、 全ての子において療育的環境はプラスじゃないかな?
 
だから、そういう意味で療育の勉強をすると
多分クラス運営が楽になると思うんですよね。

時間がないんです!!!とお叱りを受けそうですが
まあ理想論として適当に聞き流してください。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


実際グレーゾーンと呼ばれる子や、知的な遅れがない発達障害の子の話は
よく耳にしますし、増えているのかなと思います。
(増えたのか、発見率が上がったのかは分かりませんが)




「親御さんは気付いてないので指摘していません」
「でもそういう子が多くて対応は大変です」
 
みたいな声をよく聞きます。 



でも私の性格が悪いのか、偏見なのかという所ですが
「何であんなやばいのに親は気づかないんだろうね〜(笑)」みたいに
心の声が聞こえる時もあります。実際の声にしろ、SNSなどにしろ。

 

そら気づかないよ!!!!

知的な遅れがない発達障害の子は
集団や人間関係でつまづくのはあっても
家庭ではさほど問題を感じないことが多いもの。 
特に大人しくて一人っ子だと余計に分からないよ。
 


むやみに発達障害の可能性を告げる必要はないかもしれないけど

「対応に個別的な配慮が必要になっている」
「今後困ることが予想される」
「明らかに何らかの障害があると思われる」

となったら
そこは慎重に少しずつ親とも話をしていかないとダメでは?と思います。 



あと親も実は全然気付いてないってこともなくて
「どうなんだろう?でも先生に相談してその可能性を言われるのも怖い・・・でも・・・」って
迷っている方も多いと思うんですよね。

 

保育士や教員は現場で子供をうまくさばけるからって
育児もそれと一緒と考えたらいかんよ。
育児と保育教育は違うんだよ。
 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7



〜おまけ〜
イラスト6

園によってルールは違うと思いますが
「何で汚れてないのに着替えるの?」みたいな時間で着替える園ありますよね。

帰りに綺麗な状態で帰れるように・・・という配慮だったら
うちはむしろ泥がついた状態での帰宅でも構いませんくらいだし(周りにつかなければ)
保育園の帰りなんて暗いから何でも良いよ・・・!

乳幼児は着替えの練習的な意味もあるかもしれませんが
トイレで散々脱いだり着たりをやると思うからそれは別に・・・ねぇ?



お昼寝のお布団に入るから新しい服に着ようというなら
まあ分からんでもないかな〜・・・。

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

同じ子なの?と言うくらいに評価が違います。
前の園では「もうこんなんじゃ年少厳しいです(療育いけよ)」「また息子ちゃんだけ動きませんでした」みたいな感じでしたが、今は集団の流れに乗って、問題なく動いているらしいです。

友達ともよく関わっている様子。
家でも友達や先生の名前を言うことが増えてきました。 

担任の先生のニュアンスだと「心配いらない子だと思うよ」という様子。




私的には「ここまで環境と人に左右されるんだな」と思いました。
多分前の保育園に戻ったら、また動かない男に戻るんでしょうね・・・(笑)
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト6



〜おまけ〜

イラスト5


数ヶ月前の息子ちゃんは乗り物アトラクション(ミニ遊園地とかの)に乗ると
もう一回!と降りたくない!がすごかったので 
我が家では封印されていましたが

最近約束したことを守る様になって来たので(守りたくない事はそもそも約束しようとしない)
約束した上で乗ってみたら
ちゃんと順番を待ってスムーズに乗降できました。成長!




さて本題ですが
友達の真似でやり過ごしているタイプの子はよくいまして
さほど先生を困らせないタイプです。

なぜなら真似して動く時点で
協調性があって切り替えが良いタイプだから。

なので問題視されにくかったりしますが
よくよく観察してみると、できている様でできていなかったり
同じ様に動いている様で、実は全然理解していないままだったりと
フォローしなきゃいけないことはたくさんあります。


 

なので個別で「その子が本当に理解して行える様に」「わかる様に」していくことが必要です。



これを園の先生に「え〜集団ではちゃんとやれているのに、療育ではそんなフラフラして取り組めないんですかぁ〜療育って必要なんですか〜」とか言われたら腹たちますが、「実はフォローしてあげたくても手が回らなかったので助かります」と言ってもらえる方が多いですね。
 
 

 

このページのトップヘ