圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: その他

1

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


イラスト9



第一話「思ってたのと全然違う!?〜ダウン症〜」
第二話「教科書はただの紙!?〜自閉症〜」
第三話「この子障害児なの?〜IQ120の自閉症〜」
第四話「君は忍者か!?〜ADHD〜」
第五話「あなたが唾を吐く理由〜問題行動〜」
第六話「親も支援するの!?〜保護者〜」
第七話「天使の笑顔は眠らない〜アンジェルマン症候群〜」
第八話「冷蔵庫に鍵?〜プラダーウィリー症候群〜」
第九話「お互いの壁〜療育現場と幼稚園〜」
第十話「他の子は平気だったのに〜指導が心を傷つける〜」
第十一話「それでも僕は〜本当の支援とは〜」


みたいな感じで放送して欲しいのですが
いかがでしょうか?
絶対視聴率取れるだろと確信しております。



今まで知的障害ありの自閉症の育児話は
結構あったと思うのです。
代表的なものでいうと「光とともに」など。

もちろんそれも自閉症の認知度を大きく引き上げた作品なのですが
支援者目線で描くことで
色々な障害の子が登場できるし
現場の気持ちや支援の難しさも
知ってもらえるんじゃないかなーと思います。 



なんというか教科書通りの対応してもうまくいかないことのが多い世界で
その中でも信頼関係を作りながら日々奮闘するしかないし
保護者も色々な方がいて、色々な気持ちを抱えているので
そういった背景をとらえずに一方的なアドバイスをして傷つけることなど

そういったことを世間に知って欲しいですね。
 

そして1期がヒットしたら
舞台は放課後等デイサービスにいき
学齢期の問題を扱う。。。みたいな。


そういうの!!!!誰か作って欲しい!!!!!
原作やるから!!!!! 

今まで名前があるような無いような感じでしたが、今後のHNは「ゆり子」に統一しようかと思います。

よろしくお願い致します!

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



旦那ちゃんから「あなたは一回NPOや社会福祉法人でなく、株式会社にも行った方がいい」と言われている私です。

あの全国展開している最大大手の児童発達支援の企業とか気になっていますけどね。
グーグルでトップに出てくる・・・。



それはさておき
福祉や保育、教育の世界って
なんかやばい人がずっと残っている現象ありますよね。

そしてずっといるから何となく地位も上になってて
でも現代に合わせてアップデートされないまま仕事しているから
周りがやりにくくて仕方ないとか、苦言は来ているけど
なんか皆言いにくくてスルーしているとか

そういうしょうもない現象が多々起きている訳です。



私も仕事ができる訳ではないし
支援も知識もまだまだなので
「やばい、まだよく分かっていないジャンルの障害とかある」と
焦って勉強している最中です。



だってもう年齢的(三十代)に
「教えてもらってないから分かりません」
とか言えないし。
 
そう考えると二十代のうちに色々聞いときゃ良かったですね。

でも自分の知識・技術のなさって
やればやるほど分かってくるものだから
自分で勉強して行ったり
その道のすごい人に聞くしかないんですよね。
 
本当にペーペーだなと反省する日々です。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

ついつい「これくらいの量を食べて欲しい」と出したくなりますが
ダラダラ時間をかけてアレコレ言われながら食べるより
本人が集中して食べきれる量で出して、それで足りないようなら「おかわり」にしましょう。
 
その方が本人の達成感もあるし
大人のストレスも減ります。


イラスト8
イラスト9

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

「そんなデリケートな話絶対にしないでください」
「子供にはまだ障がいの事を言っていないので絶対にやめてください」
「いじめの原因になる」
と思われる方もいるでしょうし

「いい機会だからきちんと教えてあげてください」
「いろいろな人との接し方を考えて欲しいから」
と賛成してくださる方もいると思います。
 

どちらが良いとかではなく
考え方の違いでありますし
話すべきタイミングと環境はあると思うので
段階を踏んで少しずつ話していくのが良いんだろうなあと思います。


やってみたいですけどね。
なんなら障がい関係だけでなく
精神疾患の話とかも知っていて損はないんじゃないかなと思います。
それこそ誰にでもリスクはあるので・・・。

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


続く!!!!!


まず、身体障害者の方の講演は
すべてが単なる一時的イベント化してる訳ではなく
本当にこどもの心を打つようなものもあります。

でもなんだろう。
やはり他人事ではあるんですよね。

男性の妊婦体験も
一時的に重りをつけただけで
妊婦の真の大変さなんてわからないし
せいぜい「重くて大変だね」なんですよ。

それと同じ空気感がある…

イラスト

イラスト10

イラスト2

イラスト3

イラスト5

イラスト6


正直な気持ちを話しますと

他害や多動のある障害児が世間から向けられる視線と
大人しくてニコニコじっとしている障害児が世間から向けられる視線は
天と地ほど違うと思うのです。


これはね、どちらが楽かとか
どちらが良いのかという話では決してないので
そこだけは頭に入れて読んでほしいのですが

双方で見えている世界は全然違うんですよ。



もちろんその親御さんたちも
見えている世界は全然違うんですよ。
(環境や性格、家族構成などの要素にもよりますけどね。)

世界って優しいな、みんな協力的だなと
感じている人もいれば
孤立無援で残酷な世界に泣く人もいるんですよ。

困っているポイントも悩んでいるポイントも
その子の課題も全く違うんです。 


だからバリアフリーとか配慮みたいなふわっとしたことを
実現するのが果てしなく難しい。

 
さて。
駅にスロープやエレベーターを作れば
車椅子ユーザーの人は移動ができるようになる。

でも聴覚過敏の自閉症の人は
エレベーターがあろうと人混みが無理で移動できない、パニックや癇癪を起こす。
だからと言って、駅の人混みをどうにかするのは無理・・みたいに
解決が本当に難しいんですよね。



もちろん物理的なバリアフリーもけして簡単なことではなく、お金がとんでもなくかかるし
建築とか入る問題なので

簡単に「じゃあ作りましょ」とはならず
たくさんの人の声や時代の流れがあったから少しずつ整備されて来たことなんですけどね。それでもまだ大変だと思います。
すべての建物がそうではないので…
 

バリアフリーって簡単に使うけど
め〜っちゃ大変ですよね。 

 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3


イラスト9

4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

まず!!!
ADHDだからこう、自閉症だからこう・・・と
全ての子がそうと決めつけた話ではないと宣言しておきます。

それらの診断があっても外出でさほど困らない子もいるし、なんなら診断がないグレーゾーンでもめっちゃ外出が大変な子もいます。

代表的な例として描いてるだけで
困りポイントは各々です。

★あと「発達障害だけでなく、〇〇の障害も外出は大変です。」と言うのは
一旦置いて置いてください。

1

3

4

5

6

7

8

9

10

11


トレーラーハウスは息子が大はしゃぎでした。
別荘というか秘密基地感もあり
かつ意外に広めなので数泊泊まるくらいには全然おっけな感じ。

これコテージのように使って
食事はこっちが作って運んであげて
こどもを預かって欲しい時は
本館に連れ出してあげれば
成り立つのでは?と思いました。

ご飯も最初に全員出すか、後から親の分は運ぶか選択式だと良いかなーと旦那ちゃんと話しました。
冷めた肉とか美味しくないしね…

ちなみに本館にはプレイルームや大浴場。

プレイルームには
トランポリン、滑り台、プラレール、ブロック、おままごとセットなどが2セットずつ。
(順番待ちがストレスになるので基本的に全て2個ずつ)

プレイルームの横にお風呂を作って、ママパパがゆっくりお風呂に入ってる間はずっとトランポリンではねていてもらい、そのまま疲れて寝てもらう予定です。(絶対そんなすぐ寝ない)

あとは本部みたいなのがある予定です。

あとお庭にはプールと
機関車の乗り物とブランコを置きたいです。

こういうの考えるの楽しいよね。 

このページのトップヘ