圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

カテゴリ: 息子の療育関係

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

やっと決まったー!

療育先決定の決め手は
「息子がその場に馴染んで先生と楽しく遊べること」でした。



療育のことをしっかり分かっていて
発達支援に関する知識や技術がきちんとあるのか、という点では
「うーん・・・ちょっと微妙かなー」というところもあったのですが

多分どこの事業所に行っても私たち夫婦は気になるポイントが出て来るし
事業所によって思想も違うので(宗教が違う様なもの)
息子ちゃんの反応で決めようとは思っていました。



あと息子ちゃんの支援自体が
正直そこまでの専門性を要するものでないので(多分)
なんか似たような友達と楽しく活動して、所々で座って集中する場面があったらいいかな位に
思っています。
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


★心理検査の記事はこちら!

この検査の一ヶ月後の診察でした。

心理士さんが行った検査の結果をふまえて医師からのお話…でしたが、私が「こうだと思うんですよね」と心理士さんに話した内容をそのままアドバイス・検査結果として聞かされるという事態に。

???と思ったけど
きっと意見や見解が一緒だっただけだよね。

どうなんや…???

イラスト7

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト9


運動・認知・言語で
どれくらい凸凹があるか知りたかったのに
野生動物と化したおかげで一律低く出ました。

くやしー!!!!!!

でも発表会と同じで、本番が全てなんですよね。
そこで発揮できないことが課題なんだもんね・・・(まだ引きずってる)


このような検査で情緒が崩れて全然できなかった話は
あるあるかと思うのですが
自分の子だとめっちゃ悔しいですね〜。


皆様もこういうのありました? 

イラスト4

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10

イラスト11

イラスト12

イラスト13

イラスト14

あともう少しだけ続く!!!!!!!




「この子は診断つくのか?どうなんだ?」が気になってしまってましたが
別に診断がつくかどうかは重要でなかったですね。

これに関しては旦那ちゃんも「診断いらないと思うよ。前の園だったら必要だったと思うけど。(診断持っていかないと塩対応されそうだから)」とのこと。

お医者さんも「いらないと思う」とのことなので
心理検査だけ受けて
療育が必要とジャッジされたらそれに従おうと思います。

療育は診断がなくても受給者証が発行されたら通えるので・・・。




仮に療育も診断も両方いらんとジャッジされても
「あ〜よかった!定型発達だったのね!」とせずに
「いつかはまた必要になるかもしれないから、リスクは頭の隅に置いておこう」「今は良い環境だからうまくやれているけど、今後環境が変わったら分からないよね。」と夫婦間で話しています。

だってまた前の園に戻ったら(戻らないけど)
また元の息子に戻ると思うので・・・。 



まあでも良い先生の時は落ち着いてて良かったけど
クラス変わったらヤンキーになったとか
その逆にヤンキーだったのに大人しく良い子になったみたいなパターンは
珍しくないので

子供って人と環境にめちゃくちゃ左右されるんですね・・・。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト8

イラスト6

イラスト7

イラスト9

続く!!!!!!!!!




〜こちらはおまけ〜
イラスト10


※明後日公開だった筈の記事(その③)を誤爆して削除しています。
紛らわしいことをして申し訳ありませんでした。

**************

息子ちゃん2歳10ヶ月。
この診察室のお医者さんだけでなく
待合室にいた子にも微笑みかけたり、話しかけたりと
ま〜じで人見知りしない息子ちゃん。

する時はするんですけどね・・・。
今の保育園とか初見学時(先々月)は入ろうとしなかったし
場に慣れるまでモジモジしてました。

でも彼は転園という荒波を越えて
さらに入園早々にお遊戯会に参加したことで
度胸がついたようです。
(距離感0に拍車がかかったとも言うけどね・・・!)



でも療育センターにいる親子は
息子が距離感0で「へい!君の名前はなんて言うんだい??」みたいなテンションで来ても
許してくれるだろうし気楽です。


療育センターはこれで2回目なのですが
場の空気感に安心するのか
落ち着いて過ごしていて良い感じ。




イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト5

イラスト4

イラスト6

イラスト7




〜おまけ〜
イラスト8


終わり!!!!!!



発達相談という名目でしたが
アセスメント(聞き取り)のみでした。



妊娠期〜新生児期〜乳児期〜現在という様に生育歴を追いつつ

生活の状態(引っ越しの理由、住宅環境)
発達の状態(運動・言語・身辺自立・食事など)
持病の有無や通院歴

などの聞き取りでした。

 


1時間くらいで
その間息子ちゃんは部屋にあるオモチャで遊んで居ました。


所々でワーカーさんが息子に声をかけて質問したり・・・という感じ。
漫画にあるように階段の上り下りとかも見たかったんだろうな・・・。

でもエレベーターで行くとなったら、「下のボタンを押して」とか「ここで待ってて」とか色々言って指示理解を試して居たので、どちらの分岐に行っても何かしらのイベントが起こる仕組みでした。
息子は空気を読んだのか、ちゃんと言うことを聞いて動いてました。

 


次回は診察になりますね〜。
来月か再来月かな?? 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


こんなにも「何言ってんだこいつ」という気持ちがにじみ出た真顔を
私は見たことがない。 

ちなみにこの療育センターシリーズが終わったら
新しい保育園に行った話を書こうと思ってます。 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5


これ聞く必要ある?というくらいに細かかったのですが
妊娠中のトラブル由来の障害とか、親の方向性とかまあ色々あるからね・・・。

ミルクか母乳かも哺乳力とかその辺のあれで聞かれるけど、妊娠・出産・産後の話題ってデリケートなものも多いから、答えたくない人はいるだろうなって感じ。



イラスト6

イラスト7

イラスト8


続く!!!!!!!



ちなみに書類を忘れたのは完全に私の自業自得で
余計な手間をかけさせて本当にすみませんでしたという気持ちです。
そらイラっとくるよね・・・。
その後しばらく目を合わせてくれなかったので、ビクビクしてました(マジで自業自得)
 

 

このページのトップヘ