圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:イヤイヤ期

イラスト

イラスト2

3

イラスト4



いやまあこの数時間後に
グダグダやられてカッチーンときているのですが(笑)
 

障害者(成人)の癇癪は
ドアやらテレビやらが破壊されたり
スタッフが流血沙汰になって運ばれたりしますし



障害児(子供)の癇癪も
大きくなってくると大変。

乳幼児ならピーピー騒いでもひょいとかついで連れて行けるし誤魔化せますが
ある程度年齢がいくと体のサイズ的にも、メンタル的にもそうはいかない。



まだ2歳の息子ちゃんは
癇癪やイヤイヤ・・・と言ってもそんなに長くないし
大暴れする訳でもないし
まだまだ誤魔化しが効くので何とかなってます。(腹立つ時はありますけどね!)



 

イラスト9

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4


関連記事
療育保育士が家庭内療育してみた
これをやって切り替えがめっちゃ良くなったんだよ・・・ついこの間までは・・・

***********

さてさて。

真冬の寒空の下
12キロ(1歳当時)を抱えて
延々と眠い中徘徊するのは地獄ですよ!!!!! 
病みますよ!!!!!!!

でも当時はこれでしか夜泣きが収まらなかったんですよね・・・

2歳になってこの地獄が終わり(春がきたのもある)
我が家のQOLは爆上がりしました。

やはり睡眠って大切だよね・・・。



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8



トイトレはできないわ
噛みつきは気がつかないわ
今回みたいなことが起こるわで

やっぱこの保育園ダメなのでは?と思いつつ

先生の真似をしてやったという確証がないので
はっきりと文句が言えない。



と言うか実際やっていたとしても
2歳のやる事なので「心当たりはないんですけどね〜」「お友達の真似ですかね〜」で
誤魔化せちゃうし

まあ実際その通りかもしれない。




でも頭を押さえつけて「ごっくん!」って
子供がやる動きでないし(かなり強くテーブルに押し付けようとしていた)
大人がやっていないと出てこない気がして

迷った挙句にこのようなノート記載をしておきました。



これを見て「まさかやってねえだろうな?やってたらアウトだぞ。」と解釈できず

「そういう時は注意した方がいいですよ!」とか
「そんな動きするなんて発達怪しいですよ!」とか言われたら

マジで気が遠くなるな・・・と今から頭が重いです。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4


気づけばすっかり「おばちゃん」側の年齢になりました。
心理的にずっと「子供」側のつもりでいますが
もう招かれる側から招く側に・・・。


2歳息子は最近「他者を気にする・心配する」ということが増えまして
大人の真似ながらも漫画のような行動が多くなってきました。

(ということは私が田舎のおばちゃんのごとく
息子に声をかけまくってんだろうな。) 


共感性や模倣が育ってるな・・・と感じております。


でも「いらない」と言われても
「どうしてもあげたい」が先行して貫いてます。



基本的にはいつでも親切には答えて
くれるものは貰ってあげたいけど
時としてべちょべちょの食べかけの何かとか
くれるので・・・
 
「え?これ食うの?食わなきゃダメ?」みたくなります。






前回の記事はこちら
療育保育士が家庭内療育してみた。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




いや本当嘘みたいな話ですが

朝の散歩をする前は

保育園から出すのに一苦労、風呂に連れてくのに一苦労、全然着替えようとしない、保育園からのダメ出し連続(これもどうなんだ)・・・という状態で
あまりの切り替えの悪さに「ADHDとかグレーゾーンかな?」と思ってたのですが

最近はまだ若干切り替えの悪さは残るものの
かなり薄まったように感じます。

 

切り替えが良くなったので
行動が早く進んで助かります。

例えば、以前は風呂にこぎつくのが20:20頃だったのが、今は布団に入るのが20:00過ぎみたいなくらいに短縮されました。 

ありがたい〜!!!!!!!



あといろいろな場面で「〜したい!」と無茶ぶりがあるのですが
「〜だからダメよ」で納得したり
「〜したらにしようね」で約束ができるようになりました。



買い物もめっちゃ楽になった。




成長のタイミングだったのかもしれませんが
効果が大きすぎて
しんどいけど朝の散歩やめられません。



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト8

イラスト6

イラスト7




〜おまけ〜

イラスト9

過去記事参照
実際のダウン症とお尻
↑今回はこれをもう少し丁寧に解説しました。

*********

ダウン症の人は一見陽気でノリが良くて人懐っこいです。
なので施設実習生やボランティアをよく当てがうのですが、頑固スイッチが入ったら、まず実習生では動かせない。

それも「え〜そこ〜!?」みたいな所で
急に怒り出して座り込むとかザラなので
癇癪を予測しにくい事がよくあります。



思い込みや勘違いもしやすいし
言葉も饒舌に喋れる訳ではないから(人によるけど)
うまく意思を伝えられずイライラもするんだろうなと思います。
 



幼稚園や保育園の集団では
体の疲れやすさや知的理解の関係で
みんなについていくのは大変な場面も多いし
「自分だけできてない」と気づくと嫌になっちゃう事もあります。 



家庭では「気づいたらやりたい放題になってた」「気づいたら王様状態になっていて自分では何もしなくなってしまった」というパターンも珍しくありません。
結構育児の仕方が難しいし、修正が大変なんですよね。



もちろん子供によって性格が違うので
暴れん坊タイプから受け身な子まで様々ですけどね。



ダウン症の子も色々あるのですよ〜。


**********

※ドメインの関係でリンクがうまく飛べない人や
エラーになる人がいるかもです。
修繕中なので少々お待ちいただけると幸いです。




 

このページのトップヘ