圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:オムツ

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

66

イラスト7

イラスト8



私はトイレ自体は個人のペースや家の事情もあると思うので
「〜歳までに外さないとならない」とは考えていませんし

「2歳だから」「3歳だから」と言って、トイレが嫌な子や怖がる子を相手に
無理にトイトレを進めるのも良しとは思っていません。


 

ただ保育士として2歳児クラスに入るなら
どうトイレに興味を持たせるか
どうしたらトイレに行けるようになるかを考えて

子供が「トイレ行こうかな」と思える誘い方や
気が変わるような声掛けで
トイトレを進めていかないとならないと思っています。



そもそも我が家は
家で布パン、トイレに行く習慣をつけるよう時間誘導してそこそこ成功している…という状態。

これで家でもトイレに行かない、どこのトイレでも怖くて無理!という状態なら取り組まないのも納得ですが…
何故保育園が取り組まない??



例えて言うなら
ご家庭では「今日は疲れたからお惣菜やコンビニ!」とか
「好き嫌いなかなか進まなくて〜。つい好きなものばかり出しちゃいます。」でも全然いいと思うけど

保育園が
「今週はコンビニ弁当で〜す」
「給食のピーマンは子供が食べたがらないので、一切食べるように勧めてません!お互い疲れるんで!」だと
プロとしてダメじゃない?ということです。 




ちなみに我が家ではここに至るまでに
「オムツだと自分からトイレ行かないけど、布パン時は行くことが多いです」
「 〜〜と言う声掛けをしたら、進んでトイレに向かいました」
「今日は夕方まで失敗なしでした」みたいに

せっせと連絡帳に書いていました。
半年くらい。

でも保育園はトイレに連れて行かないので
休日頑張っても平日が完全オムツだから
進んで戻る・・・進んで戻るを繰り返してトイトレがなかなか終わらない状態です。

保育園がトイトレをきちんとする園だったら
おそらく7月頃には取れていたと思います。息子の状態を見る限り。


 

普通逆なんですけどね。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



〜おまけ〜
イラスト7

大浴場やプールは「オムツの取れていないお客様はご遠慮ください」となっているのですが
障害者団体って・・・正直何人か入っちゃってることが多いと思います。

もちろんどこもそうという訳でなく
基本的にオムツの人はやめると思いますが(そう信じたい)
昔、オムツの子も普通に入れちゃってたな〜・・・と。
(私がいたところが民度低かったのもある)


ホテルの大浴場やプールって
一般の人は高いお金を払って
休息・余暇・リラックス目的として来ている訳なので

ただでさえ叫んだり跳ねたりしている賑やかな団体が
マナー違反までしていたら
めっちゃダメだな・・・と思う訳です。 



障害者の差別とか
場所の選別という話では決してなく

やはりマナーを守ることが厳しい場所へ連れていって
障害者だからあるあるだよ〜ちょっとくらい良いでしょ〜の気持ちで行くのは
余計に障害者への偏見・差別を生んでしまうのかもしれない。 




だって「今日はプロポーズのために高級フレンチ、ドレスコードの店を予約したぞ!」というのに
小さい子が走り回って大声出していたら
「なんでここに連れて来たの!?」となるじゃないですか。


 
 
もちろん障害の有無に限らず
レジャーは楽しむべきだと思いますが

ルールはルール、マナーはマナーなので

多少大きい声出しちゃうくらいは「すまんけど堪忍したってや」くらいの気持ちですが
明らかにルール違反をさせてしまう場所に
あえて連れて行くのは
やっぱダメですね。 




このページのトップヘ