圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:グレーゾーン

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


子供が動く・動かないは信頼関係が前提となりますが
スキルの1つとして
子供に指示が入りやすい「声」
子供が動く「促し方」「タイミング」が感覚的に分かっていると
はじめましての子供でもある程度は動かす事ができます。
 
あとは見えない圧力ですね。
迷いのない明るい声の中に「絶対にやらせる」と言う覚悟?
そんな感じのものを混ぜ込みます。 

まあでも漫画にもあるように
一斉指示のような子供に通る声は「集合住宅ではうるさい」。
要注意ですね! 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

生活リズムの改善で
根本的な情緒状態を底上げし
良い覚醒状態で園に送り出すこと。

これをやることで日中の過ごしが改善され(変化はまだ微々たるものだと思いますが)
夜の眠りの質が良くなります。
 
グレーゾーンや軽度の子、定型発達の子の方が変化は早いかもしれませんね。 

私が普段相談を受けたとき「生活リズム!」と口うるさく言うのは
これくらいの変化が生じるからです。

まあ続けるのは大人の覚悟がいるのですが(去年も結構変化は生じましたが、天気の悪さや体調の問題で中断してからズルズルやってませんでした)
やっぱりやると違いますね。

環境適応や切り替え自体が変わります。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

やっと決まったー!

療育先決定の決め手は
「息子がその場に馴染んで先生と楽しく遊べること」でした。



療育のことをしっかり分かっていて
発達支援に関する知識や技術がきちんとあるのか、という点では
「うーん・・・ちょっと微妙かなー」というところもあったのですが

多分どこの事業所に行っても私たち夫婦は気になるポイントが出て来るし
事業所によって思想も違うので(宗教が違う様なもの)
息子ちゃんの反応で決めようとは思っていました。



あと息子ちゃんの支援自体が
正直そこまでの専門性を要するものでないので(多分)
なんか似たような友達と楽しく活動して、所々で座って集中する場面があったらいいかな位に
思っています。
 
 

イラスト 23.02.20

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6 23.02.18

イラスト7

イラスト8

イラスト9

だいたい年少〜年中あたりで発症して
年長くらいに治ってくる印象ですが
まあやはり障害児の方が長引くし、癇癪の度合いも大きいです。

親御さん的には「こんなにいちいち怒って友達なくすんじゃないか」「うちの子だけではないか」と心配になるかと思いますが、私はしょっちゅう1番病にかかった子を見かけるので全然少数派じゃないです。
でもね、段々落ち着きます。

それがどれくらいかかるかは個人差がありますが
負けるたびに物を壊したり破ったり
叩いたり噛みついていた子も
段々そんなことはしなくなります。

それは経験の積み重ねであったり
自分なりの気持ちの納め方をわかってきた結果であったり
心の言葉の成長であったりしますが
大抵はいつかは消える病です。


イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


★心理検査の記事はこちら!

この検査の一ヶ月後の診察でした。

心理士さんが行った検査の結果をふまえて医師からのお話…でしたが、私が「こうだと思うんですよね」と心理士さんに話した内容をそのままアドバイス・検査結果として聞かされるという事態に。

???と思ったけど
きっと意見や見解が一緒だっただけだよね。

どうなんや…???

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4





〜今日のおまけ〜

イラスト5


初診時は旦那ちゃんに電話で予約を取ってもらったのですが
その時も電話がなかなかお互いに繋がらず
数日かかったそうです。(かかってきても仕事で取れない、掛け直すと相手が仕事でいない)

アプリじゃだめ?

育児情報アプリは沢山あるけど
療育に関する情報アプリがあるといいよね。

アプリでそのまま予約まで取れるみたいな。(調べてないけどあるのかな?)
 

イラスト4

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10

イラスト11

イラスト12

イラスト13

イラスト14

あともう少しだけ続く!!!!!!!




「この子は診断つくのか?どうなんだ?」が気になってしまってましたが
別に診断がつくかどうかは重要でなかったですね。

これに関しては旦那ちゃんも「診断いらないと思うよ。前の園だったら必要だったと思うけど。(診断持っていかないと塩対応されそうだから)」とのこと。

お医者さんも「いらないと思う」とのことなので
心理検査だけ受けて
療育が必要とジャッジされたらそれに従おうと思います。

療育は診断がなくても受給者証が発行されたら通えるので・・・。




仮に療育も診断も両方いらんとジャッジされても
「あ〜よかった!定型発達だったのね!」とせずに
「いつかはまた必要になるかもしれないから、リスクは頭の隅に置いておこう」「今は良い環境だからうまくやれているけど、今後環境が変わったら分からないよね。」と夫婦間で話しています。

だってまた前の園に戻ったら(戻らないけど)
また元の息子に戻ると思うので・・・。 



まあでも良い先生の時は落ち着いてて良かったけど
クラス変わったらヤンキーになったとか
その逆にヤンキーだったのに大人しく良い子になったみたいなパターンは
珍しくないので

子供って人と環境にめちゃくちゃ左右されるんですね・・・。
 

このページのトップヘ