圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:保育園

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト6

イラスト5

イラスト8


福祉や保育のクソ運営あるあるとして

「人が辞める割にきちんと補充をしない」
「指導に問題あるスタッフに何故か甘い」
「昔はもっとこうだった(サビ残や休日出勤なんて当たり前)と言いがち」
「現場から意見が出ても、現実的には対処しない」
「素直に謝罪した方がいい場面でも変に誤魔化して騒ぎが大きくなる」
「一般社会や外の世界を知らない」
「親族経営で空気が悪い」

がありますがいかがでしょうか。 



運営はマジで大事ですよ。
運営する人によって、現場の空気が180度変わるし
支援や保育の質がまるで変わる。



なんでこうなるの?と言うと
もともと現場気質で
保育や支援は得意だけど
そういう方面の仕事は苦手だからなのかと思います。

あとは多少図太くないと生き残れない世界ですし
生き残るぶん歳をとって変な頑固さと保身が出て来るんだと思います。



余談ですが
実習生で幼稚園に行ったとき
始業の1時間前に行かなきゃならない空気で、先生たちも30分〜1時間前からいるのですが
そんなに早く来て、子供が来る前にと部屋の準備や掃除をしているのに
その時間は労働に含まれないのマジで謎だなと思ってました。
 
 
着替えの時間は労働に含まなくても良いけど
部屋の準備は労働じゃないかなー。

  


まあこの福祉保育の世界にいると色々思うところはありますが
その鬱憤を保護者や子供にぶつけてしまう先生も出て来るので
そんな方向に行く前に色々どうにかしなきゃならないし
私たち先生側も「園や事業所の問題に親子は関係ない、巻き込んではいけない」と言うプライドは必要ですよね。 

イラスト

イラスト2

イラスト5

イラスト6

イラスト3

イラスト4

年度末の3月に2回自宅待機をしているので
仕事がかなり詰んでいます。

うちの事業所は療育や面談をリモートワークでできないので・・・
そもそも自宅でできたとしても
息子ちゃんが家にいたらリモートワークとか無理。
 
今日は電話1本、メール1本送るだけで喧嘩になりました。
電話やパソコン開いたら「息子ちゃんも!」の嵐です。




これ4月になっても少し通っては休園・・・を繰り返していたら
かなり詰むのですが
きっとワーママ(事情があって保育園に預けている方も) は
みんな同じ悩みを持っているんだろうなあ・・・。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


実際グレーゾーンと呼ばれる子や、知的な遅れがない発達障害の子の話は
よく耳にしますし、増えているのかなと思います。
(増えたのか、発見率が上がったのかは分かりませんが)




「親御さんは気付いてないので指摘していません」
「でもそういう子が多くて対応は大変です」
 
みたいな声をよく聞きます。 



でも私の性格が悪いのか、偏見なのかという所ですが
「何であんなやばいのに親は気づかないんだろうね〜(笑)」みたいに
心の声が聞こえる時もあります。実際の声にしろ、SNSなどにしろ。

 

そら気づかないよ!!!!

知的な遅れがない発達障害の子は
集団や人間関係でつまづくのはあっても
家庭ではさほど問題を感じないことが多いもの。 
特に大人しくて一人っ子だと余計に分からないよ。
 


むやみに発達障害の可能性を告げる必要はないかもしれないけど

「対応に個別的な配慮が必要になっている」
「今後困ることが予想される」
「明らかに何らかの障害があると思われる」

となったら
そこは慎重に少しずつ親とも話をしていかないとダメでは?と思います。 



あと親も実は全然気付いてないってこともなくて
「どうなんだろう?でも先生に相談してその可能性を言われるのも怖い・・・でも・・・」って
迷っている方も多いと思うんですよね。

 

保育士や教員は現場で子供をうまくさばけるからって
育児もそれと一緒と考えたらいかんよ。
育児と保育教育は違うんだよ。
 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7



〜おまけ〜
イラスト6

園によってルールは違うと思いますが
「何で汚れてないのに着替えるの?」みたいな時間で着替える園ありますよね。

帰りに綺麗な状態で帰れるように・・・という配慮だったら
うちはむしろ泥がついた状態での帰宅でも構いませんくらいだし(周りにつかなければ)
保育園の帰りなんて暗いから何でも良いよ・・・!

乳幼児は着替えの練習的な意味もあるかもしれませんが
トイレで散々脱いだり着たりをやると思うからそれは別に・・・ねぇ?



お昼寝のお布団に入るから新しい服に着ようというなら
まあ分からんでもないかな〜・・・。

 

イラスト5

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

さすがに仕事を全部休めないので
実母に息子ちゃんの世話を頼んで出勤しています。

それはとてもありがたく、感謝しているのですが
やはりどうしてもジュースやアイスが増えたり、ご飯が偏ってしまいますよね。
あと「ママ!ママ!」の気をそらすためにテレビの時間が増えたり・・・
(※息子ちゃんはテレビを見ると変に興奮したり、注意散漫になりやすいです)


でも毎日外に2時間くらい連れ出してくれたり、ママ不在で不機嫌な息子の相手をしたりと
マジで頭が上がらないくらいの頑張りをしてくれているし
ジュースやアイス、テレビ時間が増えることについては構わないのですが(普通に仕方ないと思う)
夕飯の時がま〜カオス!



うちはコタツに丸太のような椅子なのですが
そこからずり落ちてゴロゴロしたり
アイスアイスで「ご飯いらない」と言ったり。

あとは抱っこ抱っこでご飯中によじ登ってきたりと

まあ分かっていてもイライラするよねー!!!!!!!
おかげで毎日喧嘩しております。(正論やアドバイスはいりません)



 
保育園できちんとした食事を食べて(きちんとした格好で)
同じ時間に昼寝をして
色々な活動で発散して

腹ペコで帰ってきて夕飯をパクパク食べるって
めっちゃ大事なんだな・・・と思いました。

そして毎日「保育園行きたい」と言っているので
保育園マジでありがいなあと身にしみてます。
ありがたいと思える事がありがたい。(転園組の思考)
 

イラスト4

イラスト5

イラスト6
イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10




〜おまけ〜

イラスト11



1月から転園して来たので
1月下旬にあるお遊戯会は「もしかしたら泣いて参加できないかもね」と
園長と話していたくらいなのですが

想像以上にちゃんとやっていました。

みんなと同じ動きをして、指定された場所に立って、楽器や歌を披露して・・・と
13分立派にやっていて感動しました。

 

つい先日担任の先生から
「お母さん。この子は大丈夫ですよ。」と改めて言われ

「え〜・・・でも前の園で11月にあんなボロクソ言われたのに大丈夫な訳なかろうよ・・」と
嬉しさ半分疑い半分だったのですが
 
お遊戯会の配信動画を見て
「あれ?息子ちゃんめっちゃアップデートされてる?」となりました。 




確かに前の園ではダメッダメだったのでしょうが
楽しいことがたくさんあって
優しいけどちゃんと教えてくれる先生もいて
息子ちゃんは変わったのかもしれませんね。


前の園もそれなりに好きそうでしたが
なんつーか「あ、今の園マジで好きなんだな。レベルが違うわ」という感じです。



ていうか転園したその月にお遊戯会ちゃんとできるの凄くないですか・・・(親バカ)

イラスト2
イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

例えば

幼稚園や保育園の集団のみでも
障害や発達の理解がある先生がしっかりついてくれて
きちんと色々教えてフォローしてくれる環境にあるなら
療育はなくても大丈夫かもしれません。

ただ療育は「その子の発達を伸ばすための、その子の為のプログラム」なので
その子の為の運動器具の設定、その子の為の手先課題の設定、遊びの設定が出せるのは
集団に比べてかなりの強い所。



またどうしても集団生活のみだと定型発達の子だらけなので
その場で活躍をする事、発言する事が難しい子は多いです。
でも療育の場では自分を出して活躍できるので、自信に繋げる事もできます。


 

とは言いつつ、療育に通うことに抵抗がある親御さんは珍しくないですし
障害や遅れがあることを認めたくない方も多いです。
 
でも別に受容できていないまま通ってくれても全然構いません。
「こんな所来たくなかったわ」「こんな筈じゃなかったのに」と思いながら来てくれても大丈夫です。

一緒にその子のことを受け止めていきましょうね、という気持ちで
スタッフは受け入れてくれると思います。 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

関連記事
ディズニーランド症候群



私は個人的に「そんなに行きたくないなら来なくて良いよ」と思うタイプです。

「きてしまえば楽しそうじゃないか」 というケースがほとんどですが
それでも行くまでの「億劫さ」の方が「楽しさ」より大きいから
行き渋るんじゃないかなと思います。

要はその程度の「楽しさ」です。
(年齢や認識力が幼くて分離で毎回泣くようなケースとは別ですよ)



どこの場所に行くにも切り替えが悪くて
行ってしまえば楽しいパターンなら
本人の「行きたくない」を受け止めすぎると引きこもりコースに
行きかねませんが

「ここは良いけど、ここは行きたくない」と明確に区別があるなら
無理に行くよりも本人に合う場所を探した方が良いかもしれません。

もちろん学校や園は気軽に変えられませんが
習い事や療育、放課後デイサービスや学童は変えられるので(気軽にでもないけど)
行かせることを頑張るより、別のことを頑張った方がいいんじゃないかな。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

同じ子なの?と言うくらいに評価が違います。
前の園では「もうこんなんじゃ年少厳しいです(療育いけよ)」「また息子ちゃんだけ動きませんでした」みたいな感じでしたが、今は集団の流れに乗って、問題なく動いているらしいです。

友達ともよく関わっている様子。
家でも友達や先生の名前を言うことが増えてきました。 

担任の先生のニュアンスだと「心配いらない子だと思うよ」という様子。




私的には「ここまで環境と人に左右されるんだな」と思いました。
多分前の保育園に戻ったら、また動かない男に戻るんでしょうね・・・(笑)
 

このページのトップヘ