圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:児童発達支援

44

55

66

77

88

99

10

11


なんか強行=知的障害+自閉症みたくなっているけど
ADHDも知的障害のない自閉症も暴れるよな〜と思っています。

ちなみに漫画の中にある力で抑えない支援は
・ルールの徹底を譲らないこと(別に叱らなくても威圧しなくても良い)
 ・本人のペースを待つこと、また切り替わるタイミングを見極めた誘いかけをして本人の意思で動くこと
 ・関係性を築いた上で楽しい時間を過ごしていくこと
かなと思います。 

今度は自傷の話などもしたいですね!!!

さてさて療育漫画「エスプレッソ・コーラ」も
強度行動障害編を掲載中!
無料で読めるのでぜひダウンロードを!

 
 ↑↑Kindleはこちら!!
※クリックするとリンク先に飛びます
 


イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト10


ADHD編終わり!!!!!!!!!
いかがでしたでしょうか??

なっげぇ!!!!

本当は10回くらいで跳び箱跳んで終わりたかったのですが
そんな簡単なもんじゃないよな・・・と思い
多方面の視点を入れていったらこんな長さに。

でも知的な遅れのない(or少ない)子の支援の難しさ
本人や家族の葛藤、支援者の悩みなどを
少しでも伝えられたのなら幸いです。

ちなみに最初の予定では 
跳び箱をとべた後にお母さんと子どもが抱き合って泣くシーンをいれようと思っていたのですが、親以外の人と関係を作って自立への一歩を踏み出す…という意味合いでは、山原とハイタッチのが伝わるかなと思いそうしました。
そして描きながら「スラダンの最後らへんにこういうシーンあったな」と思い出しましたが、バスケじゃないから許してください。

ちなみに高野先生は療育後に他のスタッフが「本当良かったねー!」「感動したー!」と言い合う中、こっそりトイレにこもって泣いてました。

山原はかっこつけて「俺は跳べるって確信してたんで!」とヘラヘラしてましたが、仕事後の打ち上げ?で酒が入ったらボロボロ泣きました。本当は成功するか誰よりも不安だったのは彼です。
でも「先生」として不安な顔は絶対見せないと頑張りました。



ここまで読んでくださってありがとうございました!



ブログ限定〜おまけの1コマ

イラスト12


このページのトップヘ