圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:児童発達支援管理責任者

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5



私のところによく来る質問として「療育先を選ぶ上で何を見たら良い?」というもの。

お子さんの状態などを詳しく聞かせてもらえれば、「あなたのお子さんだったら、こういう活動に力を入れているところが良いよ」等お伝えできますが、 基本的には複数ある中でどれにしようとなった時には記事にあるように質問をしてみると良いです。

で、答えられないor的を得た答えが出てこない場合は
お子さんのタイプが得意でない事業所だと思います。
(例:グレーゾーンの子ばかりの事業所だと重度知的や肢体不自由の子の悩みに疎い・・・みたいな感じ) 



また、答えられたとしても
事業所によって回答が違うと思うので
複数ある回答の中で一番しっくりきた所、一番丁寧にわかりやすく話してくれた所が良いと思います。

 

正直、新人スタッフは親の悩みに答えられないことも多いのですが
見学の案内をするような人は
児童発達支援管理責任者か施設長、もしくはそれなりの年数いる職員だと思うので
そのひとの答えがそこの看板だと思って良いです。

たまにその人だけ変で、他はまともで良いスタッフみたいなこともありますが
そんな変な答えをする人を案内人にしている時点で
NOが言えない事業所、不適切な支援にNOが言えないひとの集まりなので
そこもやめた方がいい。 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

やっと決まったー!

療育先決定の決め手は
「息子がその場に馴染んで先生と楽しく遊べること」でした。



療育のことをしっかり分かっていて
発達支援に関する知識や技術がきちんとあるのか、という点では
「うーん・・・ちょっと微妙かなー」というところもあったのですが

多分どこの事業所に行っても私たち夫婦は気になるポイントが出て来るし
事業所によって思想も違うので(宗教が違う様なもの)
息子ちゃんの反応で決めようとは思っていました。



あと息子ちゃんの支援自体が
正直そこまでの専門性を要するものでないので(多分)
なんか似たような友達と楽しく活動して、所々で座って集中する場面があったらいいかな位に
思っています。
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8





〜おまけ〜
イラスト7


障害者(児)福祉の管理責任者が集う研修に行ってきました。


いきなりイタチの死体が転がっていたので
誰かに「なんか死んでたよね!?」と話したくてソワソワしながら会場に向かうと
そこにはマジギレしているおじさんがいました。



スケジュールにある休憩時間の表記がちょっと変な事になっていて
「あれ?昼休憩以外はぶっ続けでやるのかな?」みたいな事に。
まあそこはミスだなと思ったのですが
おじさんがめっちゃ怒ってました。



普通に「ここってどうなっていますか?」って聞けば良いのになあと思いつつ
このおじさんは職場でどう過ごしているんだろうと気になりました。 

たまにいる破天荒タイプで
ガンガン改革する管理職とかいるけど
そういうタイプなのか・・?



でも私含め会場の人は皆さん日本人気質なので
「あれ?」と思ってもノーが言えない。
時にはおじさんのように思い切りキレ散らかすのも良いかもしれませんね!



このページのトップヘ