圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:加配

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


コメント欄にて多くの体験談・ご意見ををありがとうございました。
見ていると「え、まじでこの園やばい」と思うようなところも多い反面
先生たちが丁寧にプロセスを踏んで話をしてくれたところもあり・・・
障害の理解って結局「どれだけ寄り添う気持ちがあるか」なのかなと思いました。

もちろん寄り添う気持ちが生まれるためには、園のサポート体制がしっかりしていることや
知識技術があって対応可能なスキルがある事も大切です。
自分の手に負えない、どう対応して良いか困り果てている子に心から寄り添うのって難しいですもの。

もちろん「何とかしてあげたい」「自分はどうしたら良いのか」と前向きになれる人もいますが
「もうどうして良いかわかんない!!」と嫌になってしまう人もいる。

でも一方的にダメ出しだけを伝え続けて「何とか気づいてもらおう」みたいな態度は
やはり問題だよねと思います。


本来なら先生が困り果てる前に
学ぶ仕組みが整っていたり
受け入れ体制がしっかりしていて
管理職もそれをきちんと理解しているのがベストなんだけどね。



ちなみに私立幼稚園などは加配申請関係の締め切りが早い事もあり
入園早々にこういう話をして診断をとってもらわないと加配がつけられないらしいので
信頼関係ができる前に「あれができない」「これができない」みたいな話をせざるを得ないから
炎上しやすいだろうな・・・と思います。
大変だろうな・・・全然親しくない入園したての親に「ちょっと加配を・・・」とかいうの・・・

  

あと今回の記事も「私はそういうつもりではやってません」と思う方もいるでしょうが
そこは人それぞれなので「全ての先生がそうだとは表現しておりませんのでご了承ください」ということでよろしくお願いいたします。 
それでも表現の仕方が気に触るのであればブロックして見ないことをオススメします。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6


私たちは就学までのお付き合いですが(同法人の放デイに行けば会えるけど)
「学校大丈夫なんかな・・・」と心配になることはあります。



マンツーでやっと活動に取り組めるかどうか・・・と言うレベルなのに
加配なしの普通級に行く場合もあるし
支援学校レベルの子が支援級に行くこともあるので
学校は大変だろうなあ・・・と遠い目になりますね。


保護者自身も「支援級で手厚く見てもらえると思ったのに、手のかかる子に先生が取られて、うちの子放置じゃない!」「知的な遅れは少ないのに取り組めてないみたい・・・」 と心配になることもあるし
やはり十分な人員配置と、専門知識・技術が必要なクラスなんだと思います。 



あとその辺の入学ジャッジする機関もさ
無責任なジャッジは・・・うん・・・よろしく頼むよ・・・。


 

た1

た2


た3


た4


た5


た6


た7


た8



〜おまけ〜

た9

障害の重さはどうであれ
他害に悩む親御さんは多いと思います。

なんなら障害がなくても「うちの子手が出やすい・・・」と悩む方もいるのではないでしょうか。

根本的に他害が出る子の傾向として
衝動性が強かったり
感情のコントロールが難しかったり(情緒不安定)で
とっさに手が出る場合が多いです。

定型発達児も障害児も、他害対応は一緒。
漫画の通りです。

「手を出す前に止める。」
「他害をさせない」

ガミガミ言い聞かせて直るなら、もうとっくに直ってる。
この記事には辿りつかないと思います。
でも親御さんも保育士もガミガミ叱りがち。
叱りたくなるよね・・・。


「言えばわかる」も間違ってはないけど
やってから叱るを繰り返し続けるのは良くありません。

まずはその子の行動や特性を把握して
防ぎましょう。

本当に他害を防ごうと思ったら、他の子の動きの予測も必要です。
子ども全体の動きを見て、「この後こういう展開になりそうだ。そしたら多分この子とこの子がああなってカッとなって叩きそうだな」と予測して動かなければなりません。

手が出る子と分かっていて、ノーマークで手が出そうな活動を行う。
手が出る子と分かっていて、他の子と距離が近い時に目を離す。
NGです。

でもどうしても一瞬の隙を突かれることはありますよね。
私は動きが鈍い上に注意散漫なので、「あ〜わかっていたのに〜!!叱ることになってごめ〜ん!!」と悔しい思いを何度かしました。

だって自分がちゃんと止められていたら、その子は叱られることなく、「活動楽しかったね!頑張ったね!」で終われたのだから。


ちなみに漫画には書ききれなかったのですが
他害を防げず叱ることになってしまった場合・・・
その後は切り替えて楽しく遊びましょう。


「ごめんなさいは!?」と謝罪にこだわりすぎなくても良いです。
威圧して言わせた「ごめんなさい」に意味はない。
けじめとして必要な場面もありますが、なんも考えず機械的に「ごめんなさい」という障害児は珍しくありません。

衝動性を抑えて安定した情緒を得るためには
楽しい時間を積み重ねることが大切!

その「楽しい時間」作りが一番頭使う〜!!!!
 



1

2

3


4


5


6


7


イラスト8



この雑な説明は雑すぎるので参考になるか怪しいのですが
「選択肢は色々あるし、子どもの発達度合いに応じて選んで行けば良いので、必要以上に不安がらなくても何とかなるよ」という事が言いたかったのです。

ただ、選んで決断する機会が多いので大変ですよね。
正解はどれだ!?となるのではないでしょうか。


この漫画の通り行かず

「幼稚園入園を断られた!」
「受け入れできる保育園が見つからない!」となったり

「普通級と支援級の間すぎてどうしたら良いんだ!?」となったりする事もあるかと思います。
 

 色々な事が起こるかと思いますが
私が思うのは「情緒の安定こそが可能性を広げる」という事。
 
知的には問題がなくても情緒不安定がひどいと就労が難しいし
一人での行動が制限されてしまう事もある。
勿体無いですよね。

未来に向けて何をしたら良いか考えたとき
「今目の前の子どもと向かい合って、楽しい時間や安心できる時間を積み重ねてあげましょう」と
お伝えしたい今日この頃。 
 



このページのトップヘ