圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:問題行動

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
イラスト4

余談ですが
息子に限らず、問題行動の予告をしてくるタイプの子や
制止すると大騒ぎするタイプの子に

「それやったらどうなると思う?」と聞くと
大抵フリーズして数秒考えます。

その思考が止まった時や
本人なりの答えを出してくれた時に
「正解は〜〜です。だからマジでやめたほうがいいよ」と言うと
なんか納得してくれる不思議。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
7



今日息子ちゃんが突然
大人の対応へのダメ出しをしていました。
君は突然どうしたんだい・・・?
 


さて今日のブログですが
なんかあまりに障害児たちが保育園・幼稚園で困りまくってて
何なら「え、先生ちょっと・・・え?もうちょっと何とかなるでしょこの子は。」みたいな案件も多いので憤ってます。


本来そこまで重くない子や問題が少ない子が
不適応を起こして「大変な子」になってしまったり
真っ白な定型発達児と比較されて面倒臭がられる。


子供だって自分の存在が歓迎されていない場所には
そりゃ行きたくないわけですよ。
行きたくない場所に連れて行かれるんだから、そこで色々やらかすよね。

 
息子ちゃんも「怒るしかできないんだよね」と急にダメ出しをしていましたが
怒るだけの指導になりがちだしね・・・。 

 

イラスト

イラスト4

イラスト2

イラスト3

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6


障害があるから「仕方ない」
障害があるから「我慢しなきゃならない」は
別問題だと思います。




「この人の行動はこういう理由から来てるんだな」
「私たちは全然平気だけど、この人はこれが凄く苦手なんだ」
「それぞれ違うんだな」

というのを知った上で

「じゃあ私はゆっくり見守ってあげよう」となるか
「やっぱりちょっと関わるのはな・・・」となるかは
個人の自由です。 




保育者・教員・支援者であれば
問題行動を許す、諦めるでなく「どうしたらそのような行動が出なくなるか、防げるか」を
考えないとならないので

「はいはい、障害者だから健常者の君たちは諦めてね。」はなしですね。 



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト6

イラスト4

イラスト5

いや本当に
クラスに2〜3人は何らかの障害児がいるような世の中で(お受験幼稚園はいないかもしれませんが)
なぜここまで障害児の勉強が必修にならんの???

そして「障害児=知的障害児、ダウン症」のイメージなので
知的な遅れが少なくて問題行動が多いタイプの子や
メンタルを拗らせている子の想定がまるでされていない。

その結果
問題行動が起きるような「環境設定」に気がつかない
問題行動が悪化するような「叱り方」をする
ワガママだと判断してしまう・・みたいなことが起こる訳です。
 



でもそもそもが定型発達児への対応、知識しか学んでないんだもの。



大学や専門学校の先生も
「障害の子もそうでない子も同じところで過ごし学ぶのは大切なことです」と教えるのなら
お互いにとって良い環境で支えあって過ごすには
大人がどういう対応を取れば良いのかまで
学生に教えてやってほしい。
 
綺麗事だけで統合保育やったら崩壊するんだからな!!!!!!!





 

このページのトップヘ