圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:多動

イラスト

イラスト10

イラスト2

イラスト3

イラスト5

イラスト6


正直な気持ちを話しますと

他害や多動のある障害児が世間から向けられる視線と
大人しくてニコニコじっとしている障害児が世間から向けられる視線は
天と地ほど違うと思うのです。


これはね、どちらが楽かとか
どちらが良いのかという話では決してないので
そこだけは頭に入れて読んでほしいのですが

双方で見えている世界は全然違うんですよ。



もちろんその親御さんたちも
見えている世界は全然違うんですよ。
(環境や性格、家族構成などの要素にもよりますけどね。)

世界って優しいな、みんな協力的だなと
感じている人もいれば
孤立無援で残酷な世界に泣く人もいるんですよ。

困っているポイントも悩んでいるポイントも
その子の課題も全く違うんです。 


だからバリアフリーとか配慮みたいなふわっとしたことを
実現するのが果てしなく難しい。

 
さて。
駅にスロープやエレベーターを作れば
車椅子ユーザーの人は移動ができるようになる。

でも聴覚過敏の自閉症の人は
エレベーターがあろうと人混みが無理で移動できない、パニックや癇癪を起こす。
だからと言って、駅の人混みをどうにかするのは無理・・みたいに
解決が本当に難しいんですよね。



もちろん物理的なバリアフリーもけして簡単なことではなく、お金がとんでもなくかかるし
建築とか入る問題なので

簡単に「じゃあ作りましょ」とはならず
たくさんの人の声や時代の流れがあったから少しずつ整備されて来たことなんですけどね。それでもまだ大変だと思います。
すべての建物がそうではないので…
 

バリアフリーって簡単に使うけど
め〜っちゃ大変ですよね。 

 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3


イラスト9

4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

まず!!!
ADHDだからこう、自閉症だからこう・・・と
全ての子がそうと決めつけた話ではないと宣言しておきます。

それらの診断があっても外出でさほど困らない子もいるし、なんなら診断がないグレーゾーンでもめっちゃ外出が大変な子もいます。

代表的な例として描いてるだけで
困りポイントは各々です。

★あと「発達障害だけでなく、〇〇の障害も外出は大変です。」と言うのは
一旦置いて置いてください。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト5

イラスト4

イラスト6

イラスト7

イラスト8




〜おまけ〜

イラスト9


いざ検査・・みたいな空気にやられて
最初からだいぶ怪しい雰囲気でしたが
考える様な問題、苦手なジャンルが延々と続くと
目に見えて怒り出して「帰る!」の息子ちゃん。

野生動物と化して質問に答えない事が続き
考えるのももう嫌!となってしまい
不可がつきまくり・・・・

検査結果としては「えー!?こんなん!?」みたいな数値に。



試しに機嫌が戻った後に
お家で同じ問題を出したら普通に解けました。



はい。
これが息子ちゃんの課題です。

課題に取り組み続けられない
わからないものがあると心が折れてやらなくなる(そして野生動物と化す)
環境適応に弱い
実力を発揮できないなど

情緒の面での課題が大きいですね。



あとはやはり理解度などに凸凹がありそうです。
まあ威嚇しすぎた結果、全ジャンルが均一的に低く出たのですが
おそらく実際は凸凹です。
 

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


大人になればまた話は変わりますが
多動優位のADHDの子は、同じタイプの子と度々喧嘩します。

お互い余計な動きと余計な行動が多く
お互い衝動的にカッとなりやすいので
まあ喧嘩になりますよね。

悪気はないのですが
お互い刺激に弱いのに、お互いが刺激となっている悪循環。
 


これが兄弟だと毎日喧嘩になると思うので
親御さんは大変だろうな・・・。 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト6

イラスト5



いや本当引っ越し全然好きじゃないです。
(なんか色々起こるから引っ越しせざるを得なかっただけで)

でも引っ越し慣れしているので
荷物の梱包と片付けは早いです。

老後はどこに住もうかな〜みたいに考えているあたり
今お家を買っても飽きそうなので
恐ろしくて買えません。

いや欲しいけどね!

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト55

イラスト4





〜おまけ〜
イラスト6


脅すつもりはなく
みんながこうなる訳ではないのですが

偏食が強くて動きたがらない子は
筋力がつきにくくて
ポチャポチャしやすいので
年齢を追うごとに歩くのが億劫になりがちです。

 

小さい頃はベビーカーや抱っこ紐でなんとかなっても
大きくなると「このサイズでベビーカー・・・?」となってくるし
抱っこ紐にも入りません。

じゃあおんぶするかといっても
腰をやられます。



定型発達の子なら
まあ歩きたがらないと言っても
さすがにさじ加減を知っているので
ブーブー言いつつ歩くと思うのですが

障害児はね・・・そこは関係ないことが多いので・・・
自分が嫌だと思ったら動かないので・・・


 

まあ歩くのが嫌なら
公園の遊具で遊ぶとか
とにかく動いておこう!

動くのが億劫にならないように・・・!
 


ちなみにうちの息子は
少し前まで抱っこマンでしたが
ある日全然行った事ない大きい公園の遊具で2時間遊ばせて

普段抱っこ係になっているパパが
すぐ抱っこしないよう
遊びながら逃げていたら

なんと次の日から歩くようになりました。
ま〜楽になりました。




とりあえず歩くのも運動するのも
脳の発達にはとても良いので
動いておこ!

でも歩かせるのって大変だよね!
わかる!
無理なくやると良いよ!
 



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト6

イラスト4

イラスト5

イラスト8

イラスト9



〜おまけ〜

イラスト7


合理的配慮がきちんとされていて
先生達も知識や技術があって
人員もしっかり確保できるなら

定型児と障害児が同じ空間で学び合う「インクルーシブ教育」は可能だと思います。



でも先生達も「障害児って実はよくわからない・・」みたいな状態で
人の入れ替わりも多い環境で
障害児について学ぶ場もない保育・教育の場なら
綺麗事だけで受け入れても、ただの野放しになると思います。





もちろん分からないなりに勉強して
頑張ってくれる先生とか

みんなで1つのクラスを作ろうとしてくれる先生とか

特性を理解してよく関わってくれる先生とか



良い先生もたくさんいると思うけど
インクルーシブ教育って本当に難しいんですよ。



正直、受け身でおとなしい知的にも重い障害の子なら
割とクラスに馴染むけど

知的には問題が少ないけど
多動が強かったり、癇癪やパニック、他害が出やすい子がいると
学級崩壊のようになる事もある。

こういう子がダメだという話では絶対になく
集団に入れる際に
本当に先生の力量やしっかりした人員配置を問われてしまうのです。




受け入れるならきちんとやる。
責任が持てないなら断って、他の受け入れ可能な園を斡旋する。
 
安易に「良いですよ〜」と上の人間が受け入れてしまって
現場がしっちゃかめっちゃか・・・ではいかん。 





過去記事
療育って意味あるの?を少し突っ込んで書いてみました。


イラスト


イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9



〜おまけ〜
イラスト8



色々考え方はありますが
知的に重くてあちこちフラフラしている子は
まず運動!・・・だと思っています。

まあ運動だけやってりゃ良い訳ではなく
運動活動をした上で最後の10〜15分は座って制作をする・・・手先課題をやる・・・というスタイルがおすすめです。

運動をしっかり行うと、落ち着いて座れるんですよ。なぜか。




なお運動はどの子も必須と言っていいくらいです。
ストレス発散にもなるし
やはり発達の上では大切なので。


ざっくりした理論で言うと
筋肉とは、大きな筋肉から小さい筋肉が育っていくので
肩や腕が育つと、手首・手先が使えるようになります。

手が使えるようになると、手からの刺激が脳の言語分野を刺激して
言葉が育つ・・・みたいな。

言葉が育つと社会性が育ち・・・というように繋がっていくんですよね。



まあだから「ハイハイをたくさんしなさい」という説がある訳です。
(手で体を支える運動なので。)




ちなみに知的・言語に問題なくても
体の動かし方がぎこちない子は多いので(スキップができない、手足が違う動きができない等)
自信につなげるためにも運動は大切ですね。



体をたくさん動かして質の良い眠りが得られると
脳が育っていくので
姿勢保持・情緒・集中力とか上がっていくよ。



まあ私は運動嫌いでしたけどね!!!!






 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8




〜おまけ〜
イラスト9


小さい1〜2歳の子だったら
まあ騒いでいても「あら〜飽きちゃったのね〜」くらいですが
大きくなって来ると、走り回ってもジャンプしても騒いでも、何しても目立ちます。

目立つ事自体が恥ずかしい訳ではないのですが
よそ様の大事な子を「怖い」「迷惑」と思せてしまうのが嫌なので
トラブルが起こらないよう、なるべく迷惑をかけないよう気を使ってました。



でも「ただじっと待つ」ということが難しい。 


体調不良の診察なら、まだぐったりしていておとなしいかもしれませんが
大学病院の定期受診になると、元気いっぱいな状態で長時間待つんですよね。
予約時間なんてぶっちぎり。
何時間待てばいいの・・・?というくらいに待つ・・・。


今はコロナで密にならないよう
以前より予約時間からかけ離れなくなったし
アラームみたいな機械を持たせてくれて、「建物内ならウロウロしてても良いよ!」みたくなりましたが

「やればできるなら最初からそうしておくれよ!」と心の中で叫びました。



障害児に限らず、子供の病院は大変ですよね。
少しずつ工夫や配慮をしてくださるようになって、数年前よりだいぶマシですが、ある程度年齢や行動が落ち着くまでは「もう一人手伝いが欲しい!」みたいな時ありますよね〜。

息子もようやく待てるようになってきたので楽になりましたが
1歳の時の病院はま〜疲れましたね!



 

このページのトップヘ