圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:定型発達児

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト10

突然どうしたと思われそうですが
インスタの方でよくこの様な声が届き・・・

というか届きまくったので
じゃあ一回まとめて記事にしようと思い書きました。



まあ色々なパターンがあると思うんですよ。

親が障害を認めなくて加配がつけられないとか
障害があるのは知っているけど人手がなくて加配がつけられないとか
もしくは加配はいるけど周りがグレーゾーンだらけでクラスが回らないとか。



でも思ったんですよね。
その「この現状何とかしてよ!」は親にぶつけるものなの?って。

正直ぶつけたい気持ちはわかります。
親はその子の最大の責任者みたいなものですからね


でも・・・保育士が困るレベルの子って親も困ってんじゃないの???
時々「うちは何も困っていません」みたいな場合もあるけど
大抵は「手をかけて申し訳ないな」「大人数いるからあんまり思った事も言えないな」って遠慮している様な親じゃない?


ブログもインスタも「気の毒だな・・・」と悲しくなる様な対応をされている親子が多いし
知識技術人手をすっ飛ばして「どうなってんだその先生」というものも多い。 


「頑張っているけど人手不足でどうしようもない。
本当はもっと学びたいし手厚く対応してあげたい。
どうしたら良いんだろう?」
という先生なら心から応援したいですが

自分の知識技術が足りないことは気づかず
全部親子のせい、人のせいにして「仕方ない」と言う先生も
中にはいますよね。 

まあそれが昔の私だった訳で
次回に続きます!
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7




〜今日のおまけ〜

イラスト8

子供は親の前ではグダグダになるし
甘えて何もやらなくなるものだと思います。

でもやはり定型の子はそれなりに限度がありますが
障害児の場合は度を超えてめちゃくちゃな行動をしたり
王様のようになってしまう事は珍しくありません。

そして癇癪を起こされると大変です。
体が大きいと余計に大変です。




必然的に癇癪は避けたいのは当たり前だし
全部自分でやらせるのは時間もかかるし気力も持ってかれるし
やはり大変です。

よく支援者には「全部親がやってあげちゃって・・・自分でやらせないと」と簡単に言う人もいますが、それは親御さんもよく分かっていると思います。
でも気力や時間が追いつかないですよね。



まあそれでもお互いに仲が良くて幸せで
今のままでも大丈夫なら全然いいんです。
第三者がなんと言おうと。

 

でも、もし親御さんが「このままの状態は良くない」「自分がペコペコしていて変な関係性になっている」「親子の関係性が悪いだけになっている」と感じているようでしたら 
なんとかしたいですよね。
 


急に厳しく叱ったりしなくても良いのです。
ただ「これだけは」と決めたら譲らないこと。
時間がかかっても絶対に譲らないこと。

(例:ふざけて物を投げたら絶対に自分で片付けさせる。)



もちろん普段楽しくたくさん遊ぶ関係性がないと
言うことを聞かないと思うので
そこも大切にされると良いと思います。 

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト3

イラスト5

イラスト6

イラスト7

知的障害児も肢体不自由児も幅が広すぎて
ひとくくりにするには雑すぎる記事ですみません。

えっと何が言いたいかと言いますとね。
障害児だからオムツで良いよね、でずっとトイトレしない保育士とかいると思うんですよ。

ネットに出てくるトイトレ開始の条件なんかは
自力で歩ける、簡単な言葉のやり取りができる、排泄間隔が2時間あくとか
出てきますが、それらを悠長に待っていたらいつまでも始まりません。



オムツを変えるタイミングでとりあえず座らせてみる、から始めてみて
成功するようになってきたら
布パンにしてみて本人の漏らしそうな時間の前に連れていく・・・を
やっていくと割とみんな覚えていくかな。


1〜2ヶ月でほぼパンツで過ごせるようになる子もいれば
1〜2年かかる子もいたりと個人差はやはり大きいし
定型の子よりは大変ですけど思い切って始める事が大切です。


私も仕事で
「え!この子トイトレ開始!?」と思いながら
トイトレ始める事もありますが

みんな最初はジャバジャバ漏らすけど
やっぱ覚えて行きましたね。



何なら小学高学年でたまたまトイレ成功して
そこからトイレ確立するような子もいますし
個人差も大きいことですけどね。




ただし、親御さんは普段のことが大変すぎると思うので
そこは保育園や幼稚園、療育先にガンガン頼って行きましょう。

何ならそこで土台を作ってもらってから
家で始めても良いと思います。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト6



〜おまけ〜

イラスト5


数ヶ月前の息子ちゃんは乗り物アトラクション(ミニ遊園地とかの)に乗ると
もう一回!と降りたくない!がすごかったので 
我が家では封印されていましたが

最近約束したことを守る様になって来たので(守りたくない事はそもそも約束しようとしない)
約束した上で乗ってみたら
ちゃんと順番を待ってスムーズに乗降できました。成長!




さて本題ですが
友達の真似でやり過ごしているタイプの子はよくいまして
さほど先生を困らせないタイプです。

なぜなら真似して動く時点で
協調性があって切り替えが良いタイプだから。

なので問題視されにくかったりしますが
よくよく観察してみると、できている様でできていなかったり
同じ様に動いている様で、実は全然理解していないままだったりと
フォローしなきゃいけないことはたくさんあります。


 

なので個別で「その子が本当に理解して行える様に」「わかる様に」していくことが必要です。



これを園の先生に「え〜集団ではちゃんとやれているのに、療育ではそんなフラフラして取り組めないんですかぁ〜療育って必要なんですか〜」とか言われたら腹たちますが、「実はフォローしてあげたくても手が回らなかったので助かります」と言ってもらえる方が多いですね。
 
 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト6

イラスト4

イラスト5

いや本当に
クラスに2〜3人は何らかの障害児がいるような世の中で(お受験幼稚園はいないかもしれませんが)
なぜここまで障害児の勉強が必修にならんの???

そして「障害児=知的障害児、ダウン症」のイメージなので
知的な遅れが少なくて問題行動が多いタイプの子や
メンタルを拗らせている子の想定がまるでされていない。

その結果
問題行動が起きるような「環境設定」に気がつかない
問題行動が悪化するような「叱り方」をする
ワガママだと判断してしまう・・みたいなことが起こる訳です。
 



でもそもそもが定型発達児への対応、知識しか学んでないんだもの。



大学や専門学校の先生も
「障害の子もそうでない子も同じところで過ごし学ぶのは大切なことです」と教えるのなら
お互いにとって良い環境で支えあって過ごすには
大人がどういう対応を取れば良いのかまで
学生に教えてやってほしい。
 
綺麗事だけで統合保育やったら崩壊するんだからな!!!!!!!





 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5





〜おまけ〜
イラスト6


実際どうなのかと言うと
漫画の通りでありまして
兄弟全員で障害が出ることが全然珍しくない。

染色体異常とか難しい病気だと
その子ポッキリで
下の子は定型発達なことの方が多い気がしますが

発達障害は結構家族で揃いますね。



ただ「お兄ちゃんだけ」「お姉ちゃんだけ」のパターンも
別に珍しくはないので
やはり産んでみないと分からないです。



でも、「きっと下の子は定型!」と望みをかけるように
2人目にチャレンジするには
正直ちょっとリスキーな確率ではあると思います。

「下の子も障害が出る可能性はあるけど、それでも産みたい。何とかなるだろう。」という気持ちで挑んだ方が無難かもしれません。

とてもデリケートな問題ではありますが・・・。





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


定型発達児と関わると「あ〜やっぱ理解早いし、ある程度空気読んで大人の言う事聞いてるな〜」と思うのですが、その一方で「この子ハチャメチャだな」と思う子もいます。
(もしかしたら隠れ障害児かもしれませんが)


「障害児」「グレーゾーンの子」となると
療育を受けられたり、ある程度理解された支援が得られるけど

「定型発達児」となると、基本的にサポートは得られません。
悪く言えば野放しになる。


でも定型発達児であっても
サポートが必要な子はいるんですよね。
メンタル面であっても行動面であっても。



ただ世の中の保育園・幼稚園・学校は
「完全に普通の子!」という子に合わせて
作られた箱なので
そこから外れた子は生きにくい。
 
だから一定数「不登校」「不登園」になる子が出る。




婚活市場では「普通の人で良いと皆言うけど、普通というのが一番ハードル高い」と言われてます。
これは子供達にも言える事なのかもしれません。



 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト7


「療育の先生は優しいもんね〜」と
保育園や幼稚園の先生から嫌味を言われる事は珍しくありません。
(あれでしょ?甘やかしやがってみたいな意味でしょ?)
 
そら優しいけど、無闇に甘やかしてると思われたらたまった物じゃない。
子供へのアプローチに「怒る」を使わないだけです。



なので時には
「この散らかした物は最後まで自分で拾うんだよ」みたいなことで10分以上粘ることもあるし
「△△をやる前に、きちんと●●を完成させなさい」 
 みたいなこともあります。


でも声を荒げたりはしません。
あと場合によっては全然手伝う。

 


保育園や幼稚園だと、基本的には「定型発達児」の集団なので
余計に比べられたり差が出てきて
しんどいだろうなあ。





 

1

2

3

4

5

6

7




〜おまけ〜
8


今日の漫画を見て、全然ピンとこない兄弟児の方がいたらすみません。
ピンとこない方はうまくいっている家庭だと思うので、流し読んでください。
でも親御さんはピンとこなくても読んでもらえれば幸いです。辛かったらすみません。

〜〜〜〜

兄弟姉妹を平等に育児できたらベストですが、どうしても障害児に一番手がかかるのが現実。
健常の兄弟に申し訳無さを感じている親御さんも多いのではないでしょうか。

しかし中には「あなただけは真っ当に生きてくれ!」と無言のプレッシャーをかけてしまって、子どもが何かしんどい時に言い出せない事。
また、「兄弟なんだから助けてあげなさい!」と言ってしまい、子どもが兄弟児でいる事に負担を感じている事もあります。

多かれ少なかれ、どうしても負担やストレスはかけてしまいますよね。
(「いやいや私は兄弟に障害者がいるけど、それとは関係なく幸せだし、できればずっと一緒に暮らしたいわ!」という方には心外な内容かもしれませんが・・・。)


親としてはついつい「兄弟なんだから・・・」「あなたは健常児なんだから・・・」と思ってしまう場面はあると思います。
将来の世話を託したいとまでは思わなくても、日頃の生活の中で「健常児の兄弟」としての期待をかけてしまう事・・・ないですかね。

でも私は個人的に「家族だって気が合わなければ仲良くしなくて良い」と思っています。

「兄弟だから・・・」の呪いにとらわれず、個人は個人として生きればいい。
嫌だと主張する権利は君にはある。
そこに罪悪感など感じなくて良い。

仕事でも関わるの大変なんだから、兄弟として同じ家でずっと一緒に暮らすのは、本当に大変だと思うよ。
親に言えない気持ちもたくさんあると思う。

もちろん「兄弟だから自分が面倒を見たい」と思うならそれもよしですが・・・
本音があるなら言った方がいい。
都合の悪い本音を受け入れられない親なら、さっさと大人になって自立して逃げた方がいい。


私は障害児たちの幸せも願うけど、兄弟児や親の幸せも同じくらい大切に思ってます。

 


1

2

3

4

5

6




〜おまけ〜
7



ただでさえ保育園待機児童などの問題があるのに、障害児が入れる保育園を探すとなると、なかなか大変ですよね。障害児の中でも特に「医療ケア児」は「看護師」が必要になってくるので、さらにハードルが上がります。

痰の吸引とか呼吸器管理とか、導尿とか、そのようなケアには保育士はできないので、看護師さん必須。
あと保育士的にも看護師さんがいないと、いざという時に「え!?なんかゲホゲホしてるけど大丈夫なやつ!?」と不安になるので・・・。

でも看護師が常に在中してる園で、かつ場合によっては複数体制となると・・・
医療ケア児のママが働くのめちゃくちゃなハードルだな・・・とよく思います。
医療ケア児も集団生活で大きく成長していくので、是非!とは思うけど、現実問題厳しい・・・。


さてさて。
私個人的には、 保育園に入ったことで、表情が豊かになって言葉が出てきたり、生活面でできることが増えたりするお子さんが多いと思うので、罪悪感など持たずに、障害児にこそ保育園入園をお勧めしたいです。
お母さんにとっても、「ママ」でなく「自分」になれる時間は大切。

しかし、必ずしも保育園生活が成功するとも限らない・・・。
良い先生に当たれば良いけど、良い先生が退職してしまったり、産休に入ったりと人員が動きやすいのが保育園。

障害児を受け入れたは良いけど、障害児に対応できるだけの知識や技術がなかったり、その園の先生たちの手に負えない子だったりすると、「不適応行動(問題行動)」が出てくるのも悩ましいですね。
そうなると親御さんとしては辛い・・・。

保育所訪問などの制度もありますので、「保育園(幼稚園)に入れたは良いけど、どうも先生たちの対応が気になる」という場合は利用すると良いですよ。
(まあこれも正直事業所によって、効果は変わってくるんですけど・・・ )


もっと障害特性に理解がある先生が増えれば良いですよね。 



 

このページのトップヘ