圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:強度行動障害

1

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


イラスト9



第一話「思ってたのと全然違う!?〜ダウン症〜」
第二話「教科書はただの紙!?〜自閉症〜」
第三話「この子障害児なの?〜IQ120の自閉症〜」
第四話「君は忍者か!?〜ADHD〜」
第五話「あなたが唾を吐く理由〜問題行動〜」
第六話「親も支援するの!?〜保護者〜」
第七話「天使の笑顔は眠らない〜アンジェルマン症候群〜」
第八話「冷蔵庫に鍵?〜プラダーウィリー症候群〜」
第九話「お互いの壁〜療育現場と幼稚園〜」
第十話「他の子は平気だったのに〜指導が心を傷つける〜」
第十一話「それでも僕は〜本当の支援とは〜」


みたいな感じで放送して欲しいのですが
いかがでしょうか?
絶対視聴率取れるだろと確信しております。



今まで知的障害ありの自閉症の育児話は
結構あったと思うのです。
代表的なものでいうと「光とともに」など。

もちろんそれも自閉症の認知度を大きく引き上げた作品なのですが
支援者目線で描くことで
色々な障害の子が登場できるし
現場の気持ちや支援の難しさも
知ってもらえるんじゃないかなーと思います。 



なんというか教科書通りの対応してもうまくいかないことのが多い世界で
その中でも信頼関係を作りながら日々奮闘するしかないし
保護者も色々な方がいて、色々な気持ちを抱えているので
そういった背景をとらえずに一方的なアドバイスをして傷つけることなど

そういったことを世間に知って欲しいですね。
 

そして1期がヒットしたら
舞台は放課後等デイサービスにいき
学齢期の問題を扱う。。。みたいな。


そういうの!!!!誰か作って欲しい!!!!!
原作やるから!!!!! 

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5


イラスト6




〜おまけ〜
イラスト7

”なくすに決まってるじゃん?何言ってるの?”くらいの
テンションで言われたのですが
言い回しがどんどん大人になっていく・・・。

実はこの数日前にパパが鍵を無くして大騒ぎする事件があったので
それを見ての発言だと思います。
ちなみに私も物無くし王なので、もうこの家はダメだと思います。




さてさて。
何気なく覗いたシッターアプリが障害児全滅すぎて
いっそ障害児専用のシッターアプリでもあれば良いと思ったのですが
やっぱり障害児対応ってなんやかんや難しいよね。



障害児と言っても幅が広すぎるので
「典型的な自閉症くらいなら対応できるけど、大暴れするタイプだと今腰痛めてて対応できないなあ」とか色々ですよね。

そうなると結局どんな子が来るか分からないから、障害児全般NGになってしまうし
親は「そんな手がかかりません」と言ったけど、話と全然違う!みたいなこともあるだろうし
アプリで気軽にどうこうできないのも分かる。



でも本当はアプリでサクッとマッチングできて
信頼できる人がすぐ駆けつけて面倒見てくれるようなら
救われる人はたくさんいるのにね。 

イラスト



例えばこんな感じ!!


9

イラスト2

3

イラスト5

イラスト6

イラスト4

イラスト7





〜おまけ〜
イラスト8


まあね。

実際は何年も何回も通わないと、本当に信用して預けてはくれないと思うし
「お手伝いします!」「じゃあお願いします」と言っても
心からゆっくりご飯や風呂を味わうのは難しいのですが
(悪いから早くしなきゃ!となりがち)

そういう心構えの宿泊所に泊まる・・・となると
なんか安心じゃないですか??

あと騒いでも汚しても防音・防塵素材だと
周りに気を使わなくてすむというか
そもそも泊まっているのがみんな障害者一家。

普通のホテルより気楽かと思います。





まあ私はキッズルームとか覗きに行って(もちろん電車や車だらけ)
「かわい〜!」とか言って話しかけてしまいそうなので
話しかけるのNGなお子さんは事前に言っておいて頂ければ
そっとしておきます。



実は息子が赤ちゃんの頃から
何度か「赤ちゃんペンション」を利用したことがあります。


そこは小さい子連れに特化したペンションなので
キッズルームや手作り離乳食、ベビーバス、哺乳瓶消毒など
色々子連れに優しくて
大抵オーナーが元保育士なので絵本なども山のようにあるのですが


障害児向けのペンション・・・ねえな・・って。(あったら教えてほしい)




いや、別に障害児がどこに泊まろうと全然良いと思うのですが

「ご飯中にパーテーション欲しいな・・」とか
「この壁薄いな・・・隣に迷惑かな・・」とか
「この子食べられるものあるかな・・・」とか
 色々あるじゃないですか。
 
なので障害児福祉の目線で作ったペンションをやりたい。



強度行動障害の方もどうぞ!と看板立てておきたい。



ところで障害児(特に自閉症)ってなんか
はらぺこあおむし好きな子が多い気がするのですが 
気のせいですかね?



 

1

2


3

4

5

6

7

8


その後バスが来て無事にみんな帰ることができました。
でも・・・

イラスト

イラスト2

イラスト3





〜おまけ〜

12



ちなみにバスに戻った後も「(笑)」みたいな雰囲気で、こちらが鈍臭かったくらいの空気でした。
行事の反省会でも「危なかったね・・・!」「人数確認必須だね・・・!」みたいな事には一切ならず、 むしろ自分で「こういうことがあったけど・・・」と申告した様な。

というか、集合時間は守っていた気がするのですが、なんで点呼せず出発したんですかね?
子供と大人含めて50人近くいたと思うのですが、目分量で出発したんですかね・・・?

まあ障害児の施設だったので、正直毎日がカーニバル状態。
やれ万引きだ警察だ脱走だ怪我だの色々あるので、スタッフと子供を置いて遠足のバスが出発してしまったくらいは些細な事に感じてしまったのかもしれません。

でもやはり、こういうリスク管理ができないと大きな事故になりますよね。
(というかここの職場は新聞沙汰みたいな事故も起こしていた)

それにしても今思い返すと、自閉君はこの事態でよく暴れなかったな・・・。
ダウン症の子もお利口にしてました。
2人とも偉かったな・・・。





1

2

3

4

5

6

7

8




〜おまけ〜
9


バスの車内に子供が置き去りにされる痛ましい事故が起こりました。
保育園の息子がいる身としては、とても胸が痛みます。
親御さんや親族、周りの方々の辛さは計り知れないと思うので、せめてお子さんが安らかに眠れますようお祈りします。


このようなあってはならない事故で「え?点呼とかしないの?」「子供がこなかったら電話とかしないの?」と思われた方もたくさんいると思います。
少なくとも私の保育園は無断欠席(親の連絡し忘れ)しても、保育園から電話がくる事はありません。
(数日間無断欠席になれば流石にくると思いますが・・・。)
 
また人数確認や点呼が不十分な事業所、保育園はまだまだあると思います。

漫画にもあるように
昔、障害児施設の子を数十人連れて遠足に行った時
子供2人をトイレに連れて行っている間に
帰りのバスは行ってしまいました。 

点呼や人数確認がされていたら起こらないことです。

それもただでさえ
行事参加に不安が強い強行の自閉男子を連れて、このトラブル。
こわ!

今の職場で遠足をする時は、療育施設(通所)ということもあり
保護者同伴が多いのですが
それでも移動するたびに人数確認するし、常にみんなついて来てるかチェックしているので
やはり場所によってゆるい所はゆるいし、安全意識はだいぶ差が出ますね。 

さて後編に続きます。 




し1

し2

し3

し4

し5



〜おまけ〜
し6


この業界にいると、たまに「自分は障害者なのか」と聞かれるのですが、正直ドッキリします。
自分が答える一言でかなり影響が出る様な気がして。
(でも多分、色々な人に聞いているのかなとも思いますが)

どう答えるのが正解なんですかね?

隠すのも違うと思う。
でも第三者から「お前は支援学級にいるから障害者だろ」みたいな言われ方をして知って欲しくないなあ。 

軽度の子が重度の子をバカにするのって、自分が定型発達の子にバカにされた言葉をそのまま言っていたりするんですよね。 
その子自身も愛の手帳を持っているのに、重度の子に向かって「がいじ(障害児の略)」と言っている所も何度か見たかな。 

あと「私は親の都合でここにきてるけど、障害者じゃない。あいつらとは違う」と言っている子もいました。

障害の認知ってアイデンティティに関わる問題ですよね。 
今回の漫画もバッドエンドです。
でも障害者福祉の世界って、後味悪い結末や未解決な事ってたくさんあります。

せめて今幸せに暮らしていてくれたら・・・と思うのですが。 

ちなみに今同じことを聞かれたら
「そうだね。苦手な事に少しフォローは必要な人かもね。何か心配な事や困ってる事はある?」って言うかな。 

 

このページのトップヘ