圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:性教育

1

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8


イラスト9



第一話「思ってたのと全然違う!?〜ダウン症〜」
第二話「教科書はただの紙!?〜自閉症〜」
第三話「この子障害児なの?〜IQ120の自閉症〜」
第四話「君は忍者か!?〜ADHD〜」
第五話「あなたが唾を吐く理由〜問題行動〜」
第六話「親も支援するの!?〜保護者〜」
第七話「天使の笑顔は眠らない〜アンジェルマン症候群〜」
第八話「冷蔵庫に鍵?〜プラダーウィリー症候群〜」
第九話「お互いの壁〜療育現場と幼稚園〜」
第十話「他の子は平気だったのに〜指導が心を傷つける〜」
第十一話「それでも僕は〜本当の支援とは〜」


みたいな感じで放送して欲しいのですが
いかがでしょうか?
絶対視聴率取れるだろと確信しております。



今まで知的障害ありの自閉症の育児話は
結構あったと思うのです。
代表的なものでいうと「光とともに」など。

もちろんそれも自閉症の認知度を大きく引き上げた作品なのですが
支援者目線で描くことで
色々な障害の子が登場できるし
現場の気持ちや支援の難しさも
知ってもらえるんじゃないかなーと思います。 



なんというか教科書通りの対応してもうまくいかないことのが多い世界で
その中でも信頼関係を作りながら日々奮闘するしかないし
保護者も色々な方がいて、色々な気持ちを抱えているので
そういった背景をとらえずに一方的なアドバイスをして傷つけることなど

そういったことを世間に知って欲しいですね。
 

そして1期がヒットしたら
舞台は放課後等デイサービスにいき
学齢期の問題を扱う。。。みたいな。


そういうの!!!!誰か作って欲しい!!!!!
原作やるから!!!!! 

1

2

3

4

5

イラスト6

イラスト7




〜今日のおまけ〜
イラスト8


まあスムーズにはいかない事だと思います。

「え!隠れてそんな事してたの!?」
「約束と違うじゃない!」
みたいなことはたくさん起こると思います。 

やはりそこは定型発達児も知的障害児も同じように
恋愛が絡むとコソコソしたり
危なっかしい事をしたりするんですよね。


知的障害があるぶん、余計に心配な事だとは思うのですが
じゃあどうするのと言っても
学校や向こうの親御さんと繋がっておけると安心だよねくらいで
特別な対処がある訳ではありません。



どの子も共通して
正しい性の知識を持つ事は大切だし
自分を守れる自己肯定感は必要。

そしてそれは小さい頃からの積み重ねだよ・・・というお話でした。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6



個人がどういう性癖を持っていようが、それは自由だと思います。
法律に反するような内容が好きでも、人に迷惑をかけずに楽しむのなら、それはOK。

でもエロコンテンツって、人によっての地雷がとても大きくて
場合によってはトラウマを突くようなものもあるので
本人の意思に反して勝手に表示するのは、ある意味一種の暴力だと思います。

 



まだ性教育をろくに受けていない時期に
「漫画だから許されるけど、現実でやったら即アウトで相手を傷つけるもの」を
表示されてしまうと
少なからず影響受けると思うんですよね・・・。男女ともに・・・。




 

1

2


3

4

5

6



〜おまけ〜
7


加害があるということは被害があるということ。
原因は障害特性や過去の経歴、環境要因など色々あるかもしれませんが、
絶対許されることではない。

それは内容に限らずです。

でも昔って雑な時代だったからか、障害児が女の子を追いかけ回していても、先生が「まあ許してやってよ」みたいな空気だったような。
今もかもしれませんね。

でも障害児だから許してね、は本人の為にはならない。
その子に分かるように教えていかないといけない。

小さいうちはやる事も大したことじゃないかもしれませんが、体も心も成長していくことを忘れてはいけないと思うんです。
ちょっと触ってニヤニヤしていたレベルが、大きくなった時にそれで済むのか。


悪い意味で仕上がった時からの性教育でどの程度効果があるのか。
というか、何か起こしてからでは遅い。

こう書くと、障害者=危険と主張しているように捉えられるかもしれませんが、
もちろんそんなことは絶対ない。
ただ、障害特性と本人の資質、環境などからリスクが高まる場合があるし、性教育自体はどの子にも必要なものだから大事にしたいという話・・・でした。

 



 

瀬1

瀬2

瀬3

瀬4

瀬5




〜おまけ〜

瀬6



女の子たちが心配なんですよ・・・・。
男の子の話はひとまず置いておいて。

知的な遅れがないADHDやアスペルガー、高機能自閉症の子だと、思春期になれば恋愛にも興味を持ち始めます。
好きな人だってできます。

でも悪く言ってしまえば、「とてもちょろい」。

自己肯定感が低い、人の言葉をそのまま受け止めてしまうので騙されやすい、距離感が近い、 友達が少ない(もしくはいない)、依存心が強くなりやすいというところで、利用するには丁度いいタイプになってしまう。
そして何故か自閉症スペクトラムは美形の子が多い。(福祉の謎)


性教育がやっと見直されてきたような雰囲気ですが 
定型発達向けなものだけでなく、障害児にも分かりやすいような性教育を
むしろ私がやりたいくらいです。(療育はどうした) 




れ1

れ2

れ3

れ4

れ5



〜おまけ〜

れ6


大人の発達障害という言葉が、一時期流行ってましたね。
一般社会に生きているけど、実は生きにくさを抱えていた・・・という、ADHDやアスペルガーの人はたくさんいて、多くの人が結婚も出産もしています。

でも漫画に出てきた子は軽度知的障害で支援学級にも通う子。

知的にも障害があって、支援学級や支援学校に通っていて・・・となると
支援の手はより必要となってくる。
結婚はまだ良いとして、妊娠出産は別の命に対する「責任」が加わって来る。



ただただ将来を夢見て「彼氏と結婚したいな〜」といった言葉が
いつか現実を知って、自分の障害を知って
周りに「無理だよ」と言われ
打ちのめされてしまうことを考えると

ずん・・・と重かったです。


出産や子育てなどは
知的な障害があっても
福祉の支援の手があればできない事もないのでしょうが

子どもの人生に対して、自分で判断しながら「責任」を取るというのが難しい面
簡単に賛成しかねる問題です。 
 




 

性1

性2

性3

性4

性5

せい6


障害児(者)の性関連の話は1冊本がでるレベルに色々あります。
自分の知っている子の中から、加害者が出るのも被害者が出るのも両方悲しいじゃないですか。

加害に関しては、常に人の目があるようにしないと繰り返しがちになってしまうのが現実。
反省文を書かせたり、謝罪の言葉を言わせても、あまり効果がない。
それどころか「自分のことしか考えてない」と言う態度が見られると、支援ってなに?もう更生とか無理じゃない?となります。


この手の話を書くと、「障害者=性犯罪をしやすい」と捉えられそうで、すごく難しいのですが、そんな単純な話ではないと強く主張をしたい。
ただ、特性などからリスクはある。
だから性教育はしっかり行って欲しい。認知の歪みがあれば直して行くことは大切。


そして被害に関しては、被害に気がつかないことも。
性的な場面において、自分が傷つけられているという自覚がない場合があります。
色々な場面が想定されますが、自分を大切にするためには?という性教育はやはり必要。
でも家庭環境や育成歴によっては、知識としてそれがあっても、やはり難しい。


どうすれば良いんだろう?と考えるけど
大切にされる経験、安心できる環境で安定した情緒を育むのが一番かもしれませんね。
それが性教育の始まりかもしれません。


※今日の話はあくまで個人の見解・考察なので、「みんながみんなそうでない」「決めつけていい話ではない」というのは念頭に置いてもらえると助かります。













このページのトップヘ