圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:怪我

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


大人になればまた話は変わりますが
多動優位のADHDの子は、同じタイプの子と度々喧嘩します。

お互い余計な動きと余計な行動が多く
お互い衝動的にカッとなりやすいので
まあ喧嘩になりますよね。

悪気はないのですが
お互い刺激に弱いのに、お互いが刺激となっている悪循環。
 


これが兄弟だと毎日喧嘩になると思うので
親御さんは大変だろうな・・・。 

に1

に2


に3


に4


に5


に6




〜おまけ〜

に7


これだけ頑張って、産休前日まで療育指導に入ってたのに難産ってどういうこと・・・!?
なんならリトミックとか一緒にやってたけど!?

せめて「お仕事頑張ったね!3時間で産ませてあげる!」みたいな優しさを神様お願いします。
なんだよ36時間て!


さてさて漫画では保育士妊婦の限界は28週くらいと書きましたが、あくまでも私の場合です。
後期妊婦のラインに入った頃、体感的に「あ、今くらいがもう限界どころかな。」と思いました。
まあそこから休みまで一ヶ月あったので、「マジか・・・」とげっそりしつつ働いてました。

人手に余裕があれば、「有給消化して早めの産休!」とかしたのでしょうが、当時はめっちゃくちゃギリギリの人数で回していたので、妊娠していること自体が申し訳なさすぎて、「せめて最後まで現場に入りますので!本当こんな時に妊娠してゴメンなさい!土下座!!!」みたいなすり減った精神。

なんか病んでない?と今なら思うのですが
働く妊婦って少なからずどの人も「人手がない中申し訳ない」「迷惑かけてる」みたいな罪悪感とともに生きてる気がします。
あと周りの「妊婦相手に文句は言えないし、おめでたいことだけど、正直困ったな・・・」という空気に耐えている。

何?罰ゲーム???

まあそんな心身すり減らして働いても負担になるので
28週くらいで強制的に産休スタートにしませんか、政治家さん。
もしくは22週からとか。

そういうの選挙で掲げておくれ〜!!!!
さすがに今の時代で産前6週は遠すぎておかしいよ・・・。
 



このページのトップヘ