圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:情緒不安定

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

何故彼が公園帰りだと活動に混ざれるのかと言いますと、ある程度身体を動かすことと日光に当たることで、脳の覚醒状態があがり、普段働きの弱まっている情緒関連の場所が働くようになっているのです。

またストレスを発散してきているので

登園→いきなり活動に混ざるよりも
心身がスッキリした感じで混ざれるので
参加しやすくなっております。

何か色々間違ってたらすみません。
確かそんなような理屈だったなという感じで書いてるので、そのあたりのガチの専門家さんから見たら「ん?」となるかも。


ちなみに山原君はそこまで考えて公園に行ってません。


まぁでも実感として
子ども達って身体を動かしていくうちに情緒や行動が落ち着いてくるので
何か落ち着いてやらせたいと思ったら 
先に運動すると良いですね。


イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

生活リズムの改善で
根本的な情緒状態を底上げし
良い覚醒状態で園に送り出すこと。

これをやることで日中の過ごしが改善され(変化はまだ微々たるものだと思いますが)
夜の眠りの質が良くなります。
 
グレーゾーンや軽度の子、定型発達の子の方が変化は早いかもしれませんね。 

私が普段相談を受けたとき「生活リズム!」と口うるさく言うのは
これくらいの変化が生じるからです。

まあ続けるのは大人の覚悟がいるのですが(去年も結構変化は生じましたが、天気の悪さや体調の問題で中断してからズルズルやってませんでした)
やっぱりやると違いますね。

環境適応や切り替え自体が変わります。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラス

イラスト5

イラスト6




〜今日のおまけ〜
イラスト7


いや、そりゃ自分の子だけ明らかに浮いてたり目立ってたり
泣き叫んでいるのを先生に抱えられていたらしんどいよね。

先生たちは色々言ってくれると思いますが
しんどいもんはしんどいよね。



でも「きっとダメだろうから」で最初から欠席するのも勿体無いし
かと言って無理させて失敗体験で終わるのも悲しいし
悩みどころの話。

個人的には「絶対に参加」にするとしんどいから
なるべく参加の方向に舵を切るけど、本当にもうあかんなとなったら欠席や見学でもよし!
という選択肢があると少し気が楽だよね。


 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5


〜おまけ〜
イラスト6


分からない人にはサッパリ分からない記事だと思いますが
「行っちゃえば楽しいのは分かってるんだけど、行くの面倒臭いな〜。キャンセルしたいな〜。」みたいな事ってありますよね。

でもそこは「まあ約束したし行かねば」「今だけ頑張って支度しちゃお」と切り替えるのが定番ですが、その切り替えが人より時間がかかる子は全力で「行かない!」と主張してくるのです。




でも自分でも行けば楽しいのは分かるから

「やっぱり行こうかな・・・」 
「え?行くの??」
「行かないよ!」

みたいなやりとりが延々と続く訳で親御さんのしんどい所。

 


情緒の状態が悪いと、余計に切り替えも悪くなるので
「本当は辛いのかな?」「嫌な事されてるのかな?」と不安にもなるかと思いますが
マジで嫌な場所だったら、その時間が終わったら速攻で帰ろうとすると思うので

行けば楽しそうなのに・・・帰りたがらないくらいなのに・・・ という感じなら
様子を見ても良いと思います。 




ただ不登校とかの行き渋りはまた話が変わってくるし
事情によっても・・・なので
全ての事例には当てはまらないよ・・とご了承くださいね。 


 

イラスト

イラスト2

イラスト4

イラスト5

イラスト3



〜おまけ〜
イラスト6


不登校といっても
じわじわと行き渋りやメンタル不安が始まって
徐々に登校できなくなる子と 

あるキッカケをもとに
パタリと行けなくなる子 

様々だと思います。


 


特に発達障害がある子で
言葉が話せて知的理解が高い子、ボーダーラインの子は

周りと自分の違い、周りからの自分の評価、人間関係などで
自己肯定感が下がりやすく不登校リスクが高いと思っています。 





また先生の指導が強かったり
過剰な叱責が続いたりすると
メンタルに影響をもろ受けてしまうし

それが自分への叱責でなくても
強い恐怖心を持ってしまう子が多い・・・記憶からも消えにくい・・・と
いうのも分かって欲しい所。




不登校になってしまうと
復活がめちゃくちゃ大変で時間がかかるので
防げる要因は防ぎたいですよね。

 



まあでもブログにも書いてあるように
義務教育中の子供って選択肢が本当に少なくて
「家庭」「学校」「習い事」「学童(放デイ)」くらいしかないんですよ。

そこにもっと色々なものが入ってきて
専門学校みたいなものとか通信教育とかも出てくれば
楽しいのにね。





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
7



今日息子ちゃんが突然
大人の対応へのダメ出しをしていました。
君は突然どうしたんだい・・・?
 


さて今日のブログですが
なんかあまりに障害児たちが保育園・幼稚園で困りまくってて
何なら「え、先生ちょっと・・・え?もうちょっと何とかなるでしょこの子は。」みたいな案件も多いので憤ってます。


本来そこまで重くない子や問題が少ない子が
不適応を起こして「大変な子」になってしまったり
真っ白な定型発達児と比較されて面倒臭がられる。


子供だって自分の存在が歓迎されていない場所には
そりゃ行きたくないわけですよ。
行きたくない場所に連れて行かれるんだから、そこで色々やらかすよね。

 
息子ちゃんも「怒るしかできないんだよね」と急にダメ出しをしていましたが
怒るだけの指導になりがちだしね・・・。 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



〜おまけ〜
イラスト7


書いていてあれですが
私も前者タイプの人間でした。

最初は勢いよく頑張って、ある日全て嫌になるタイプなので
育児でこれをやらないよう気をつけよう・・・。 



でも元からの気質って簡単に治らないので

「考えすぎだよ〜疲れちゃうからやめなよ〜」と言われても
悩んで考えすぎてドツボにはまる人もいるし

「頑張りすぎだよ!もっと周りに頼りなよ!」と言われても
自分でやらなきゃ気が済まない人もいる。

そこはね。自分と付き合っていくしかないですよね。




 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6




関連記事はこちら!
障害児と日本の相性の悪さ




親御さん達・・・お疲れ様でした。
がっつり影響を受けた子にとってはキツイ数日だったと思います。

私は水曜日辺りから
体内の水圧が変わったような感覚でした(謎)

まあ息子の保育園のなんちゃら疑惑のせいで
イライラしていたのもあるのですが
も〜何もかもサボりた〜いと毎日思っていました。

 


でもコロナが流行して以来
気軽に「熱が出たので休みます」と言えなくなり
なんかさぼれなくなりました(問題発言)



コロナに台風に嫌な世の中ですね〜!




このページのトップヘ