圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:教員

イラスト

イラスト2

イラスト5

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10


福祉や保育、教育の場で
「それやりすぎじゃない?」「そこまでする?」
と周りの職員に思った事って
誰もが経験あると思うんです。
 
明確な殴る・蹴る・暴言を吐くの虐待だったら即アウトですが
支援といえば支援、教育といえば教育だけど
「ちょっと強すぎない?」はすごく難しいライン。


でも子供ってその支援が命取りになって
簡単に不登校、引きこもりになってしまうんです。

怖いですよね、自分の支援・教育一つが
簡単に子供の未来や生活を奪ってしまうことが。





いくら「子供の為だった」と言っても
それが良かったか悪かったかをジャッジをするのは
職員ではなくて子供自身なんです。どんなに障害が重くても。

 


子育てにも言えますよね。
「子供の為」 と過剰なしつけ、教育をしてしまい
大人になってから「全然幸せじゃなかった!」と言われてしまうケース。
それに近いのかもしれません。

私も子育て全然自信ないので
大人になってから「マジで嫌だった」と言われる覚悟で生きています(汗)
 
でもまあ息子の人生は息子のものなので
自分で好きな道を決めながら生きて欲しいですね。



最近の息子ちゃんは私が昔使ってたキーボードで作曲みたいなことをしていますが
曲のタイトルは「引っ越してくださいの自転車の歌」と申しており
マジで独特だな・・・と感心しました。

多分駐輪場の違法駐車の自転車のことだと思いますが
それを曲にする3歳ってめっちゃ面白くないですか?
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6



旦那ちゃんから「あなたは一回NPOや社会福祉法人でなく、株式会社にも行った方がいい」と言われている私です。

あの全国展開している最大大手の児童発達支援の企業とか気になっていますけどね。
グーグルでトップに出てくる・・・。



それはさておき
福祉や保育、教育の世界って
なんかやばい人がずっと残っている現象ありますよね。

そしてずっといるから何となく地位も上になってて
でも現代に合わせてアップデートされないまま仕事しているから
周りがやりにくくて仕方ないとか、苦言は来ているけど
なんか皆言いにくくてスルーしているとか

そういうしょうもない現象が多々起きている訳です。



私も仕事ができる訳ではないし
支援も知識もまだまだなので
「やばい、まだよく分かっていないジャンルの障害とかある」と
焦って勉強している最中です。



だってもう年齢的(三十代)に
「教えてもらってないから分かりません」
とか言えないし。
 
そう考えると二十代のうちに色々聞いときゃ良かったですね。

でも自分の知識・技術のなさって
やればやるほど分かってくるものだから
自分で勉強して行ったり
その道のすごい人に聞くしかないんですよね。
 
本当にペーペーだなと反省する日々です。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト10

突然どうしたと思われそうですが
インスタの方でよくこの様な声が届き・・・

というか届きまくったので
じゃあ一回まとめて記事にしようと思い書きました。



まあ色々なパターンがあると思うんですよ。

親が障害を認めなくて加配がつけられないとか
障害があるのは知っているけど人手がなくて加配がつけられないとか
もしくは加配はいるけど周りがグレーゾーンだらけでクラスが回らないとか。



でも思ったんですよね。
その「この現状何とかしてよ!」は親にぶつけるものなの?って。

正直ぶつけたい気持ちはわかります。
親はその子の最大の責任者みたいなものですからね


でも・・・保育士が困るレベルの子って親も困ってんじゃないの???
時々「うちは何も困っていません」みたいな場合もあるけど
大抵は「手をかけて申し訳ないな」「大人数いるからあんまり思った事も言えないな」って遠慮している様な親じゃない?


ブログもインスタも「気の毒だな・・・」と悲しくなる様な対応をされている親子が多いし
知識技術人手をすっ飛ばして「どうなってんだその先生」というものも多い。 


「頑張っているけど人手不足でどうしようもない。
本当はもっと学びたいし手厚く対応してあげたい。
どうしたら良いんだろう?」
という先生なら心から応援したいですが

自分の知識技術が足りないことは気づかず
全部親子のせい、人のせいにして「仕方ない」と言う先生も
中にはいますよね。 

まあそれが昔の私だった訳で
次回に続きます!
 
 

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8



〜おまけ〜
イラスト9


障害者福祉や療育の場にいると色々な実習生を受け入れますが
みなさんやはり緊張しながら実習に来ます。

そこからすぐ慣れて、意欲的に職員に質問して、積極的に子供と関わっていける学生もいれば
緊張がなかなか抜けず、職員に話しかけられなかったり、自分から子供とも関わりに行けなかったりする学生もいます。

そこは正直性格や気質の問題なので
「実習って緊張するよね〜」「意欲的で偉いね〜」くらいにしか思っていません。 



どちらかと言うと

どれだけアドバイスを聞けるか(実行できるかは別として、ちゃんと自分を振り返れるか)
子供に真摯でいられるか、大人として良い見本で居られるか
最後までしっかり学ぼうとする姿勢があるか
思い込みで勝手な動きを取らないか・・・

と言うところを見ています(私はね)


 
子供と上手に遊ぶとか
子供を惹きつける事が上手と言うのも
すごく大事な所ではあるし
それができたら素晴らしいのですが

最終的に滲みでてくるのは人間性だと思うんですよね。




クラスをまとめるのが上手でも
個人的に好きでない子には冷たかったり

子供によって好き嫌いが出て
対応に差が生じてしまったり

人からの助言を「私は悪くない!」「怒られた!最悪!」としか捉えなかったり

仕事はできても「こういう先生には子供預けたくないな」と思う先生は
よく遭遇するし
そういう先生は自覚がないです。



学生さんは気をつけてね。 

イラスト
イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6


最近仕事で「子供が可哀想だろうが!!!!!」と憤ることが多い。
もう先生不信になるわ!というくらいの案件が続いていて嫌になる〜!!!!



この記事は昨日更新し忘れたぶんなので
今日はまた夜に別記事を更新します。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト8

イラスト9

イラスト10




〜おまけ〜
イラスト3


基本的に切り替えが悪い子は
もう腐る程同じような注意をされているので
同じような事を言っても耳からスルーして聞きません。

なのでちょっと突拍子もない面白そうな事を言って
興味を引きつけて遊んで
表情も動きも良くなってきてから
ポーンと集団に投げ入れます。

すると勢いで入れちゃったりするんですよね。



まあ別に大人が誘わなくても
見ているうちに入りたくなったり
入りたくなるような仕掛けをしていけば混ざれる子もいますが



動線とタイミングと流れの持っていき方なのかな〜と思います。
難しいんですけどね・・・。

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

なんか保育士の文句ばっかり書いている気がする・・・
でも療育保育士から見て、保育園や幼稚園の先生達・・・
もっと何とかならんの〜!?みたいな事多いんだもん・・・

良い先生はいるけどそこに当たらないと
本当・・・1年間ドンマイだよね・・・

これが障害児のいるクラスでも
「え・・・何その態度・・・嫌いなの・・・?・・・そんな態度に出すの・・?」みたいな事が起こっているので残念です。 



イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


定型発達児と関わると「あ〜やっぱ理解早いし、ある程度空気読んで大人の言う事聞いてるな〜」と思うのですが、その一方で「この子ハチャメチャだな」と思う子もいます。
(もしかしたら隠れ障害児かもしれませんが)


「障害児」「グレーゾーンの子」となると
療育を受けられたり、ある程度理解された支援が得られるけど

「定型発達児」となると、基本的にサポートは得られません。
悪く言えば野放しになる。


でも定型発達児であっても
サポートが必要な子はいるんですよね。
メンタル面であっても行動面であっても。



ただ世の中の保育園・幼稚園・学校は
「完全に普通の子!」という子に合わせて
作られた箱なので
そこから外れた子は生きにくい。
 
だから一定数「不登校」「不登園」になる子が出る。




婚活市場では「普通の人で良いと皆言うけど、普通というのが一番ハードル高い」と言われてます。
これは子供達にも言える事なのかもしれません。



 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7

イラスト6



〜おまけ〜
イラスト8


熱心な保育士さんほど
「ここをこうすればもっと子供は良くなるのに、何でしてくれないの!?」
となる事があります。

したくてもできないんだよ・・・(障害児の家は特に)
とそっと突っ込みたいですよね。

 


ちなみに「子供の為なら!」と家族一丸で
生活リズムやら遊びやらに熱心にとりくむご家庭もいますが

それは子供の動かしやすさ、親のポテンシャル、HPの残量、配偶者の理解度など、色々関わって来るので
「子供の為なら親が頑張れて当たり前」では決してないです。
 
 

「薬に頼るより自分で頑張ろう!」って
どんなに取り組んでも
寝ない時は寝ないし起きる時は起きる。
暴れる時は暴れる。



もちろん生活改善や楽しい遊び、健康的なご飯など
取り組むことは大切ですし
継続すれば効果もありますけど

「できない=頑張ってない」では無いです。



ただ保育士や教員は
「できちゃう」人が多いから錯覚しやすいかも。

めっちゃ育てにくい子を育てれば「あ〜親御さんも大変だったのね」となるけど
育てやすい子に当たると「何だできるじゃん。やっぱり親の怠けだったんだな。」となるかも。

偏見なのかなあ。
あくまで個人的意見ということでご了承ください。




え?私ですか?
昨日は「はよ寝かさな!」と思うあまりに歯磨き忘れたし
晩御飯はお惣菜とそうめんです。

そうめんは火を使うので手料理です。

坊やが寝た時間は私が先に寝落ちしたので不明です。
 



これでも「昔は先に寝落ちしたら目をこじ開けてきたのに成長したね!」と思ってます。






このページのトップヘ