圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:生活リズム

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


分かっているけどできないんだってば!と思った方も多いかもしれません。
できる所からやっても良いし、やらなくても良い。

私は一時的こういう生活をやっていましたが
やはりやっている時は息子ちゃんのコンディションは良かった!

で、良くなっていったから油断してやめて今に至ります。
私がね・・・朝めっちゃ起きれないんですよね・・・。
あと疲れてユーチューブ見せちゃう・・・。

発達にいいことって「やった方がいいんだろうなー」と思いつつ、できないよね。
なんなら前の記事の子供の動かし方も、仕事ではできるけど、家ではできないよ。

でも「なんとかして子供を変えたいんじゃい!!!」と気力に溢れる人は
上記のような生活を頑張って習慣化したら
子供は変わると思いますし
「やってみたいけど、ここでつまずく」と言うのをみんなで話すのも良いかもですね。

イラスト9

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4


関連記事
療育保育士が家庭内療育してみた
これをやって切り替えがめっちゃ良くなったんだよ・・・ついこの間までは・・・

***********

さてさて。

真冬の寒空の下
12キロ(1歳当時)を抱えて
延々と眠い中徘徊するのは地獄ですよ!!!!! 
病みますよ!!!!!!!

でも当時はこれでしか夜泣きが収まらなかったんですよね・・・

2歳になってこの地獄が終わり(春がきたのもある)
我が家のQOLは爆上がりしました。

やはり睡眠って大切だよね・・・。



イラスト

イラスト2

イラスト3


やったことはこの2つのみ!
さてさて・・・


イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


家庭内療育というより
家庭でできることですね!

切り替えの悪さは
どこかに通った所ですぐどうこうならんので
根本的な脳機能へのアプローチ。



朝日を浴びて脳の覚醒を高めることと
歩くことで血流を良くして脳に血液を送ること・・・
楽しい気持ちで「やる気・意欲」に関わるホルモンを刺激すること・・・
という理論でやっています。



効果としては
「あれ、息子ちゃん。めっちゃ普通の人になってる。どうしたん・・!?」 くらいの効果。

なんかを要求してごねていても「〜だからやめて、〜にしよう」で納得するし
出先で普通にご飯食っとるー!!!!!!!!
そして出先でトイレしてるー!!!!!!!
サンバ踊らんでも風呂に来てるー!!!!!! 


あと普段の3倍は自分で歩いた。



まあムラは出るでしょうし
進んだり下がったりでしょうけど
とりあえず続けてみようと思います。 

「笑わせる!朝日を浴びせて歩かせる!」





ちなみに息子は1歳半から子供椅子を断固拒否していて
家ではローテーブルに丸太椅子(大人も同じ)
外出先では膝に抱っこ、もしくは大人と同じ椅子で頑張って食べるスタイルでしたが

子供椅子拒否の理由が今日判明しました。

「あれは赤ちゃんが座るやつ」とのことです。

 
 そこだったんかい。




 

このページのトップヘ