圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:療育

イラスト11

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト5

イラスト

イラスト6


これがすべての保育園に共通する事ではないですし、親子との信頼関係を作った上で、きちんと現状を話して療育や受診を勧める園(先生)は多くいます。

ただこのような「基本的には親が聞いてこない限りはこちらからは言わない」というスタイルの所もあります。

平たく言えば揉めるのが嫌とざっくりしてしまうのですが、これを告げる事で信頼関係が崩壊してしまい、事態が悪化してしまう可能性や、告げることで親のメンタルがもたない場合など、あえて受診や検査をすすめない事もあります。

このあたりは保育園には保育園の事情も色々ありますし、告げ方やタイミングなども間違えると大変な事になるので、一概に保育園=悪ととらないで頂けると幸いです。 

しかし漫画のように
親に気づいてほしくて悪い報告やキツイ言い方が増える現象も起こっております。
よく聞くのは「親は気づかないんですけど」という言葉。

そら気づかないよ。
なんなら親にも発達特性の傾向があったら余計に遠回しじゃ分からんと思います。
このお母さんもそういう傾向はあるのかもしれません。

具体的な解決策も対応策も言わず「障害児って気付いてくれないかな」という気持ちで遠回しな表現を繰り返し、「全然親は気付いてなくて…」みたいなの影で言って現象ってどうなんだろうと思っております。

が!
保育園だけが悪者と言いたい話ではないので
次回は保育園サイドの視点から描きます。

10

イラスト13

イラスト8

イラスト9

イラスト

イラスト15

イラスト16

イラスト17

イラスト18

早期療育が必ずしも良い
早く行かないと意味がないということは
ありません。

早めに通う事のメリットは確かに大きいですが、気がついて行動を起こした所から、また新たなスタートなので、「なんでもっと早く気づかなかったんだろう」と自分を責める必要はないと思います。

気がついたタイミングや
受容にかかる時間、プロセス
すべて意味があることだと思います。

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト10

イラスト12

続く

仮に「この子は愛情不足だ」と思ったとしても
親御さんの本当の気持ちや葛藤、家での状態、これまでの経過を全て知らない保育士や教員、支援員が
簡単に「愛情不足ですよ」と言ってはいけないと思います。
 
あと特性や行動というのは
親の接し方や育て方は大きく影響しますが
それだけで決められるものではないです。

元々の持って生まれたもの、関わる全ての人、環境などが全て絡み合って「その子」なので
安易に母親の愛情不足で片付けてはならないですよね。

その言葉に逃げてしまったら
私達支援側は終わりだと思ってます。
 

イラスト11

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


続く 

まず他害についてですが
障害があるから仕方ないとは思いません。

ただ周りの大人はそのぶん
防がなければならないと思ってます。

身体的な静止、環境的な予防など
やり方は様々ですが
手が出る子に対しては大人がついてないとならない。

特に漫画のような他害は
やられた方も
やってしまった方も
どちらも悲惨です。



でもその他害をさせないための配慮ができるのは
保育園、幼稚園、学校、療育の場であり
幼児教室や習い事の場では無理だと思ってます。

じゃあこの母親が悪いのかと言えば
一概に責立てられない背景もありますので
次回ご覧ください。

イラスト11

11

イラスト12

イラスト13

イラスト14

イラスト15

イラスト16

イラスト17

イラスト18


イラスト19


続く!!!!


「え?療育って外に出てええの?子ども1人だけ連れ出して?流石にそれはフィクションだわ」と思った方もいるでしょう。

私も「勝手にそんな事してええんかな?」と書いてて思いましたが
よく考えたら私も同じようなことをしていたのでセーフだと思います。
(私はちゃんと許可とりましたけどね!)
 

4

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト8


続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

4

イラスト2

イラスト

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

2

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト7

イラスト13

続く

※ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話です。
差別や偏見に繋がらないようご留意ください。

1


イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト10

イラスト6

イラスト8


第3話の始まりです。
今回はADHDの子をクローズアップしていきますが、すべてのADHDの子が彼に当てはまる訳ではありません。

ADHD=凶暴という訳ではなく
彼の生活、周りの環境、とりまく大人達、持って生まれた特性が複雑に絡んだ結果、こうなっていく…という話ですので
そこはご了承ください。

このページのトップヘ