圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:発達障害

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜
イラスト4

余談ですが
息子に限らず、問題行動の予告をしてくるタイプの子や
制止すると大騒ぎするタイプの子に

「それやったらどうなると思う?」と聞くと
大抵フリーズして数秒考えます。

その思考が止まった時や
本人なりの答えを出してくれた時に
「正解は〜〜です。だからマジでやめたほうがいいよ」と言うと
なんか納得してくれる不思議。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

周りはね。親が見ていない時に色々言うし
野次馬気分で色々詮索してくるものなのですよ。

そして兄弟児はただでさえ普段から大変そうな親に
余計な心配をかけたくないから言わないのですよ。

私は無理に仲良くさせたり
理解させようとしなくて良いと思います。

強いていえば
疑問や不安が生じた時には
「個性」とか「みんな苦手なところはある」みたいな表現でなく
正しく濁さずに教えてあげて欲しいなー。
年齢によりますけどね。 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト5

イラスト4

イラスト6

イラスト7

イラスト8




〜おまけ〜

イラスト9


いざ検査・・みたいな空気にやられて
最初からだいぶ怪しい雰囲気でしたが
考える様な問題、苦手なジャンルが延々と続くと
目に見えて怒り出して「帰る!」の息子ちゃん。

野生動物と化して質問に答えない事が続き
考えるのももう嫌!となってしまい
不可がつきまくり・・・・

検査結果としては「えー!?こんなん!?」みたいな数値に。



試しに機嫌が戻った後に
お家で同じ問題を出したら普通に解けました。



はい。
これが息子ちゃんの課題です。

課題に取り組み続けられない
わからないものがあると心が折れてやらなくなる(そして野生動物と化す)
環境適応に弱い
実力を発揮できないなど

情緒の面での課題が大きいですね。



あとはやはり理解度などに凸凹がありそうです。
まあ威嚇しすぎた結果、全ジャンルが均一的に低く出たのですが
おそらく実際は凸凹です。
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

最近の傾向として
かなり幼いうちから「うちの子怪しいんじゃない?」と気にかける親御さんと
一切発達障害を疑わずにいく親御さんとで
分かれているような気がします。

そして前者の親御さんは「様子を見ましょう」コンボで
心配だけど何もできない期間が何年も続いていくという。

まあ発達障害かどうか判明するのは先の話としても
発達障害の子に適した対応って
実は定型発達の子にも良い対応なので(何なら療育もそう)
そういうの教えてあげられる保健師さんや支援センターの人が増えると良いですよね。 

このページのトップヘ