圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:育児

1

2

3

4

5

6

7

75


〜おまけ〜
8




最初に言っておきたいのは
障害者の出産・育児=責任能力がないから駄目!ではないです。

ADHDやASD、軽度の知的障害、精神障害など
診断が降りる降りないは別として 
特性を抱えてながらも
一生懸命子育てしている親御さんをどうこう思わないです。

なんなら、色々な親御さんがいて当たり前だと思いますし、
必要であれば、できる限りの支援をしていきたい。 


 
要はいざという時に責任を取れるか
もしくは責任が取れる人と一緒に子育てをしているかが大事。


夫婦共々なんらかの障害があって、子供を産んだは良いけど、ネグレクトに近い状態・・・。
二人とも責任能力に欠ける・・・と言うケースも何件か見ました。
決して悪い人ではないけど、育児はできないんです。
ましてや子供も障害児となる事が多いので、余計に育児が難しい。


なんでもかんでも「権利」と言うのは構いませんが
そのような主張をする人達って
実際にお世話をした事がないんですよね。

したとしても、関わりやすい障害者とイベント的に数時間過ごす程度。 


障害者の入所施設の職員で「出産も権利だよね!」なんて言う人は見た事がありませんし
もちろん療育の現場でも聞いた事がないです。 


誤解を生みやすい内容となってしまいましたが・・・
今日はそんなところで。 





発育1

発育2


からあげくんの味を覚えた息子は
ローソンを見るたびに「からあげくん」と呟いてプレッシャーをかけてきます。

せめてもの罪悪感消しのために納豆巻きを買う。
なんか納豆巻きがあれば栄養摂ってる気持ちになるから・・・。

ちなみに療育の保育士というのは、障害児に療育するのを専門とした保育士です。
まあ理想と現実は違うよね〜!
いいんだ・・・笑顔があればいいんだ・・・。
笑顔が何よりだから・・・ご飯作る時間を笑顔にあてたんだ・・・。








イラスト

イラスト2


西松屋などにあるスイカ柄の服が可愛くて好きなのですが、息子は着てくれません。
赤ちゃんの着るものだそうです。

そんな息子の好きな服はバラ柄の派手なスパッツ。

なんか小さい子って派手な物を好みますよね。








1
2

3


こんにちは!えりです。
イヤイヤ期の息子(2歳3ヶ月)の育児記録ブログです。
なんか君独特だな!と思う事が多い息子。

例に漏れずイヤイヤ期なので、基本の返事は「NO」です。
いつ終わるのイヤイヤ期・・・




このページのトップヘ