圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:自律神経

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5




〜おまけ〜
イラスト6




関連記事はこちら!
障害児と日本の相性の悪さ




親御さん達・・・お疲れ様でした。
がっつり影響を受けた子にとってはキツイ数日だったと思います。

私は水曜日辺りから
体内の水圧が変わったような感覚でした(謎)

まあ息子の保育園のなんちゃら疑惑のせいで
イライラしていたのもあるのですが
も〜何もかもサボりた〜いと毎日思っていました。

 


でもコロナが流行して以来
気軽に「熱が出たので休みます」と言えなくなり
なんかさぼれなくなりました(問題発言)



コロナに台風に嫌な世の中ですね〜!




イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト8

イラスト6

イラスト7




〜おまけ〜

イラスト9

過去記事参照
実際のダウン症とお尻
↑今回はこれをもう少し丁寧に解説しました。

*********

ダウン症の人は一見陽気でノリが良くて人懐っこいです。
なので施設実習生やボランティアをよく当てがうのですが、頑固スイッチが入ったら、まず実習生では動かせない。

それも「え〜そこ〜!?」みたいな所で
急に怒り出して座り込むとかザラなので
癇癪を予測しにくい事がよくあります。



思い込みや勘違いもしやすいし
言葉も饒舌に喋れる訳ではないから(人によるけど)
うまく意思を伝えられずイライラもするんだろうなと思います。
 



幼稚園や保育園の集団では
体の疲れやすさや知的理解の関係で
みんなについていくのは大変な場面も多いし
「自分だけできてない」と気づくと嫌になっちゃう事もあります。 



家庭では「気づいたらやりたい放題になってた」「気づいたら王様状態になっていて自分では何もしなくなってしまった」というパターンも珍しくありません。
結構育児の仕方が難しいし、修正が大変なんですよね。



もちろん子供によって性格が違うので
暴れん坊タイプから受け身な子まで様々ですけどね。



ダウン症の子も色々あるのですよ〜。


**********

※ドメインの関係でリンクがうまく飛べない人や
エラーになる人がいるかもです。
修繕中なので少々お待ちいただけると幸いです。




 

このページのトップヘ