圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:見学

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

やっと決まったー!

療育先決定の決め手は
「息子がその場に馴染んで先生と楽しく遊べること」でした。



療育のことをしっかり分かっていて
発達支援に関する知識や技術がきちんとあるのか、という点では
「うーん・・・ちょっと微妙かなー」というところもあったのですが

多分どこの事業所に行っても私たち夫婦は気になるポイントが出て来るし
事業所によって思想も違うので(宗教が違う様なもの)
息子ちゃんの反応で決めようとは思っていました。



あと息子ちゃんの支援自体が
正直そこまでの専門性を要するものでないので(多分)
なんか似たような友達と楽しく活動して、所々で座って集中する場面があったらいいかな位に
思っています。
 
 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6


集中してしっかり話を聞きたい!考えたい!という方は、兄弟児は預けてくる方が集中できるかと思います。(預け先があるのであれば・・・)

「今日は上の子の活動だからあなたは見てるだけよ!」はまず無理。
難しそうでも危なそうでも、お兄ちゃんお姉ちゃんがやってるものはやりたいし、上の子に配られたものは自分も欲しいんです。

普段の家遊びや公園遊びであれば、二人同時に見れるかもしれませんが、高さのある運動器具やハサミなどを使う活動で、年齢差がある子を二人同時に見るのは至難の技です。
なんなら好き勝手に遊びまわる普段と違って、「これをやりましょう」「ここに座りましょう」「順番を待ちましょう」となる時点で、どちらかがギャーギャーなっている可能性も大です。


そうなると「事前に親一人で子を数人連れてくると分かっていたら、スタッフもう一人用意したのにな〜」「下の子用に色々用意できたのにな〜」となります。

でも不快に思ったり、悪印象になる訳ではないので、「連絡いれずに下の子も連れて行ってしまった」という方は気にせず大丈夫ですよ。もし次があるなら連絡してあげるとお互いのためですよ〜という話。


 
「うちは赤ちゃんだから平気」「まだ下の子は妊娠中だから」という方も 
 それに応じた配慮(赤ちゃん布団が必要かどうか、親の代わりに子供と一緒に活動体験できるスタッフはいるか等)があるので、一言伝えておくと良いですね。

 

このページのトップヘ