圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:診断名

イラスト10

イラスト3

イラスト4

イラスト6

イラスト7

イラスト5

イラスト8

イラスト9


いやもちろん発達がゆっくりだっただけで
定型発達の圏内だった子はたくさんいると思うのですが

大丈夫だった子もいれば
発達障害だった子(自覚の有無は置いておいて)も
たくさんいる訳なので

本当に心配だったらネットでは相談しないほうがいいです。
 

 
かと言ってデリケートな話題が故に
児童発達支援の場でも
「この子自閉症だろうな」「ADHDあるだろうな」と思っても

「診断名としては〜〜がつくと思うか?」とハッキリ聞かれない限りは
「〜〜という診断がつくと思う」なんて親に伝えません。
療育はするけど、診断機関ではないので・・・。(事業所にもよるかも)

なので「発達がマイペースだから療育に来たけど、自閉とかは言われないから、ただのゆっくりだよね。」と思わないほうが良いかも・・・。




この手のことって伝え方を間違えると
大きなトラブルになるので
どこも慎重になっていると思います。

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4



〜おまけ〜
イラスト5

こじつけようと思えば「ここが自閉っぽいかな〜」「ここがADHDっぽいかな〜」くらいに
こじつけられるけども、別にこれくらいの子はいる・・。
なんなら診断ついてなくて定型発達として集団にいる子の方が余程怪しく見える・・・。

みたいな現象がたまに起こります。 


 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

保育園や幼稚園とも仕事をするので
「診断ついた子より、もっとすごい子はいるんだけどね」
みたいな話を聞くことがあります。


どういう基準で告知してるんだろう?と思ったら
まあ園にもよると思いますが
やはり親御さんのタイプによるものが大きい様子。

 
そらそうだよね。


「自閉傾向があります」と言って
「バカにしてんのか!!!!!名誉毀損だ!!!」となっても困るし
ショックを受けすぎて育児できなくなっても困る・・・。

 

でも親が大丈夫だから「障害ですよ」と告げて
何やかんや療育や支援に繋がって
その後の経過が良くて障害も軽減していって・・・という子と

親のタイプ的に言うのをやめて
何の支援や療育も受けず大きくなって
環境不適応を起こして病んでしまって・・・という子と

差が出てしまうのもどうなんや??と思うのです。




診断をもらったり
役所に申請したりしないと
療育は受けられないけど
「この子には支援が必要だな」という子は

診断があってもなくても
支援していかないといかんですね。



まあ実際難しいし
診断があっても適切な支援に行き届かない事もざらですが・・・
 
 


1

2

3

45

4

5

6






〜おまけ〜
7



私はこの女の子を個人的にめっちゃ素晴らしいと思っています。
ちゃんと告白して、その結果を受け止めて、さらに別の手段で気持ちを切り替えてハッピーになっている・・・なんて素晴らしい!!!!

と言うのも、もちろん全員という訳ではないのですが・・・
軽度知的障害のある女子は恋愛をこじらせがちです。
相手に依存したり、認知の歪みで気持ちが暴走したり、妄想と現実の区別がつかなくなって周りにも吹聴したり・・・。

この女の子も告白前は多少妄想が暴走していて、キャーキャー言っていましたが、変な思い込みとかはなくて、お年頃の女子として暴走していました。
なので告白したいと相談された時は、この子のことも相手のスタッフのことも信頼し、「良いんじゃない」と返事をしました。 

この子は振られてしまいましたが、経験の1つとして良いんじゃないかなと思っています。

 
でもやはり
知的障害者と健常者の恋愛って
かなり上手くいきにくいだろうな・・・とは思っていて。


もちろん一見障害者とわからないような子も多いのですが
それでも「知的障害」という言葉って重いですよね。



診断名はつけたくないという親御さんが多いのも分かるな・・・。
つけるメリットもあるけど・・・つけた事でその言葉が重くなる・・・。







1

2

3

4

5

6



〜おまけ〜

7

早期療育という言葉の流行りや、インターネットで情報が得られやすくなったのもあり、小さいうちに障害名の診断に繋がることが多くなってきた近年。

昔はザ・知的障害!というくらい分かりやすくないと「障害者」と認識されていなかった気もしますが、今はぱっと見だと分からないけど実は診断を持っている・・・という子が増えました。

療育が本業のこちらですら、1回目の療育では「特に問題なかったね・・・?」みたいなことも珍しくありません。でも何度か会ううちに「あ〜ここが弱いんだな」とか「このへんの行動で診断付いたんだな〜」と分かってきます。

そして年齢を重ねるにつれて、周りとの違いも目立ってきて「やはりフォローが必要だね」となる。
もしくは良い具合に特性が薄れていって「もう診断名いらんのでは?」となることも。

診断名=レッテルの様で抵抗がある方も多いですし、絶対診断をもらった方が良いわけではないのですが、きちんとした診断がでることで「単なるわがまま扱いされて怒られる」や「親のしつけの問題」というところが多少解決されるメリットもあるので・・・まあ・・・診断名あっても万全のフォローが受けられるかは運次第なところもありますが・・・。



 

このページのトップヘ