圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:赤ちゃん

1

2

3

4

5

6

7




〜おまけ〜
9




★補足:他害を止めるには(過去記事参照)


勝手に障害児扱いするなとお叱りを受けそうですが
もちろん私は医者でも心理士でもないので診断はできません。

障害児(者)を数百人見てきた上で
「これはちょっとイヤイヤ期とは違うぞ」と思っただけです。
なので、もしかしたら本当にイヤイヤ期でやってただけ・・・という可能性はあります。


ただ赤ちゃんスイッチがある障害児(者)は割と多いんです。


知らない子なのに勝手に触ってしまう
勝手に抱っこしてしまう・・・というのもあれば
変な衝動性で不適切な行動に出る事もある。 


今回の漫画の女の子は「かわいい」「遊びたい」とず〜っと言っていて
お母さんも「このママは怒らなそうだし、できれば一緒に遊ばせてあげたい(自分の話も聞いてほしい)」という感じでしたが

女の子は息子を「かわいい〜」って見ていても、急に目の色が変わって物を投げたり、突き飛ばしたりしちゃうんですよね。
理由があって叩いている感じではなく、THE衝動性に見えました。



他の子供もいましたが、みんな「やべえのがいる」という顔で撤収していました。


でも当の本人のお母さんはなかなか帰らんのですよね・・・。
そのあたりが「怒られることが多い」になるのかも。
私だったら息子がよその赤ちゃん叩いたら、めちゃくちゃ謝って、泣こうが喚こうが即帰りますもの・・・。(その後もそこで遊び続けるメンタルはない)


叩く子は帰れ!という事では絶対になくて
叩く→怒られるを繰り返すとストレスになって
余計に繰り返すことがあるのです。

かと言って「今日は絶対に叩いちゃダメよ」と言い聞かせると
変に頭に入って手が出たりする。


ちなみに息子も今年度の進級直後に手が出やすい時期がありました。(今はなさそう)
保育園で、年下の子でも欲しいおもちゃを取り合って叩いたり・・・とかあったようです。
譲られる立場から、譲る立場になった変換が急にはできなかったっぽい。

その時期は「自分が見ている時は絶対に手を出させないぞ」という気持ちを隠しつつ、息子が他の子のそばに行ったらいつでも止められるような位置にいました。

あとこれは今もですが
おもちゃ、遊具の順番待ちが発生するようなところには行かなかったですね。



どうせ保育園で嫌というほど順番待ちとか社会性云々とかやらされてるので
わざわざ休みの日にまで「お友達が使ってるよ〜」「待っててね〜」とかやって
ストレスを与える事はないと思っての事です。


その結果、牧場で餌やりばかりさせられた息子ですが 
今では牧場でアイスを食べる事、餌をやることが楽しみな様子。 






※勝手に診断はつけられないけど、療育保育士として色々な子を見ているので、自分はこう思った・・・というのを前提でご覧ください。


イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9


漫画だと色々描写を省いているのですが・・・
「ママ〜赤ちゃんと遊びたい」「じゃあ声かけてみようね」と言うやり取りが聞こえて来て、ニコニコ話しかけて来てくれたのですが、急に目つきが変わって息子めがけてバシン!
 
息子はこの時点ではキョトンとしてました。 

そしたらその辺のブロックをとり、またもや息子に向かってぶん投げてこようとしたので、お母さんがストップをかけたのですが、「イヤイヤ期なんです」とのこと。

イヤイヤ期・・・
どちらかと言うと、仕事で関わるタイプの子にすごく似てる気がするけど・・・
イヤイヤ期・・・???

と思いつつ、後編に続きます。 




このページのトップヘ