圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:身体障害

1

3

4

5

6

7

8

9

10

11


トレーラーハウスは息子が大はしゃぎでした。
別荘というか秘密基地感もあり
かつ意外に広めなので数泊泊まるくらいには全然おっけな感じ。

これコテージのように使って
食事はこっちが作って運んであげて
こどもを預かって欲しい時は
本館に連れ出してあげれば
成り立つのでは?と思いました。

ご飯も最初に全員出すか、後から親の分は運ぶか選択式だと良いかなーと旦那ちゃんと話しました。
冷めた肉とか美味しくないしね…

ちなみに本館にはプレイルームや大浴場。

プレイルームには
トランポリン、滑り台、プラレール、ブロック、おままごとセットなどが2セットずつ。
(順番待ちがストレスになるので基本的に全て2個ずつ)

プレイルームの横にお風呂を作って、ママパパがゆっくりお風呂に入ってる間はずっとトランポリンではねていてもらい、そのまま疲れて寝てもらう予定です。(絶対そんなすぐ寝ない)

あとは本部みたいなのがある予定です。

あとお庭にはプールと
機関車の乗り物とブランコを置きたいです。

こういうの考えるの楽しいよね。 

イラスト

イラスト2

イラスト3
イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

自由に遊ばせている時間が長いタイプの療育
机に座ってる時間が中心の療育
運動が多めの療育・・・

事業所によって結構違いますし
指導者や指導方針によって効果も全然変わります。

まあ大体のところが短くて45分くらい。
長くて半日(主活動の他にお弁当や昼寝等もこみで)
ちなみにうちは基本的に90分制です。



毎回指導案なるものを書いて実践するのですが
これも指導者によって「計画は予定通りに遂行したい」というタイプと
計画は目安程度で、その場の状況や思いつきで内容を変えていっちゃうタイプがいます。

私は後者でーす。
紙に向かって頭をひねるより、子供たちの様子を見ながらの方が
やりたいことが出てくるので・・・。
でも個々の発達課題には沿っていますよ(小声) 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10




〜おまけ〜
イラスト11



自閉症の子は感覚的な遊びが好きなので
ブンブン振り回されたり、揺らされたりが好きな子が多いです。
 
もちろん自閉症でなくても
子供はこのあたりの遊びが大好き。

ハンモック遊びは
身体障害がある子でもできるのでお勧めです。
3歳以降の体がしっかりしている子なら手足を持って盛大に揺らすのも楽しいですよ。




息子もこのハンモック遊びが好きで
好きすぎて延々とやらされて以来
我が家ではふんわり封印されました(小声)
 



このページのトップヘ