圧倒的自我〜ママは療育保育士〜

2歳の息子の成長記録と療育保育士の話

タグ:転園

イラスト4

イラスト5

イラスト6
イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト10




〜おまけ〜

イラスト11



1月から転園して来たので
1月下旬にあるお遊戯会は「もしかしたら泣いて参加できないかもね」と
園長と話していたくらいなのですが

想像以上にちゃんとやっていました。

みんなと同じ動きをして、指定された場所に立って、楽器や歌を披露して・・・と
13分立派にやっていて感動しました。

 

つい先日担任の先生から
「お母さん。この子は大丈夫ですよ。」と改めて言われ

「え〜・・・でも前の園で11月にあんなボロクソ言われたのに大丈夫な訳なかろうよ・・」と
嬉しさ半分疑い半分だったのですが
 
お遊戯会の配信動画を見て
「あれ?息子ちゃんめっちゃアップデートされてる?」となりました。 




確かに前の園ではダメッダメだったのでしょうが
楽しいことがたくさんあって
優しいけどちゃんと教えてくれる先生もいて
息子ちゃんは変わったのかもしれませんね。


前の園もそれなりに好きそうでしたが
なんつーか「あ、今の園マジで好きなんだな。レベルが違うわ」という感じです。



ていうか転園したその月にお遊戯会ちゃんとできるの凄くないですか・・・(親バカ)

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト 21.12.39

イラスト9


転園して良かったのか、正解だったのかはまだまだ分かりませんが
少なくとも息子ちゃんが、楽しそうに過ごしている(らしい)こと。
親の私達が先生達の対応を信頼できていること。

今のところは転園して良かったなと思います。
 


私が先生の対応でありがたいな〜と感じるのは
お迎え時にとても細かく今日の様子を教えてくれること。

前の園は「お帰りなさい、さようなら」くらいで、体調等に関する特記事項がある時のみ。
もちろん今日の様子など教えてくれる時もあったし、忙しいからこんなものなのかなと思っていたら
今の園はかなり教えてくれました。

様子を見ていると、担任が一人一人の親に出向いて話している様子。
うちは慣らし保育中だからより丁寧に伝えてくれていました。
タブレットなどで息子が楽しそうに過ごしている写真も見せてくれて、「こんなに笑顔で過ごしているんだ!」と安心しました。

 

 
あとやはりトイトレ!
慣らし保育中なのに・・・してくれるの・・・!?と驚きました。
いけそうだから誘ってみる、できた、じゃあ布パンツにしてみようと試みてくれる事自体がありがたいし、もうずっっとトイトレが停滞してたので(平日は完全オムツで土日しかトイトレできずだった)、やっと外せる見込みが出て来て嬉しいです。





そして今日の連絡帳を見たら
昼食をおかわりしていた息子ちゃん。

実は初日から給食はずっと完食していたのですが、おかわりは初。
遠慮が取れて来たのかな〜。 

  

さてさて。

 

もしかしたらこのブログを見ている方の中にも
「対応が不満・・・転園したい・・」
「子供の発達に理解がなくてつらい」
と悩まれる方はいるかもしれません。
 

転園したら解決する悩みと、そうでない悩みがあります。


どこに行っても「そこまでは集団で対応できない」ということもあるし
先生の問題なのか、子供自身の問題なのか、はたまた家庭の問題なのかということもあります。

 
なので、息子ちゃんに関しても
これから先「な〜んの問題もありません★全部前の園のせいで〜す!」ということはないと思います。

今は問題なく過ごしていても、本当に慣れて来たら、切り替えの悪さは復活するかもしれないし、また別の問題も出てくるかもしれない。
よく注意して見守っていきたいところです。

 





イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト7

イラスト5

イラスト6

続く!!!!!!!(次回で終わります)



優しく言ってくれるって・・君は今までどんな対応を受けていたんだい・・・?と
深読みしそうになりましたが、考えるのをやめました。

2日目は初日が泣いている時間が長かったのもあり、12時までにしましょうという話でしたが、途中で電話がかかって来て「今日調子良いです!もし良ければ14時半までやってみましょう!」と打診してくださいました。そして「トイレも誘ってみたらできたので布パンにしました」と。 



何というかもう神なの?とありがたさで爆発しました。


前のところは半年トイトレをお願いし続け、やっと布パンを2日ほどやったと思ったら、3枚くらい使ったところで完全オムツに戻って、そこから二度と布パンに戻ることはありませんでした。
今思えばウケる。 

ちなみに今のところは1日濡らさなかった日、「トイレ!」と言ったけど間に合わずに1回だけ漏らした日・・・それぞれありましたが、もうほぼオムツは使っていなそうです。
慣らし保育の段階でそれができるなら、やはり1年半も通って完全オムツはおかしかったんだな・・と思います。
(タイミングや慣れない場所での緊張感もあると思うし、慣れて来たら逆に行かないかもしれないけど)







イラスト

イラスト3 22.49.32

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト9

イラスト8

イラスト10


(※すみません、二コマ目が抜けていました。)


息子ちゃん頑張れ・・・でも無理しないでね・・・。
正月休み明けで、いきなり慣らし保育ってきついよね・・・ごめんね・・・。
 
前の保育園は1歳0ヶ月から入園でしたが、赤ちゃんだったので、慣れるのが早かったです。
今は2歳9ヶ月なので、もう色々わかるぶん、泣きが長かったですね。 
そりゃそうだよね。慣れている保育園から、急に知らん保育園だもんね・・。

先生たちも正月明けに慣らし保育児童がいるって大変だよね・・・。
 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6




〜おまけ〜

イラスト7



漫画と順番が前後するのですが(構成の都合で)
何か要望があるか聞かれた時に
「トイトレをしてほしい」と伝えたのです。

今の息子ちゃんは
2〜3時間間隔の排尿間隔で
トイレで大も小も出せる感じです。

前は結構うんちは予告してくれたけど、最近は間に合わないことが多い。
おしっこは時々自分から予告したり、布パンに少しちびってから慌てて行く感じ。

まあこちらが2〜3時間ごとに促せば
夕方くらいまで過ごせちゃうのですが
旧保育園では一日オムツで、パンパンになって帰って来ます。




春からずっと頼んで、11月にやっと布パンにしてもらったけど、結局使ったのは3枚だけ。
まあ息子の行動が遅いとか理由は色々言っていましたが
他の子もトイレに促さず、オムツ交換していたので、「本当に息子だけの原因?」と聞きたくなります。もう終わったことなのですがね。



なので、「みんな漏らしながらも頑張っている」と聞いて
「やっぱ普通に考えて、保育園の2歳クラスってそうだよね」と思いました。 



あと個人的に給食が体調によって個別対応ってすごいなと感動しました。
そこまでしてくれなくて良いよ!?おかゆしか食えない時は休むよ・・!?と恐縮するくらい・・・。


「これからの保育園はあぐらをかいていたら潰れる」という話を少し前に聞いたことがあるのですが、本当にそうなんだろうなと思いました。

もちろん療育現場も同じことが言えますが
アップデートしていかなきゃいけないのでしょうね。 



さて今日は大晦日。

色々なことを考えた1年でした。
今年は自分のとこの保護者の気持ちがすごくよく分かった・・・
色々しんどい思いもしましたが、無駄な経験ではなかったなと思います。 

来年もよろしくお願いします!






イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9



そら笑うだろうよって感じですが
転園先の保育園(以下、新保育園)はとにかく雰囲気が明るいんですよ。

建物も前の保育園より、全然新しくて綺麗なのもあると思うのですが
先生たちが若くて元気。 
どのクラスも楽しそうに見えました。

(前の保育園は公立だったので、基本的に40後半から50代が中心で
多分疲れていたんでしょうね・・・。)



こんな変な時期に転園なのに笑いかけてくれるんやな・・・
たとえ社交辞令でも受け入れてくれる風の演技をしてくれるのはありがたいな・・と思いました。 








イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7


こんなにも「何言ってんだこいつ」という気持ちがにじみ出た真顔を
私は見たことがない。 

ちなみにこの療育センターシリーズが終わったら
新しい保育園に行った話を書こうと思ってます。 

 

イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

イラスト7

イラスト8

イラスト9




〜おまけ〜
イラスト10


終わり!!!!!



もっと細かいやりとりも色々あったのですが
園長先生は常に申し訳なさそうに謝っていました。
 


こんな年末に爆弾を落としていって申し訳ないな・・と思ったので
「この面談の詳細は年内は話さないでほしい」
 「話すとしても、年内はかいつまんで、程々のサジ加減で伝えてほしい」
とお願いしておきました。




手のかかる子を長時間預かってもらって感謝しているという気持ちはありますし
息子ちゃんは保育園も先生も好きだったので
今回の転園は親が「許せなかったから」という自己都合です。

息子ちゃんには迷惑かけてごめんね・・・と申し訳ないです。



でも息子ちゃんが先生を慕っているのに
面談ではこんなことを言われてる・・・という状況が
しんどくてね・・・。
 


ただ先生が本当に悪いのかと言うと
「実態をわかってもらわなきゃ!」と言う気持ちと
「もう人もいなくて大変なんだけど!?何とかしてよ!」と言う気持ちが
空回ったんだと思います。(知らんけど)





保育園に対しての心残りはもうないけど

「どうすることが正解だったんだろう?」
「我慢せず話し合えば良かったのか?」
「でも不満を伝えても、「ただでさえ手がかかるのに親も面倒臭い」と思われて、息子への影響が出るのでは?」

と考えつつ・・・
もうすぐ転園です。




こういう思いをする親子が減ると良いよね。 





イラスト7

イラスト8

イラスト9

イラスト11

イラスト10

イラスト12


イラスト13



続く!!!!!!!!!!!!





これ悲しいことによくあるんですが
謝る=自分の非を認める=責任を取らないといけないなので
保育・福祉・教育の人って謝らないんですよ・・・。

ちょっとした事ならむしろ「すいませ〜ん」とペコペコするんですが
虐待や人権侵害、園の評価に打撃が出るような内容になると
謝らないのよね・・・。

うま〜く言い訳して誤魔化したり無かったことにして報告しなかったり・・



なので園長先生が謝ったことに驚きました。
(多少心当たりもあるのか、私が逃げ道を塞ぐような話し方をしたせいなのか)
 


内心ではどう思っているか分かりませんが
本当に悔やんでいるように見えました。

子供の為なのか、査定の為なのか、今後の対応に頭を抱えてなのかは本人にしか分かりませんが・・




少なくとも私が園長だったら
自分の管理の不行き届きも
担任の心無いやり方も許せないし

こんな幼い親子に転園を決めさせてしまったと死ぬほど悔やむとは思う。 





イラスト

イラスト2

イラスト3

イラスト4

イラスト5

イラスト6

続く!!!!!!!!




寝落ちして昨日は更新できずすみません!

息子ちゃんは検診で引っかかるような遅れはなく
癇癪や多動感もないのですが
注意散漫で行動が遅い子です。

私は普段からややこしい子しか相手にしてないので
困り感は大してないのですが
担任は「遊びだしたら終わらねえ!着替えねえ!」と困っていた様子です。

 





このページのトップヘ