イラスト

2

イラスト3

イラスト4


まず親御さんの大変さと
長期入所施設のスタッフの大変さを同列にするつもりは
一切ないと言っておきます。(親の責任と仕事での責任はまるで違う)

でも長期入所施設のスタッフは
障害者福祉の仕事の中でトップクラスに大変だし
「障害の闇」を一番感じる場所です。



犯罪経験者もくるし
家庭内暴力で家にいられなくなった人も来るし
家族からの虐待経験者もきます。 

なので親がきちんといて
家庭で暮らせている障害者とは
根本的にかけ離れています。(治安も情緒も行動も) 




まあ障害者福祉はどこも大変ではあるのですが
ボランティアや治安の良い事業所での日勤勤務などで
ちょろっとかじった程度で

「障害者は素晴らしい!」「個性だ!」とキラキラしはじめる人は
いつの世も一定数居まして
それもまあ別に良いのですが私は「目があ!!!」となります。





私自身は夜勤(24時間ぶっ続け)ありの入所施設(子供)
入所施設内の日勤(成人)
放課後デイ、療育ときているのですが

やはりどこもぜんっぜん違うよ。
放課後デイや療育の治安のよさに感動したもの。



なのでキラキラした言葉を言いたい人は
一度治安が悪い場所・・と言ったらあれですが
入所施設でしばらく夜勤ありの勤務をして見たら良いと思う。
(それも強度行動障害やメンタルがすごいエリアで) 



その上でまだ綺麗な言葉を言えるのなら
もうそれは本物であり、私の負けです。